ロマンの木曜日 2013年4月25日
 

ボイストレーニングに行きました

写真がないので全編こんな挿絵でお送りします
写真がないので全編こんな挿絵でお送りします
僕はものすごく声が小さい。コミュニケーションの基本はあいさつであり、あいさつの基本は声であるから、僕はコミュニケーションの基本の基本ができていないということになる。実際声の小ささが原因で会社をクビになったこともある。

前々から問題だと思ってはいた。しかし、そろそろ声を大きくする特訓をしてみよう。というわけでボイストレーニングの体験レッスンに行ってみることにした。今回の記事で、僕は生まれ変わるつもりだ。
1986年埼玉生まれ、埼玉育ち。大学ではコミュニケーション論を学ぶ。しかし社会に出るためのコミュニケーション力は養えず悲しむ。インドに行ったことがある。NHKのドラマに出たことがある(エキストラで)。

前の記事:「キャバレーに行く」
人気記事:「クリスマスを極めるためのToDoカレンダー」

> 個人サイト Twitter

予約する方法が電話しかないので一旦考えなおす

さっそく得意のインターネットでボイストレーニング教室を検索してみる。ボイストレーニングというものから縁遠い生活をしている(多くの人もそうだろう)ので、にわかにボイトレ教室の存在を信じられずにいたのだが、主要な街にはどこにでもあるようだった。

しかし予約する段になって、問題が発生した。

予約には電話が必要なのだが、電話が苦手なのだ。声が小さいのもあるのだが、しゃべることに詰まると、黙ってしまう。僕のように電話ができるだけのボイスがない人は、いったいどうやってボイストレーニングに申しこめばいいのだろう。
いきなりつまづく
いきなりつまづく
電話がすごく便利だということは知っている。話が早く進むのが電話のいいところだ。なぜなら電話は会話するための道具だから。しかし、すごい勢いで物事が決まっていく感じが、怖い。

僕が心のなかで「あっ、ああ〜〜」と思っているうちに、相手が言ってることで話がどんどん進んでいってしまうことがあって、それがまた怖い。電話の最後で「ちょっと悪いんだけど、今の、全部ナシで!」と言いたくなるときもある。

一旦考えなおすことにした。生まれ変わるのもおあずけだ。その間に髪を切りに行った。電話予約しなかったので1時間待った。これが僕のスタイルだ。

インターネットに感謝

改めてボイストレーニング教室のサイトを見てみると、なんとネットで予約することができるようであった。
これなら得意だ。イケる。秒速で予約した。
ありがとうインターネット ありがとう予約フォーム
ありがとうインターネット ありがとう予約フォーム
結局あとで確認の電話がかかってきたのだが、まあ、受信なら大丈夫だ。

電話での話によると、希望した時間はすべて埋まっていたそうだ。ボイストレーニングってそんなに人気があるのかと失礼なことを思いながら、希望する日に唯一あいていたコマにレッスンを入れてもらうことにした。

練習したい曲のジャンルを聞かれもしたので「特にありません」と答えると、「発声など基礎からトレーニングしたいということですね」と言われた。「発声」! そう、発声のトレーニングがしたいのだ。

インターネットに感謝

電話の最後に「お越しいただく際の持ち物なんですが…」と言われ、えっ、と一瞬ドキッとする。ボイトレに必要なものとかあるのか。丸腰で行く気まんまんだっだ。

続けて「練習に使うお好きな音楽の音源を用意していただけますか。カラオケバージョンが望ましいですが、ボーカルが入っていてもかまいません」と電話の相手は言った。

うん、それなら。と安心したが、自分で選んだ曲で練習するのだろう。まじめに歌わねばならない曲だ。カラオケの選曲なんかより重みのある一曲だ。

練習に使う曲だから難しすぎてもいけない。かといって簡単すぎても面白く無い。それでいて自分が歌っても恥ずかしくない曲は……一体なんでしょうね?僕は色々考えてバンプ・オブ・チキンの「カルマ」にした。業(カルマ)を背負っていこうという決意だ。あなたならなんの曲にするだろうか。
こんなジャケットじゃないと思う
こんなジャケットじゃないと思う
予約するだけで一苦労だというのに、レッスンなんてちゃんと行けるのだろうか。僕はため息をついた。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓