はっけんの水曜日 2013年5月1日
 

書き出し小説大賞・第18回秀作発表

!
書き出し小説とは、書き出しだけで成立したきわめてミニマムな小説スタイルである。

書き出し小説大賞では、この新しい文学を広く世に普及させるべく、諸君からの作品を随時募集し、その秀作を紹介してゆく。(ロゴデザイン・外山真理子)
雑誌、ネットを中心にいろいろやってます。 著書に「バカドリル」「ブッチュくんオール百科」(タナカカツキ氏と共著)「味写入門」「こどもの発想」など。最近は演劇関係のお仕事もやってます。
> 個人サイト バカドリルHP 天久聖一ツイッター

書き出し小説秀作発表第十八回目である。

朝の連続テレビ小説「あまちゃん」の評判がよい。私も毎朝ヒロインの能年ちゃんに萌えまくる毎日である。 朝の連続テレビ小説はひとシリーズ半年続く。一方書き出し小説は数秒で終わる。連続でもない。続きは読者の想像にお任せする。

書き出し自由部門

砂時計の中に、一匹の蟻が閉じ込められていた。
赤嶺総理
シュールなビジュアルが鮮やかに浮かぶ秀作。
雪の中、最後のマッチを擦った少女の眼には、ぼんやりと最初のマッチが浮かび上がった。
TOKUNAGA
ループマッチ売りの少女。
ダイエットの甲斐虚しく、さなえは今年も、物置の上に乗る百人にはなれなかった。
よしおう
物置はイナバの方舟。
メガネの曇りも落ち着きはじめ、視界が徐々にひらけてくる。ザルから外れたスパゲティが排水口に溜まっている。
大伴
がっかりリアリズム。
ダンナが社内誌で4コマ漫画になっている。
xissa
くん付けキャラで。
油絵を描く彼女の横でぼくは毎日人を殺す練習をする。
小夜子
ストイックな静謐感。
銀玉鉄砲は軽い音を立てて加奈子の眉間を捕らえた。世界の終わりの音だ。
夏猫
加奈子の視界に映った空は…
隣人がうるさい。壁を叩いた。隣人も壁を叩いた。負けずに叩き返した。世界にまたひとつ、グルーヴが生まれた。
mjks
アパートドラムンベース。
奇祭、ヤギ押し祭りの歴史について。
概念覆す
奈良時代に遡る。
その動物のひげを引っ張ってみると、反対側のひげが短くなった。
おかめちゃん
とぼけたメカニズム。「間」が秀逸。
「それじゃ私が一番可哀想じゃない!」隣の席の女は電話を乱暴に折りたたむと、机に伏した。
ゆとりバルス
ドラマは隣りで起きている。
その露出狂は桂馬の動きで逃げた。
トモマリ
野良猫飛び越えて。
月が僕を照らし出し、以前よりもずっと濃い影を落とす。あの時よりもずっと太い、肩のニードルを。
テクノトーゴー
月光冴える真夜中の心象。
黒い詰襟に封じられた白い首筋が、私の嗜虐心をそそる。溢れる欲情を抑えられなくなり、その首筋に二股に割れた舌を這わせた。
you-403
怪奇と耽美。
波に揉まれる眉毛の模型こそが彼の生きた証であり、人形劇の歴史を変えた動く眉毛。
ミミズグチュグチュ
独特の世界観、不穏な体言止め。
メイドカフェと聞いていたのに、毛の抜けた猿が鎖に繋がれているだけだ。
義ん母
のうえ威嚇された。
花のない花瓶に水を与え続けた結果、溢れた。
Yves Saint Lauにゃん
単なる事実かメタファーか。

今回はシュール傾向の異色作に収穫があった。
赤嶺総理氏の作品は前衛かつ象徴的なイメージを想起させる正調シュールレアリズムといった趣き。テクノトーゴー氏のじりじり感、you-403氏の妖しい雰囲気がいい。ミミズグチュグチュ氏はいったいなに由来のイメージなのか、文体の奇妙さも含めて印象に残る作品であった。 実験小説は一般的には読みづらいものだが、冒頭のみならさまざまな試みができるし、読者も構えることなくイメージと遊ぶことができるのではないだろうか。書き出し小説ならではのシュールな意欲作に、今後とも期待したい。

続いては規定部門、今回のモチーフは「無職」であった。 社会的な色を持たない、無職ならぬ無色の物語たちをまずは紹介する。

規定部門 モチーフ「無職」

二駅はなれたTSUTAYAで、映画を借りた。来週の予定が一つできた。
義ん母
もうじき選挙(AKB)もある。
職安へ向かう途中の青信号は信用していない。
TOKUNAGA
黄信号しか渡らない。
なくしていた銀歯が庭で見つかり、いよいよハローワークに行けない理由を失ってしまった。
トモマリ
草むしりなんてするから…
無職の森美術館は入場者を作品の一部に変えてしまう事で知られている。 
じゅんじゅん
無職が無職を互いに鑑賞。
「無職とニートを一緒にするんじゃぁない!」そう憤る彼は、ニートの方である。
とらぼ
言い返せ!無職!
中央分離帯で暮らしたい。
xissa
私がセンターだ!
ビールの味が変わらないというあなたの図太さが羨ましい。
Yves Saint Lauにゃん
味覚と職は無関係。
いざっていうときに仕事があると、大切な人を守れないような気がするんです。
井上だいすけ
THE・詭弁
楽なのは肉体だけ、肉体だけである。
すり身
切実過ぎる…
信じてもらえないかもしれないが、本当に家事を手伝っている。
よしおう
ちゃんとお皿を運んでる。
ある朝、なにか気がかりな夢から目をさますと、自分が寝床の中で一匹の巨大な虫に変っているのを発見した。仕事も無いしだるいので二度寝したら元に戻っていた。
トニヲ
名作は生まれなかった。
天国。今から下界へ出発だ。今回割り当てられた役回りは……「無職」。表を見るとAAランクの難度だった。
なつを
不屈の精神が試される。
夢もない。希望もない。家族もない。仕事もない。ただ一生かけても使い切れないほどの預金が銀行口座にあるだけだった。
M
理想の無職。
『酸素を二酸化炭素にする仕事』自分の今の仕事をそう説明すると、大抵の人は僕が科学メーカーに勤めているのだと勘違いする。
あさせがわ
白衣がさらに紛らわしい。
よし、少しばかり水道水だけで生きてやろう。
概念覆す
その水道も止められた。
皆さんは無職検定をご存知ですか? もしかしたらちょっと聞き慣れない言葉かもしれませんね。
ゆとりバルス
受けたい!暇だし。
「この中に、お医者様はいませんか!」無職が起こす、奇跡のドラマを今はまだ、誰も知らない。
菅原 aka $.U.Z.Y.
無職の手かざしが奇跡を生む!
総務に携帯電話と社員証を返してビルを出た。平日、午前、青空。 
suzukishika
老人だらけの路線バス。
水が止まった。電気が止まった。明日は何が止まるのだろう。
低脂肪牛乳
時間よ止まれ。
カーテンを開けた。直にわかる。今日は一日良い天気なのか、だったのか。
哲ロマ
染まっていたのは西の空。
焚き火に限界まで手を近づけてみた。無職にとっても火はとても熱かった。
綾子
火傷の権利は有している。
「このボールペンじゃ履歴書は書けない」息子は少し怒った口調で二階に上がっていった。
坂口川端糸井
書く内容もないが。
失業した。悟ったのか、飼い猫が出て行った。
チョイトイ
「飼い主」の肩書きまで奪われた。
ついに俺が日本で最後の有職者になってしまった。
スニ麩
その最後の職業とは…?

以上である。
今回は秀作が多く選考には苦労した。いつもより多くの作品を採用したが、それでもレヴェルの高い作品はまだまだある。惜しくも選に漏れた方には運としか言い様がない。申し訳ない。
今回は切実な心情、実体験を匂わせる作品が多かった。やはりそういう作品にはフィクションにはない力強い説得力がある。とくにすり身氏から発せられた魂の叫びには熱い共感を禁じ得ない。
また一方で妙に清々しい作品も多かった。底辺ならではの潔さでも言おうか、無職という何者でもない存在には、逆に何者にもなれるという自由さがあるのかもしれない。総じて物語は失われた時点からはじまることを再確認した回であった。

それでは次回のモチーフを発表する。
次回モチーフ
殺人事件
ミステリの王道、殺人事件が次回のモチーフである。謎めいた死体の有様、生々しい現場の状況、それに関わる容疑者、目撃者、探偵、刑事など、キャラクターにも設定にも不足はない。貴方の書き出しで、かつてない難事件を起こして欲しい。
締め切りは5月8日正午、発表は5月10日を予定している。自由部門、規定部門を選択し、以下の投稿フォームで応募されたし!諸君からの力作待っています。
最終選考通過者

黒船鬼太郎/不眠/ブサイクにモザイク/ウチボリ/wabisuke/でん/ぽこあぽこ/みー/ちかぞお/濡れた孫/虹山/Ryu-Q/靖丸/きたくま/はにぃ/ソルティ/ヨイトマK/チチマル/みう/新品の畳/吉蔵/ウウタルレロ/鷲/よんぱち/よう/クツノウラ/カズタカ/senma/山本俊治/prefab/篠崎しの/dekuno/紙製梱包具/
 ▽デイリーポータルZトップへ  

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ