ちしきの金曜日 2013年5月3日
 

福井の油揚げがあつい

!
福井県は油揚げの消費量が日本一だそうだ。はぁ、油揚げをなぜそんなに…。そう思いつつ福井の油揚げを食べてみたら衝撃を受けた。

福井の油揚げは厚いのだ。厚揚げじゃなくて油揚げとして厚い。そして熱い。
1983年三重県生まれ、大阪在住の司法書士。 手土産を持参する際は消費期限当日の赤福で受け取る側に過度のプレッシャーを与える。
> 個人サイト owariyoshiaki.com

存在感が違う

なんだ、あげコーナーって。
なんだ、あげコーナーって。
福井の油揚げ、どんなものかとスーパーに行って探してみたら油揚げだけで一コーナー出来ていた。コーナーの大きさが鶏肉とほぼ同じ。福井県民にとっての油揚げの存在の大きさがうかがい知れる。
何だこのでかさは。
何だこのでかさは。
こっちは厚さが驚異的。
こっちは厚さが驚異的。
展開量の多さにも驚いたが、油揚げ一つ一つの存在感が全然違う。凄くデカイのがあったり、持ち上げるのが大変なほどずっしりと厚いものがあったりと油揚げ自体が違う。

油揚げにこんなにバリエーションがあるなんて。これは、色々食べ比べてみたい。

いざ、油揚げ屋さんへ

買ってその場で食べる気セット。
買ってその場で食べる気セット。
油揚げのパッケージを見てみると、発売元として福井市の中心部辺りの住所が書かれているものが複数あった。じゃあ、直接行けば揚げたてとか食べれるんじゃないかと行ってみる。
あっ、デカイ
あっ、デカイ
福井駅から30分くらい歩き、目的地へたどり着いた。さぁ、どこだ、揚げたての油揚げは!と思ったら、建物がデカイ。あっ。
予想していた厚揚げ屋さんのイメージ。
予想していた厚揚げ屋さんのイメージ。
厚揚げ屋さん、想像以上にデカかった。軒先で油揚げ一個から買えるよ!みたいな所を勝手にイメージしていたのでひるむ。現実は完全に工場である。

これは、揚げたてどうこうの話の前に、厚揚げ一丁とか売ってくれないのではないか。一兆単位での仕入れの話にならないか。
どう見ても小売客の到来を前提としていない出入り口。
どう見ても小売客の到来を前提としていない出入り口。
折角来たのだから、どうにか油揚げが欲しい。意を決してお願いをしてみようと出入り口を開けると、応接室と書かれた部屋からパチン…パチン…と爪を切る音がしてきた。

あっ、なんか、これは、無理だ。

揚げたて食べれたよ

スーパーに卸している位だから、そりゃあ大量に作らねばならぬ。一個だけ売ってくれる所なんてないんじゃないかと思いながらも、他に揚げたてを食べる手段が思いつかないので、とりあえず違う油揚げメーカに行ってみる。
おっ、これはいけそうな雰囲気!
おっ、これはいけそうな雰囲気!
これで売っていなかったら、スーパーで買って帰って食べようかな…。と思っていたが、二件目で光が見えた。豆腐屋さんの冷奴とか書いてある。これは直売してくれそうだ。
揚げたてだ!!
揚げたてだ!!
恐る恐る入ってみると、小窓があってカウンターの様になっており豆腐類の値段が張りだしてある。更に右を向くと、厚揚げがジュワジュワと揚げられているではないか!
まさに揚げたて!アツアツを売っていただいた。

福井の油揚げは超ジューシー

あつあつ厚揚げ(商品名)を手に入れたぞ。
あつあつ厚揚げ(商品名)を手に入れたぞ。
ついに手に入れた福井の厚揚げ。しかも揚げたて。手に持ってみても熱々ですぐにでも食べたい。近くに芝生の公園があったのでそちらですぐに食べてみる。
お醤油でいただきます。
お醤油でいただきます。
今回は出番がないかと思われたお皿とお醤油が大活躍。揚げたての厚揚げは、福井の油揚げは一体どんな味がするのだろうか。
じゅわーっ。
じゅわーっ。
歯ごたえのある表面を噛むとホロホロに柔らかい中味が広がって、口の中にじゅわーっと旨味の濃い液体があふれ出してくる。うあわぁ、油か!?と、思ったがどうも違う。豆腐だ、肉汁みたいな豆腐汁。
ハンバーグみたいに、上から押したら肉汁ならぬ豆腐汁があふれてくる。
ハンバーグみたいに、上から押したら肉汁ならぬ豆腐汁があふれてくる。
ジューシーでしっかりと食べごたえがあるのに、さっぱりとしている不思議な感覚。大豆は畑の肉と言うが、ミンチカツみたいだ。畑のミンチカツ。これは美味い。
家の近所で買った厚揚げ。中身の違いが一目瞭然。
家の近所で買った厚揚げ。中身の違いが一目瞭然。
今まで食べていた厚揚げは豆腐に揚げ目を付けたものだったが、福井の厚揚げは物凄く分厚い油揚げ。面白いし美味しい。もっと色々食べてみよう。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓