ロマンの木曜日 2013年5月2日
 

これが食パン7枚切りだ!

未知の厚みへ!
未知の厚みへ!
食パン何枚切り論争、というのがあるだろう。

広くは関西では厚いものが好まれ、関東では薄いものが好まれるなどと言われたりする、あれだ。

地域に問わずいる4枚切り派、関西東海以外では珍しい5枚切り派、全国的に最大勢力ではないかと目される6枚切り派、特に東京ではそこそこいる8枚切り派など、好みによって熱い派閥のあるトークテーマである。

……。

4,5,6,8……。

……!

そういえば、7枚切り派はどこいった?
1979年東京生まれ、神奈川、埼玉育ち、東京在住。Web制作をしたり小さなバーで主に生ビールを出したりしていたが、流れ流れてニフティ株式会社へ入社。趣味はEDMと先物取引。
> 個人サイト まばたきをする体 Twitter @eatmorecakes

食パンの切り枚数でいつでも紛糾できる私たち

冒頭で書いたとおり、食パン何枚切り問題は地域性が高かったり食の好みの話であることから、大人でもそこそこヒートアップできる話題である。

この話題を語るにあたってまず押さえなければならないのが5枚切り食パンだろう。
東京のスーパーは6枚と8枚がメイン
東京のスーパーは6枚と8枚がメイン

じわじわと関東圏に5枚切りが浸透中?

実は当サイトで2007年に5枚切り食パンについてライター大塚さんががっちり調査している(記事「関西の食パンは5枚切りなの?」)。

タイトルからも分かるとおり、関西(あとなぜか岡山と記事にはある)で5枚切りは大変にメジャーなのだそうだ。

当時これには本当に驚いた。東京でのメインはあくまで6枚切りと8枚切りである。5枚切りの、私は存在も知らなかった。

しかし大塚さんの記事公開から6年、じわじわと関東にも5枚切りの波が来ているようだ。
じわじわと東京でも
じわじわと東京でも
勢力を拡大か
勢力を拡大か

ちょうどいいぞ、5枚切り

そもそも食パンというのは食べる量について常々逡巡する食べ物だ。

・4枚切りだとちょっと厚すぎて1枚食べるのはどうも罪悪感があるのよね
・ とはいえ4枚切り半分だと足りないのよ
・じゃあ6枚切り1枚にしようかしら
・食べてみたら6枚切り1枚じゃ足りないわ
・うーん、食べちゃえ6枚切り2枚目
・あっ! 食べ過ぎた!

ってこと、よくあるでしょう。ありますよね。

私は今まで5枚切りは食べたことがなかったのだが、こんなときこそ5枚切りだったのかもしれない。
買ってきた。おお…厚い? いやそれほどでも…?いや、厚い…!
買ってきた。おお…厚い? いやそれほどでも…?いや、厚い…!

不思議な5枚切り

それで改めて初めて5枚切りを買ってみた。

さあ、この絶妙なボリューム感を味わおう! とねじり鉢巻きをまいたのだが。

食パンが見たことのない厚み、というこの状況、なんだか気分がおかしい。
4枚切りでもない6枚切りでもない、なんだろう、この見慣れない不安定な厚みは。
4枚切りでもない6枚切りでもない、なんだろう、この見慣れない不安定な厚みは。
ちなみに4枚切りだと安定の迫力
ちなみに4枚切りだと安定の迫力
あの4枚切りの迫力ほどではないが、厚い5枚切り。

「食パンが、見たことのない厚みだ」という状況が思った以上に不思議である。

食べたあとも、ちょうどよくお腹がふくれながらも「あれ、なんだったんだろう」というふわっとした気持ちが続いていた。

あまりにも6枚切りや8枚切りを見慣れすぎていて5枚切りに頭がついていっていないのか。慣れない言語に戸惑っているような感覚なのだ。

戸惑うとか気持ちがついていかないとか、J-POPみたいなエモーションだが食パンの話である。

一旦、全部買ってみた

5枚、6枚、7枚、8枚切り食パン。7枚切りは頼んで切ってもらったので枚数のシールがない
5枚、6枚、7枚、8枚切り食パン。7枚切りは頼んで切ってもらったので枚数のシールがない
5枚切りのしっくりこなさが面白い。それを踏まえて登場していただくのが今日の本丸、7枚切りの食パンだ。

どうだ、聞いたことないだろう。7枚切り。

4枚、5枚、6枚、8枚は普通に袋詰めして売られていたが、7枚切りはお願いして切ってもらって手に入れた。

5枚切りが関東進出をじわじわ進めるなか、いよいよ7枚切りの時代も幕を開けていいはずだ。
あれ誰だよ……、え?! 7枚切り?! そんなやつ今まで見たことないぞ… どっから来たんだ… ライバルの登場にざわざわする食パンたち
あれ誰だよ……、え?! 7枚切り?! そんなやつ今まで見たことないぞ… どっから来たんだ… ライバルの登場にざわざわする食パンたち

興奮するしかない食パン7枚切り

店の方に聞くと、5枚切りは以前からスライスした状態で売っておりそこそこ動く商品だそうだ。やはり東京にも5枚切りの波はきていた。

7枚切りはオーダーがあれば切るが、切った状態で置くことはないという。担当してくださった方はオーダーされたこともないそうだ。買おうと思えばいつだって買えるのに、だれも買わない食パン7枚切り。

知られざる、厚み。それが食パン7枚切りである。

興奮しない方がうそだ。
これが、興奮の、食パン7枚切りだ!
これが、興奮の、食パン7枚切りだ!
店によって違いはあると思うが、一般的に「食パン1斤」というのは340g前後だそうだ。いわゆるスーパーで売られる袋食パンのサイズなどはそうである。

カットをお願いするためにベーカリーで買ったが、サイズはいわゆる袋食パンと同じものを選んだ。

比較のために5枚切り、6枚切り、8枚切りとサンドイッチ用の10枚切り(そんなのもあるのですね)を買ったので並べてみよう。
単純に、厚みがいろいろだなあという感想(こうなると9枚切りも気になるが今はおいておこう)
単純に、厚みがいろいろだなあという感想(こうなると9枚切りも気になるが今はおいておこう)
こう並べてしまうと、きれいに厚みの変化があるなあくらいの感想だろうか。

7枚切りは個人的には6枚切りと一見ほとんど変わらないように見えた。8枚切りよりも断然6枚切りに見える。

4枚切りや5枚切りと違い、厚みの差が少なくなってくるためスライサーの具合で同じ切り枚数でも個体によっては厚みの誤差もあるだろう。
6枚切りに見える…(7枚切りです)
6枚切りに見える…(7枚切りです)

つい食パンを見てばかりいた

概ね「食パンを見る」だけで1ページ目が終わろうとしている。なかなかに風情ある時間が過ごせたとは思うが。食パンは食べ物なのだ。

7枚切りの食パンは、どんな食パンなのか食べて知ろう。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓