ひらめきの月曜日 2013年5月6日
 

無料の英語ガイドサイトで行く東京の店

!
ロンリープラネット。世界的に有名な観光ガイドブックで、日本に来ている外国人の多くは、たいていそれを持って移動している。新宿や渋谷で、立ち止まってる外国人が、青い表紙の分厚い本を、開いていますよね、アレです。
それが、ネット版(www.lonelyplanet.com)だと無料で見れるというので、先日、東京案内をぼやぼや〜っと見ていたところ………存じ上 げないなあ、という店ばっかりだったので、ふと「行ってみようっと」と思いつき、観光客気分で歩いてみることにしました。
埼玉生まれ。電子書籍『初恋と座間のヒマワリ』(リイド社刊)発売中。最近、ほぼ毎日ブログを更新していますので、良かったら読んでください。
> 個人サイト 日々の凧あげ通信アネックス

まず行ったのは、代々木駅からすぐのDADA CAFEへ。
ロンプラの英語の紹介文章を、翻訳ソフトそのまま通すと、こんな感じ。
「このリバイバルのカフェ、ショウワ時代から直接に構築する70年来の共同住宅。私たちのうちのほとんどが知っていない東京について追憶する、チャーミングなスポットです。
正直な日本料理の潔白な普及上で軽食をとる間、あなたの環境の禅のような美に反射する時間をとってください。」
えっ、ショーワ? 禅?
要するに古民家なのかな、と思って行ってみたら……。
ネットでは「とてもわかりにくい場所にある、隠れ家的」との評判だったのですが、電信柱におもいっきり広告が出ていました。
ネットでは「とてもわかりにくい場所にある、隠れ家的」との評判だったのですが、電信柱におもいっきり広告が出ていました。
お、一軒家。古民家というより、本当にフツーに昭和の家!
お、一軒家。古民家というより、本当にフツーに昭和の家!
中に入ると、2時くらいだったのに、満席! 
外国人もいるけど、カップルや、女の子同士のグループが多いこと、多いこと。
ここ、デートコース系の店か〜、と思いながら、テラス席で食事。
カフェめしなメニュー。
カフェめしなメニュー。
甘いものも充実。
甘いものも充実。
同席してくれた友人Nの食べたガパオ。感想「ふつうに丁寧にうまい!」。
同席してくれた友人Nの食べたガパオ。感想「ふつうに丁寧にうまい!」。
カレー。普通に丁寧にうまい。
カレー。普通に丁寧にうまい。
この店が外国人にウケる要素って何だろう、と考えてしまった。
この昭和の家ってことと、室内でも靴をぬがなくていい(土足)なところと、立地の良さなのかな? 
思えば古民家カフェって、都心のど真ん中には、なかなかないですもんね。うーん、でも、なにかピンとこない。

ピンときまくった、麻布の店

後日、友人Tさんが付き合ってくれるというので、ふたたび店めぐりへ。
「Tさん、私、ロンプラのネット版見まくって、いろいろ面白そうな店を探したんだけどね……、一軒、すごいのがあってさ」
「何、どんな店?」
「ニンジャアカサカっていう店……。説明を直訳すると、
『訓練されたスーパー秘密スタッフは、あなたの個人のテーブルまで、迷路のようのトラップ・ドアおよび策略はね橋を通ってあなたを護衛します。』
みたいな感じ? 忍者のテーマパークレストランで、予約必須みたい。」
「そこ面白そうじゃない! そこも行こうよ!」
「ただ価格帯がね〜、安くはないんだよね。ディズニーランドに行くくらい、かかるんだよね。」
「それはハードル高いね……。」
「なので、今日行くところは、ランチがあって、日本日本したテーマレストランです!」
ばばーん! 西麻布の『権八』!
ばばーん! 西麻布の『権八』!
ランチはとってもお手頃価格! これでサラダバーと味噌汁+ご飯食べ放題と、ドリンクバーが付くのです。
ランチはとってもお手頃価格! これでサラダバーと味噌汁+ご飯食べ放題と、ドリンクバーが付くのです。
しかし雰囲気のある、ナゾな和風の店だ…。
しかし雰囲気のある、ナゾな和風の店だ…。
……って、ああ! ここってアレか!
……って、ああ! ここってアレか!
「……ここって、映画『KILL BILL』の舞台そっくりじゃない!?」
「いや、なんかタランティーノ監督が、この店のエキゾチックな感じに惚れて、『ここで撮影させてくださいっ』ってお願いしたら『無理です』って断られて、この店をモデルにして、中国にセットを作って撮影したらしいよ。だから、キルビルのセットの、元ネタのお店らしいです。
栗山千明が、ユマ・サーマンと対決する舞台『青葉屋』のモデル、だとか。」
2階席から、ふと見下ろすと、こんな感じ。
2階席から、ふと見下ろすと、こんな感じ。
「めっちゃくちゃ外国人来てるね! そして、写真撮りまくってるね!」
「あらゆる角度から撮ってるね。タランティーノファンなのか、エキゾチックな感じに萌えてるのか、よく分からないね」
「あと、板さんもウエイターさんも、外国人、いるね。」
「そうね。日本料理の修行をしてるのかなあ。
そうねえ。店も面白いし、居心地もいいけど、あのさあ……。」
「んん?」
「なんというか、ゴハンが、海外で食べた日本食のような味がしない?」
Tさんが食べた、天丼+そば。うちたてそばも、この店の売りです。
Tさんが食べた、天丼+そば。うちたてそばも、この店の売りです。
私が食べた、豆腐ハンバーグ定食。
私が食べた、豆腐ハンバーグ定食。
「美味しいけど、甘辛さが、強調された味だよね。」
「テリヤキバーガーみたいな、分かりやすさのある味かな。」
「これ、絶対、外国人に向けて調節してるよね。」
「そうね。でも、近所に職場があるっぽい日本人客も、たくさん来てるけどね。」
「この値段で、食後のコーヒーも込みで飲めて、のんびり出来るなら、安いよね。」
「……でもここ確かに、外国人は喜びそうだなー。」
「いま、スマホで調べたら、小泉元首相と、ブッシュ元大統領も、昔、ここで会食してますね……。」
「そんなVIPも来てるのか……。じゃあ、外国人の接待に、しょっちゅう、使われてるんだろうね。」
「だろうねー。夜の居酒屋タイムも、麻布にしては、高くないしね。いい店ですね。」

鉄板、アサクサ

アサヒビールのビル!
アサヒビールのビル!
「はい、次は、鉄板の浅草にやってきました!」
「浅草って、外国人、どこで飲食するのかな。」
「えーと、あの有名な神谷バーも、ロンプラで紹介されてますよ。日本語にすると、
『神谷は、東京の最も古い西洋式スタイルのバーです。地元住民に長年にわたって人気のあるままです。』
みたいな感じ。」
「神谷バーは日本人の間でも有名だしなあ。」
「そこで今日私たちの行くところは、『アサヒスカイルーム』です!」
「どこ、そこ。」
「アサヒビールの中にある、眺めのいいバーですね。ええと、英語の説明はね、
『金色の染めたアサヒのスーパードライなビルの22階。不名誉なFlamme d'Or彫刻(aka「金色の糞」)に直接隣接している。特に日没は壮観な視界。』だそうですよ。
「不名誉な彫刻……。」
すっごいながめ! 隅田川まるみえ。
すっごいながめ! 隅田川まるみえ。
私はノンアルコールビールで乾杯。
私はノンアルコールビールで乾杯。
「ここいいねえ! テンションあがるねえ! しかもこれでノーチャージで、600円で420MLのビールが飲めるとは。すっごい穴場じゃないですか。」
「私のノンアルコールビールは400円ですよ。コーヒーもケーキもあるから、飲めない人も安心ね。
そして、やはり、外国人客と、カップル(1組)しかいないなー…。」
「ロンリープラネットって、すっごい影響力があるんだねえ。」
「影響力があるのに、東京は、レストラン161軒、バー23軒しか紹介してないんだよ。ネット版、ではね。」
うむうむ、展望バーとは思えない、手の届く価格帯。
うむうむ、展望バーとは思えない、手の届く価格帯。
「ここは、バー23軒のうちの、1軒なのかあ。」

渋谷の居酒屋さん

!
「で! 渋谷にやってまいりました。『鳥良』という店です。」
「……道玄坂ですよ。すっごい普通の居酒屋さんだけど、本当にココなの?」
「うん、ロンプラのネット版に焼き鳥屋さんって6箇所しか紹介されてないんだけど、うち、ここが1つ。
説明はねえ……。
『Toriyoshiは、炭グリルされた焼き鳥と、ワインとカクテルがマッチします。セットメニューは様々な焼き鳥および豆腐を試みるのによい方法です。』ですって。」
「鳥良さんって、チェーンじゃないかな。」
「チェーンだね。磯丸水産とか、きづなずしとかと、同じ会社だね。ロンプラはチェーンも、紹介するみたいだね。やっぱり渋谷の一等地っていうのが、便利だからじゃないかなあ。」
チェーン居酒屋さんだけど、ワインが置いてあるのが売りらしい。
チェーン居酒屋さんだけど、ワインが置いてあるのが売りらしい。
蒸し野菜&鳥、普通にウマイです。
蒸し野菜&鳥、普通にウマイです。
「ここは、普通に美味しいけど、普通の居酒屋過ぎて、何が外国人にグッとくるのか、わからないね。」
「ワインがあることと、立地なのかな?」
「英語メニューがあるわけでも、ないんだよね。」
「チェーン居酒屋のメニューって、写真が大きく使われてるから、指差せば通じるよね、これ食べたい、って。」
「ああ、そうね。考えたこと、なかったけれども。じゃあ、どのチェーン店でも、よくない?」
「そうね……それはそうなんだけどね。」

「で、そのうち、数件をまわってみて、どうでしたか?」
「うーん、リーズナブル? じゃない?」
「そうね、リーズナブルでしたね。でも、高い所はね、ちゃんと記事中で、値段に触れてるんだよね。
例えば銀座のお寿司屋さん、久兵衛の紹介文。
『ただ一回、東京寿司経験上で大散財をすることができる場合は、ここにしてください。kaiseki(コース・メニュー(10,500/15,750円か らのランチ/夕食)で全てを投げ出してください。そうでなければレストランの4階の魯山人の展示をただ熟読してください。』……だって。」
「海外旅行で、1食1万円以上のゴハンって、気合い入れないと食べられないよね…。」
「あと、デートコースに丁度いいよね、ロンプラセレクトは! 実際、カップル多いし!」
「店のアトラクション性が高いからかな?」
「ほかにも、行きたい店、いっぱいあったよ。居酒屋さんなんか、9軒しか紹介してないから、なぜこの9カ所? っていうのを比べたくなったし。カフェも5 軒しか紹介してなくて、うち1軒が閉店してたし。何がロンプラさんのツボどころなのか、知りたくなったなあ。まあ、全部、行ききれるものではないけれ ど。」
「まあ、暇があったら行こうぜ!」
「い、行くかー……!!」

……そんなわけで、貴方も、ロンプラ・無料のネット版で、日本歩き、してみてくださいませ!
何か発見があるかもしれないよ!?
 ▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓