ちしきの金曜日 2013年5月10日
 

鉄塔が御神木みたいになっている

まるで奉られているように見えませんか、鉄塔が。
まるで奉られているように見えませんか、鉄塔が。
先日友人たちと横浜のとある街を歩いていたところ、ふしぎな形の道路を見つけた。交差点が円になっているのだ。

この交差点の発見をきっかけに、さいごは「鉄塔は御神木ではないか?!」というとんでもな結論に至った、その経緯を説明しよう。させてください。
もっぱら工場とか団地とかジャンクションを愛でています。著書に「工場萌え」「団地の見究」「ジャンクション」など。
> 個人サイト 住宅都市整理公団

謎の円形道路発見

その交差点とは、こんなもの。
きれいに丁寧に石積みされた円形の台座。そのまわりに道がぐるっと(大きな画像はこちら</a>)。
きれいに丁寧に石積みされた円形の台座。そのまわりに道がぐるっと(大きな画像はこちら)。
反対側から。なるほど円形だ(大きな画像はこちら</a>)。
反対側から。なるほど円形だ(大きな画像はこちら)。
地図をみると、そのぐるっとした様子がよくわかる(大きな地図で表示
みんなで地図を見ながら歩いていて「あっ、なんか円形の道があるよ?行ってみよう!」ってなったのだ。最初は「ラウンドアバウト」かと思った。
「ラウンドアバウト」の例。なつかしき我が母校、千葉大学正門近く。このそばにある居酒屋の名物が「すずめの丸焼き」で、新入生はかならず先輩に食べさせられたものだ(大きな地図で見る)。
ラウンドアバウトとは、上のように交差点がロータリー状になっているもののことで、特徴としては信号機がない。大量の自動車をスムーズに流すことができるとして最近日本でも導入が検討されている(飯田市で新たに導入されたことが話題になった)。シャルル・ド・ゴール広場が最も有名なラウンドアバウトだろう。

しかしラウンドアバウトにしては小さい。それにこんな閑静な住宅街にラウンドアバウト作る必要もあるまい。一体何だろう。
じゃあ「クルドサック」か?(三土さんの記事「一級の袋小路はどこだ</a>」より)
じゃあ「クルドサック」か?(三土さんの記事「一級の袋小路はどこだ」より)
住宅街にあるキュートな円形道路といえば「クルドサック」が疑われる。

クルドサックとは、三土さんのすてきな記事「一級の袋小路はどこだ」にも登場した、通過交通をなくすために道路を行き止まりにしたものだ。結果的にUターンしなければいけないので道路が円形になる。

確かにここはクルドサックりそうな住宅街ではある。しかし、前出の地図を見ていただければわかるように、行き止まりではないのだ。むむむ。

鉄塔ラウンド

結論としてはこれは「鉄塔ラウンド」(造語)だったわけです。(大きな地図で表示
…と、いろいろ可能性を検討してみたわけです。で、冒頭の写真にもあるように、実際行ってみたら円の中心にはどーんと鉄塔が立ってまして。

つまり、これはラウンドアバウトやクルドサックのように、円形にしたくてしたわけではなくて、鉄塔を避けるためにやむなくこうなってしまったものだったわけです。

へー、こういうことってあるんだねー。

とみんなで納得したけど。いやまてよ、他にもこういう場所あるんじゃないか?それになんでこんな風になっちゃうんだ?別にわざわざ鉄塔に向かって道作らなければこんな風にはならないよね?なんで?

という疑問を解いていこうではないか、と今回はそういう内容です。
ちなみにこの日なんでみんなで地図見ながら歩いていたのかというと、例によってGPS地上絵を描いていたのでした。今回はサムアップしている熊。かわいい。そのときの様子はこちらで。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓