フェティッシュの火曜日 2013年5月14日
 

山頂で集合する登山がアツい

!
三国志か水滸伝か何かで、英雄3人が「三年後に、この山頂で再会しよう!」と誓って別れ、流浪の果てに再会するというシーンがあった。
あれを僕もやってみたい。
僕は友人2人に、山頂での集合を告げた。
1978年、東京都出身。漂泊の理科教員。名前の漢字は、正しい行いと書いて『正行』なのだが、「不正行為」という語にも名前が含まれてるのに気付いたので、次からそれで説明しようと思う。
> 個人サイト まさゆき研究所 新棟

「じゃあ明日、山頂に集合で」

その日、ぼくらは3人とも残業が忙しかった。
翌日に3人で登山の約束をしていたが、行程を考える余裕が誰にもなかった。
そもそも集合場所を考えるのが面倒くさい。3人とも住んでる場所がバラバラなのだ。そして僕が苦しまぎれに送ったメッセージがこれである。
!
こうして僕らは翌日、山頂で集合することになった。

12年前に失敗した山頂集合

じつは山頂に集合するのは、初めてではない。
今から12年前に一度挑戦し、失敗したことがあるのだ。
あれは大学4年生の夏のこと。
単位を落として大学を留年したシュン君 、就職の決まらなかった団長 、そしてそもそも就職活動をしなかった加藤
!
世界で一番ヒマな3人が集まって飲んでいるとき、僕が「磐梯山にあさって登りに行くんだ」と言ったら、団長が「じゃあ全員、磐梯山の山頂で集合だ!」 と言い出して、本当に実行したのである。
しかしこのときは、団長のコースだけ急な雷雨に見舞われ、買ったばかりのデジカメを守るために、彼だけが山頂を目前に下山した。
というわけで12年前に山頂に集合したのは加藤とシュン、2人のみ。
というわけで12年前に山頂に集合したのは加藤とシュン、2人のみ。
こうして山頂の集合は果たせず、団長は「友達との約束よりデジカメを選ぶ男」 として未だに飲み会でなじられる結果となっている。

目指すは奥多摩の川苔山

さて、今回目指すのは、奥多摩にある「川苔山(かわのりやま、川乗山とも)」という山である。標高1363m、都心からまあまあアクセスがいいので人気だ。

より大きな地図で 川苔山 を表示
コースはいくつかあるが、このコース選びが山頂集合の最大のポイントである。
できれば誰かと重なるのは避けたいので、互いにどのコースで来るかの読み合いとなる。しかし、行きたいコースをあきらめるのも寂しい。
1.奥多摩駅からバスで移動し、西の川沿いを登る。 2.鳩ノ巣駅から尾根伝いに登る。 3.鳩ノ巣駅から尾根を通らずに登る。 4.川井駅からバスで移動し、東から登る。
1.奥多摩駅からバスで移動し、西の川沿いを登る。
2.鳩ノ巣駅から尾根伝いに登る。
3.鳩ノ巣駅から尾根を通らずに登る。
4.川井駅からバスで移動し、東から登る。
1の川沿いには滝があり、そっちを行きたかったのだが、バスに間に合うには5:50に自宅を出るしかなかったので、残業明けにはきつく、2か3で行くことにした。できれば見晴らしの良さそうな2で行きたい。
予定は9:33に鳩ノ巣駅に着。3時間もあれば登れるなと目論んでいた僕に、アクシデントが発生する。

ルール『山頂で出会うまで、連絡は禁止』

さて、山頂で集合する登山には、一つだけルールがある。
それは到着の時間まで、互いに連絡をすることが許されないという点だ。
!
「互いの約束を信じて再会する3人の英雄」 が、この企画のイメージである。
「登山道到着!これから開始!」だの、「つかれた〜、小屋でひと休憩。」だの、報告しながら登ったのでは意味が無い。
乗換えに失敗し、立川駅で呆然とたたずむ英雄。
乗換えに失敗し、立川駅で呆然とたたずむ英雄。
この日、僕は初めて乗る青梅線で乗換えに失敗し、到着が40分遅れるというミスをした。
だが、それを2人に伝えることは許されない。
ただ地図を見つめ、どうにか時間通りに着くように検討するのみである。2時間20分で登れるか、いや無理か、じゃあ何分まで遅刻を短縮できるか……。

携帯電話での待ち合わせに慣れきった精神に、久しぶりにめきめきと力が入っていく。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓