はっけんの水曜日 2013年5月15日
 

四国ご当地ダム詣で

香川に限らず四国に行ったら必ず寄りたい豊稔池ダム
香川に限らず四国に行ったら必ず寄りたい豊稔池ダム
「あそこに行ったら、あれ食べなきゃ」というような名物は全国にある。いわゆるご当地グルメというやつだ。

まあ、すべてがうまい、というわけでもないけれど、それなりに旅情に浸ることはできると思う。

同じように、ダム好きたちの間にも「あそこに行ったら、あのダム観なきゃ」というご当地ダムがあって、ダムめぐりのルートを決める軸になっている。

そこで今回は、四国のご当地ダムをいくつか紹介したい。
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。 個人サイト:ダムサイト

豊稔池を見ずして四国を語ることなかれ

たとえば香川県に行ったら、高松の駅前でどんなにうまそうなレストランを見つけたとしても、何よりまず讃岐うどんを食べよう、と思うのではないだろうか。

いや、香川に限らず四国に行く機会があれば、せっかくならと1軒くらい讃岐うどんのお店に行く段取りを考えてしまわないだろうか。

それと同じように、ダムめぐりで四国に行ったら、何よりまず観に行きたいのが香川県の豊稔池ダム。香川はもとより四国のご当地ダムである。
きれいな公園の奥にそびえる遺跡のような堤体
きれいな公園の奥にそびえる遺跡のような堤体
「うどん県」より「豊稔池県」に改名してほしいくらいのインパクト
「うどん県」より「豊稔池県」に改名してほしいくらいのインパクト
豊稔池ダムは何と昭和4年に造られた農業用のダム。つまり完成して80年以上経つため池だ。

この複雑で迫力のある堤体はマルチプルアーチ式コンクリートダムと言って、日本には2基しかない本当に珍しい型式。おかげでダム好き界では、四国のダムと言えばまず豊稔池、というくらい全国から羨望の眼差しを送られている。

ちなみに、ダムの高さが30.3mというのが半端な数字だなーと思っていて調べたら、100尺ということらしい。尺貫法の名残り!
日本よ、これが四国代表のダムだ!
日本よ、これが四国代表のダムだ!
日本で初めてコンクリートのダムが造られてからまだ30年という黎明期に、どうして突然こんなダムが造られたのかは分からないけど、どんな世界でも進化の過程で消滅するマイナー種があるものだ。豊稔池ダムもそんなひとつなのではないかと思う。

正直言って、ダム好きとしてはこの魅力的なダムが造られているのが地元じゃないのがすごく悔しい。この感情はドラフトで甲子園のスターのクジを外したところを想像すれば多くの人に共感してもらえると思う。

だけど逆に、そのせいでたびたび四国に行く口実ができるわけで、それも悪くないかな、と思う。めんどくさいファン心理である。
昭和初期の日本の建築物とは思えないくらいエッジの効いたシルエット
昭和初期の日本の建築物とは思えないくらいエッジの効いたシルエット
壁に十字架が架かっていても違和感ない
壁に十字架が架かっていても違和感ない
いちばん奥のアーチ部分はオーバーハングしている
いちばん奥のアーチ部分はオーバーハングしている
もはやダムと一心同体である
もはやダムと一心同体である
写真を見ていて気になった人もいるかも知れないけど、豊稔池ダムには柵というものがほとんどなくて、むしろ堤体に通路や階段がつけられていて、驚くほどダムと触れあうことができる。

遠くにあるあまり大きくないダムだけど、何度も行きたくなってしまう環境だ。
開放的すぎて不安すら覚えるレベル
開放的すぎて不安すら覚えるレベル
ただし、放流中はこの階段にも水が流れるので堤体の中に行くことができなくなる。でもその放流もまたステキで、もう放流してても、してなくても、いつ行っても癒されてしまうダムなのだ。
ダムの内側には行けなくなるけどこの放流がまたイイんだ...
ダムの内側には行けなくなるけどこの放流がまたイイんだ...
というわけで、四国に行ったらまず豊稔池ダムを観たくなったと思う。場所は愛媛県との県境も近い香川県西端の観音寺市。市街地からも近いので、うどん屋めぐりの合間に立ち寄るのもいいと思う。

大きな地図で見る
近くにも溜池がいっぱい

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓