ロマンの木曜日 2013年5月16日
 

壊れたニットを編む機械〜古い機械をハッキングする

いまニットを編んでいるところです
いまニットを編んでいるところです
教科書に載ってる歴史上の人物の写真に、鼻血描いたりとか髪型をアフロにしたりとか、みんなやったよね?

その延長線上にある(と僕が思ってる)ことがあって、それは「古い機械を改造して変な機能を足す」こと。(たとえばこういうの
ある機械(坂本竜馬)があって、そこの自分の独創的な機能(ちょび髭、鼻血、等々)を足すと、あたらしい作品になる。
自分で1から描くより簡単だし、「竜馬にちょび髭!」っていう意外性もおもしろい。

今日はまた、そういう作品を作ってる人たちを取材してきました。
インターネットユーザー。電子工作でオリジナルの処刑器具を作ったり、辺境の国の変な音楽を集めたりしています。「技術力の低い人限定ロボコン(通称:ヘボコン)」主催者。1980年岐阜県生まれ。
> 個人サイト nomoonwalk

おーいニット

本日の坂本竜馬は、こちらの機械です。
ニッティングマシン
ニッティングマシン
これはかつてブラザー工業株式会社が販売していたもので、編み物をしてくれる機械だ。フロッピーディスクのデータを読み込むと、プリンタで印刷するみたいに柄物のニットを作ることができる。お母さんが夜なべしなくても、マフラーなんて簡単にできちゃうわけだ。(手袋は難しいかも)
といってもプリンタほど全自動ではなくて、ハンドルをガッチャンガッチャンやって動かしながら編んでいく
といってもプリンタほど全自動ではなくて、ハンドルをガッチャンガッチャンやって動かしながら編んでいく
そしてこの竜馬に今回つけたチョビ髭的な機能は何かというと、壊れた画像をニットにできる機能だ。
つまりこう
つまりこう
これ、もともとはチェックのパターンなんだけど(左の方は普通のチェックだよね)、わざとデータを壊してこういうふうにグチャグチャの柄が出るようにしている。こういうふうにデータを壊すことは「グリッチ」と呼ばれていて、なのでこのプロジェクトの名前は「GlitchKnit(グリッチニット)」というのだ。
チェックのパターンをコンピューター上で壊して、ニッティングマシンに送っている
チェックのパターンをコンピューター上で壊して、ニッティングマシンに送っている
これはアルファベットをグリッチしたもの
これはアルファベットをグリッチしたもの
せっかくニットが編めるすごい機械なのに、出てくる絵柄は壊れている。この「いらんこと」感が、教科書の落書きっぽいじゃないか。

グリッチアートというのがあるのだ

ここでグリッチについてもう少し説明を。

ファミコンでさ、カセット半挿しにしたり途中でずらしたりすると、画面が変になるんだけどかろうじてゲームはできてる、みたいな状態あるじゃないですか。
こうやって「データが壊れてるんだけどかろうじて動いてる」みたいな状態が「グリッチしてる」と呼ばれている。だからさっきのニットの例もそうだし、ほかにも普通の画像ファイルだってグリッチさせることができる。
これが
これが
こうなる
こうなる
こんな風にもできる!
こんな風にもできる!
ポイントは、これらは画像をPhotoshopで加工して作ってるわけじゃなくて、画像データの一部を破壊して作られているということ。だから、開いてみるまでどんな結果になるかわからない。まるで人生のようだ(*)。

これは面白い、っていうんでこのグリッチがアート業界でひとつのジャンルとなっていて、PVに使われたりwebサービスになったりとかしているのである。

(*)適当な文章にこの一文つけるとなんでもいいこと言った感じになるのでおすすめです。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓