コラボ企画 2013年5月27日
 

007のような写真を撮る方法

007の登場です!
007の登場です!
ジェームズ・ボンドが活躍するスパイ映画「007」。1962年から今も続くシリーズで誰もがその存在は知っていることだろう。とてもカッコよく見ると憧れる。ジェームズ・ボンドになりたいと思ってしまうのだ。

しかし、そう簡単にスパイになれすはずもない。そこで007の有名なシーンの写真を撮ってみたいと思う。写真の中でなら簡単にジェームズ・ボンドになれるのだ。
1985年福岡生まれ。思い立ったが吉日で行動しています。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。
> 個人サイト Web独り者 彼女がいる風の地主恵亮

ジェームズ・ボンドに俺はなる

映画「007」は現在まで23作が公開されている人気のシリーズ。主人公はジェームズ・ボンドでこれが非常にカッコいい。スマートに任務遂行するさまは憧れの対象である。ジェームズ・ボンドになりたいと思ってしまうのだ。
冒頭のこのシーンは特に有名!
冒頭のこのシーンは特に有名!
映画を見たことがない人でも冒頭のシーンは知っているのではないだろうか。銃口の中にカメラがあって、そこにジェームズ・ボンドが登場して発砲する。これが簡単に再現できてしまうのだ。これをするのはジェームズ・ボンドだけ。このシーンさえ再現できればもはやジェームズ・ボンドなのだ。
颯爽と歩いて来て、
颯爽と歩いて来て、
かまえて
かまえて
発砲!
発砲!

007です

ジェームズ・ボンドである。九州生まれの私がイギリス人であるジェームズ・ボンドになっている。007に憧れる身としてはボンドガールとのラブロマンスや派手なアクションシーンを体験したいが、やはり007といえばこのシーン。これを見たらボンドガールになりたいですという立候補が出現するのではないだろうか。
カッコいい!
この部分の撮影だけなら非常に安くできてしまう。ボンドガールの人件費も爆破シーンの火薬代も必要ない。カメラのシャッターを押してくれる理解ある知り合いさえいれば実現できてしまうのだ。ジェームズ・ボンドの敷居は実は低いのだ。
撮影風景
撮影風景
このシーンの最重要点である銃口のスパイラル部分もCGなどの技術は必要ない。そういうレンズというか筒を作るのである。作ると言っても高度な技術は必要なく、今日も明日も日曜日だ、という人ならば作れてしまう。007になれるか否かの分岐点は暇人かどうかである。私はその資格を有している。だからこそジェームズ・ボンドになれたのだ。
007筒
007筒
これをカメラのレンズに装着すると
これをカメラのレンズに装着すると
007である
007である
10メートルくらい離れて初孫を見るような優しい目で見ると高級な望遠レンズのように見えるが実際は紙である。紙でできた筒。そのため持ち運びも楽で、これを持っていれば誰でも007のようになってしまう。
猫もジェームズ・ボンド
猫もジェームズ・ボンド

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓