フェティッシュの火曜日 2013年5月21日
 

ニュー民芸品としてのスノードーム作り

ニュー民芸スノードーム
ニュー民芸スノードーム
自宅から徒歩数分の神社で毎週のように骨董市をやっており、探せばたまに古い文房具の珍品やなんかも見つかったりする。
最近お気に入りなのは、骨董屋さんが油断して店の端っこに置いてるようなどうでもいい民芸品をざらっと買う遊びだ。
ただ、このどうでもいい民芸品、買ったは良いが使い道がないのだ。これに何らかの手を加えて、ニュー民芸品へとリメイクできないだろうか。
1973年京都生まれ。色物文具愛好家、文具ライター。小学生の頃、勉強も運動も見た目も普通の人間がクラスでちやほやされるにはどうすれば良いかを考え抜いた結果「面白い文具を自慢する」という結論に辿り着き、そのまま今に至る。
> 個人サイト イロブン Twitter:tech_k

富岡八幡の骨董市

江東区門前仲町の富岡八幡宮では、基本的に毎月第1・第2・第4・第5日曜日に骨董市を開催している。
地下鉄門前仲町駅から徒歩1分の駅近神社。
地下鉄門前仲町駅から徒歩1分の駅近神社。
ここは江戸三大祭りのひとつ 深川八幡祭を行っていたり、江戸勧進相撲発祥の地だったり、伊能図でお馴染み伊能忠敬の銅像が建っていたりと諸々情報量の多い神社なのだが、さらにこの定期的な骨董市でも有名なのだ。
キングオブ骨董、鎧甲冑の屋台。
キングオブ骨董、鎧甲冑の屋台。
毎回境内全体に100軒以上の骨董店が出店している。陶器や古着物、古カメラ、古レコードに古貯金箱など、およそ古いとつくものなら大概のものは置いているのではないかという賑わいっぷりだ。
古い陶器にまぎれて古カメ剥製も。
古い陶器にまぎれて古カメ剥製も。
古仏像に古鈴。
古仏像に古鈴。
古感謝状も売ってる。明治三十七八年戦役(日露戦争)の時のもの。
古感謝状も売ってる。明治三十七八年戦役(日露戦争)の時のもの。
古小物。古羽子板に古崎陽軒の醤油差しなど。
古小物。古羽子板に古崎陽軒の醤油差しなど。
古ジュエリーは地べたで売っている。
古ジュエリーは地べたで売っている。
ちなみに地面で売られている古ジュエリーは、秋口になると上から降りかかる落葉に埋もれてしまうこともある。買う側が落葉を掘り返して宝石を探すというのは、なかなかの宝探しイベントだろう。

油断民芸品の探し方

さて、これまでの写真に写っている骨董は、基本的にお店の人がちゃんと値段をつけて売っている、ちゃんとした(という言い方もおかしいが)売り物である。
それに対して、今から見ていただくものが今回の目標である油断民芸品だ。

どこから流れてくるのか、お土産物の安価な民芸品というのが骨董店の軒先に並ぶことがよくある。だいたい作りも粗く価値も低いので、売る側もかなり油断して売っている。
写真右下の一群が油断のかたまり。
写真右下の一群が油断のかたまり。
木箱と共に展示している高価な皿と、段ボールの土鈴どれでも200円。
木箱と共に展示している高価な皿と、段ボールの土鈴どれでも200円。
よくあるパターンとしては、こんな感じで売り台の隅っこの方に固めて置いてあったり、段ボール箱にまとめてつっこんであったりで、価格もおよそひとからげに100円200円程度と程良く油断している。
一段下がったカゴに油断の群れ。
一段下がったカゴに油断の群れ。
まさかと思う油断っぷりだが、もちろん売り物。
まさかと思う油断っぷりだが、もちろん売り物。
油断民芸の皿盛り。
油断民芸の皿盛り。
缶箱もだいたい油断している。
缶箱もだいたい油断している。
ただ、気をつけなければいけない「フェイク油断」もある。
油断してるなと思って気軽に手にとって値段を聞いて、そのまま超ゆっくりと元の位置に戻す、アレだ。
地べたで段ボールだが、キューピーはコレクターがいるので値段も高い。
地べたで段ボールだが、キューピーはコレクターがいるので値段も高い。
よく見たら箱じゃなくて船なので、油断してない。
よく見たら箱じゃなくて船なので、油断してない。
で、きちんと油断しているものだけをよりすぐって集めてきたのが、この民芸品群だ。
一目見ただけで「ああ油断しているな」というのがはっきり伝わる、油断のエリートたちである。
この日の収穫。油断民芸品12点で2,000円だった。
この日の収穫。油断民芸品12点で2,000円だった。
じゃあこの油断民芸品を新たなニュー民芸に生まれ変わらせてやろう。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓