チャレンジの日曜日 2013年5月26日
 

これこそカレーライスパンだ!

これが真のカレーライスパンです。
これが真のカレーライスパンです。
パンの中にカレーペーストの入ったカレーパン。おいしいですね。

しかし、カレーとライスが1つのパンに入ったカレーライスパンというのは見かけることはありません。カレーライスは美味しいので、パンにそのまま入れてもおいしいのではないでしょうか?

どうやら、同じような事を考える人は沢山いて「カレーライスパン」で検索すると沢山のレシピが出てきます。しかし、どれもイマイチ納得がいかないレシピばかりなのです。
1972年生まれ。体力系、料理系の記事を多く書いています。ライター以外に日本酒と発酵食品をメインにした飲み屋も経営しています。利き酒師で、元機械設計屋で元プロボクサー。ウルトラマラソン走ります。米の飯と日本酒が有れば大体なんとかなります。
> 個人サイト 酒と醸し料理 BY 個人ページ「走れば大体大丈夫!」

それはドライカレーパンやカレーライスミックスパンだ

検索して出てくるカレーライスパンの典型的な物は、硬めに作ったカレールーの中にライスを混ぜてパン生地に入れて揚げる、または焼いたものです。
こちらはその時同時に作ったチキンライスパン。鮭チャーハンパンも作る。非常に美味いので是非作って頂きたい。
こちらはその時同時に作ったチキンライスパン。鮭チャーハンパンも作る。非常に美味いので是非作って頂きたい。
しかし、それではカレーライスというよりもドライカレー。またはライス入りカレーでしょうか。何かが違います。
特開平11-243848、発明名称「カレーライスパン」。そういうタイプの特許出願もあります。しかし、これは私の中のカレーライスのイメージと違う。
特開平11-243848、発明名称「カレーライスパン」。そういうタイプの特許出願もあります。しかし、これは私の中のカレーライスのイメージと違う。
他にも出ているカレーライスパンのレシピは、生地にカレーやライスを練り込む物。または生地に米粉を使った物などがあります。これではカレーライスミックスパンです。または米粉カレーパン。

違います。そうじゃないのです。カレーライスといえばこうではないでしょうか。
カレーとライスのセパレート。こちらの記事より。
カレーとライスのセパレート。こちらの記事より。
カレーとライスが分かれた状態。この状態こそがカレーライスではないでしょうか。

もちろん、食べる時に全体を混ぜてしまう人もいますし、最初からライス全体にカレーをかけてしまう店もあります。それは十分承知の上。

しかし、私の中ではカレーと言えばこのように分かれていて、カレーをライスと少しずつ合わせながら食べる物なのです。混ざっていては何かが違う。

ということで作ります

このモヤモヤとした気持ちを解消すべく、自分の中でイメージする真のカレーライスパンを作ってみたいと思います。
普通にビーフカレーです。
普通にビーフカレーです。
まずはカレーの部分を作ります。材料は牛肉、ニンジン、ジャガイモ、タマネギとカレールー。普通にカレーです。
炒めて、水入れて煮て、アクをとったらルーを入れる。水は少な目。
炒めて、水入れて煮て、アクをとったらルーを入れる。水は少な目。
作り方は水を少な目にして固めに作る以外、通常のカレーの作り方で大丈夫です。
このままライスと一緒に盛って出せば普通にカレーライス。しかし、カレーライスパンだからこれで終らない。
このままライスと一緒に盛って出せば普通にカレーライス。しかし、カレーライスパンだからこれで終らない。
続いて出来たカレーと炊いたご飯をパン生地の中に入れていきます。
冷凍パン生地は便利。
冷凍パン生地は便利。
今回はパン生地を作るのが面倒なので、冷凍パン生地を使用しました。
常温で解凍。形を作って二次発酵させて焼くだけ。簡単。
常温で解凍。形を作って二次発酵させて焼くだけ。簡単。
冷凍パン生地は常温で40から50分ほど解凍した後、中身を入れて形成したら二次発酵させて焼くだけ。簡単にパンが焼けます。

これを使って、カレーとライスを入れてカレーライスパンの形にしていきます。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓