ひらめきの月曜日 2013年5月27日
 

ガラスケースの中のパンが、うまそう

ガラス越しでハンサムになるパンたち
ガラス越しでハンサムになるパンたち
おやつや食事用に買うパンを迷うときが楽しい。工夫を凝らしたパンが並ぶ中から、今日はどれにしようか真剣にチョイスする。

トレーに自分でパンを乗せて買うのが現在では主流だが、中にはガラスケースの向こうにあるパンを選んで、店員さんに取ってもらうタイプの店もある。

そのガラスケースの中のパン、妙にうまそうに見えませんか。そういう話です。
1973年東京生まれ。今は埼玉県暮らし。写真は勝手にキャベツ太郎になったときのもので、こういう髪型というわけではなく、脳がむき出しになってるわけでもありません。→「俺がキャベツ太郎だ!」
> 個人サイト テーマパーク4096 小さく息切れ

早朝という時間もプラス要素に

ガラスケースの中にパンが並んでいる店探し。まずやってきたのは、渋谷区にある文明軒というお店だ。
歴史を感じさせる店構え
歴史を感じさせる店構え
あるある、ガラスケース
あるある、ガラスケース
パン屋さんは得てして開店時間が早いものだが、この店は輪をかけて早く午前4時。人気店のようで、午前中の早い時間にはあらかたパンが売れてしまうらしい。

自宅から始発に乗って出かけて、6時過ぎに着いた。それでも客が途切れることなく続いている。
「うまそう」を超えて、かっこいい
「うまそう」を超えて、かっこいい
それでも、始発のおかげでまだたくさんあってほっとする。そして、期待通りのうまそう度。

にじみ出てくるのは、「うまそう」という言葉のさらに上を行くもの。食べ物に対しての言葉としてふさわしくないとも思うのだが、かっこいいのだ。
濃いめの焼き加減がそそる
濃いめの焼き加減がそそる
パカパカと上を向いてかわいい
パカパカと上を向いてかわいい
さあ、選ぼう。パンと向き合い、今自分が食べたいのはどれかを考える。ジリジリした気持ちになる。

セルフトレー式の店ではじっくり選べるのに対して、ガラスケースの店では焦りが湧いてくる。お店の人がこちらの注文を待っているからだ。

あんまり待たせちゃ悪いな。でも真剣に選びたいんだ。その葛藤がそれぞれのパンをさらに魅力的に見せる。
大きな口のようにも見える
大きな口のようにも見える
葛藤の末に選んだのはタマゴパン。外国風の店ならエッグなんとかと言いそうなところを、タマゴパン。シンプルさがいい。

食べてみる。食べたことのある味。そして、食べたことのある味の中で、一番うまいような気がする味。

早朝、途切れない客、濃い焼き色、そしてガラスケース。パンそのものの味に加えて、それを演出する役者が揃っているのだ。

息づかいを感じさせるビニール袋

続いては荒川区の三陽屋というお店。これで「みはるや」と読むのは、軒でもふりがなを振ってくれている。
オレンジ系の色遣いがパンの色とリンク
オレンジ系の色遣いがパンの色とリンク
店名の下には「コッペパンの店」とある。単品特化系の主張に、否が応でもおいしさへの期待が高まっていく。
それぞれのパンが「私を見て!」と訴えてくる
それぞれのパンが「私を見て!」と訴えてくる
ケース左上のひび割れは実際に割れているわけではなく、そう見えるシール。こういういたずらシール、子供の頃にあったなあ。そのままにしてあるのがケース上の招き猫と合わせて、心憎い演出にも見える。

そして、中に挟まっているものをアピールするかのように並ぶコッペパンたち。「ここから出して!」と言っているようでもある。
「ハア、ハア…」
「ハア、ハア…」
「お願い、苦しいの!」
「お願い、苦しいの!」
ビニール袋に入っているゆえ、水蒸気で曇っているのがなまめかしい。早く何とかしてやらないと。普段食べ物を選ぶときとは違う焦りが生まれる。

どれもこれも無言で訴えてくるようで、この中から一つだけ選ぶのには軽く罪の意識も覚える。それを振り切って、最も息苦しそうに見えたベーコンエッグを買ってみよう。
解放されて本領発揮
解放されて本領発揮
近くの公園で袋を開けてみる。急にいきいきとし始めるベーコンエッグ。水蒸気のベールに隠れていた本体は、こんなに男前だったのだ。
躍動するベーコン
躍動するベーコン
そして約束のエッグ
そして約束のエッグ
ベーコンの波打つ様子が荒々しい。予期せぬワイルドを、かぶりつくと姿を現すタマゴペーストの優しさがなだめる。誰にも文句を言わせないコンビネーションがそこにある。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓