フェティッシュの火曜日 2013年5月28日
 

世界一大きなタコ、「ミズダコ」を求めて

捕らえられた宇宙人、みたいな
捕らえられた宇宙人、みたいな
世界一巨大なイカと言えばダイオウイカだ。深海の生き物なので身近とは言えない存在だが近頃は特に頻繁にメディアで取り上げられていることもあり、誰もがよく知っている。
一方で世界一巨大なタコはそこまで有名ではない。日本近海にいて、魚屋にも並んでいるのに。どんなものか見に行った。ついでに食べた。
1985年生まれ。生物を五感で楽しむことが生きがい。好きな芸能人は城島茂。
> 個人サイト Monsters Pro Shop

2年間焦らされて秋田へ!

調べてみると世界一の巨大タコは「ミズダコ」という名で、日本国内では北陸から北海道まで寒い海なら案外どこにでもいるらしい。だが特に秋田県・秋田港にはミズダコが春先の繁殖シーズンに大挙して集まるため、国内屈指の巨大タコスポットになっていると聞いた。
秋田駅前に停まっているバスには釣りキチ三平くん
秋田駅前に停まっているバスには釣りキチ三平くん
秋田は有名な「釣りキチ三平」の作者である矢口高雄さんの出身地であり、駅に降り立つとあちこちで三平くんが推されている。というわけで(ってこともないが)今回はミズダコを釣りで捕獲する。まだ冷たくて潜るわけにもいかない東北の海で漁師でもない一般人がタコを捕まえるには釣り上げるしかないのだ。
※タコ類は漁業権の関係で地域によって捕獲が厳しく禁じられている場合もあるので十分に気ぃつけてけれっす(秋田弁)!
この日は4月も半ばだったが、秋田市内にはまだちらほら雪の名残が
この日は4月も半ばだったが、秋田市内にはまだちらほら雪の名残が
ところで、秋田でミズダコが釣れるという情報を得たのは2011年の4月だった。もうその年のシーズンは終わりつつあり、予定を組むことができずに翌年に機会を持ち越した。
翌2012年は勇んで釣り船を手配したものの悪天候が重なり一度も出船できず。2013年、今年こそはと3月から何度も時間を作っては秋田行きの準備をするも、海の状況が合わずことごとく中止に。何度も何度も船長と電話越しのやり取りをしたので、一度もお会いしないうちにだいぶ親しくなってしまった。
市内散策中に「だるま納処」なるものを発見。雨ざらしなので遠目にはゴミステーションに見えたが、中にはみっちりダルマさん。
市内散策中に「だるま納処」なるものを発見。雨ざらしなので遠目にはゴミステーションに見えたが、中にはみっちりダルマさん。
度重なる延期で脳が具体的な計算を拒否するほどにキャンセルした交通機関のチケット代がかさんできた頃、ようやく出船できる運びとなった。もうタコの繁殖も終盤を迎える頃である。ギリギリセーフだ。
しかし、今年はシーズンを通して著しくミズダコが不漁で、地元の釣り人たちもお通夜ムードだという。来年に繰り越してみては?との案も出たが、イチかバチかとにかく行ってみることにした。焦らされすぎてもう我慢ができなかったのだ。
秋田で(日本で?)唯一ミズダコを釣らせてくれる釣り船「ROKUZOU(←編集者様、http://sea.ap.teacup.com/rokuzou/へリンクをお願いいたします)」さんにお世話になった。
秋田で(日本で?)唯一ミズダコを釣らせてくれる釣り船「ROKUZOU」さんにお世話になった。
タコというのはかなり水の変化にシビアで、特に真水を神経質に嫌う。そのため雨の直後や、雪解け水が海に流れ込んでいる時は目に見えて釣れなくなるという。
ちなみに出船の前日には雨が降り、春の陽気で雪解けも始まっており船長曰く「正直かなり厳しい状況」だそうだ。
堤防の周りでタコを求める
堤防の周りでタコを求める
船から釣るというとずいぶん沖へ出てしまう印象だが、この時期のミズダコは堤防にくっついているので、岸壁沿いにめぼしいポイントを流していく。
何時間も壁スレスレに船を寄せていながら、波で煽られても一度も船をぶつけないのが地味にすごいと思った。
陸からでも釣れるらしい
陸からでも釣れるらしい
堤防上にはタコを狙う地元の釣り人の姿が。この日は10人ほどだったが、海況が良い日は堤防が釣り人であふれかえるという。堤防上からの釣りは安上がりで手軽だが、効率はやや落ちるため、僕のように時間とチャンスが少ない人は船に乗った方がよさそうだ。

エサは…ザク!?

タコを釣るのは初めてだったのだが、使う道具の豪快さに驚いた。
エサのサンマは丸ごと釣り鈎に縛り付ける
エサのサンマは丸ごと釣り鈎に縛り付ける
釘かというほど太い釣り鈎
釘かというほど太い釣り鈎
遠くのタコにも気づいてもらえるようエサはできるだけ目立つようにし、仕掛けは巨大なタコが釣れても壊れないよう頑丈に作るそうだ。釣り鈎を鉄鋼所に特注する人までいるらしい。そんなに大きいのが釣れるのか。期待が高まる。
釣り具屋さんにはカニの疑似餌が並ぶ。本物のサンマより何倍も高い。
釣り具屋さんにはカニの疑似餌が並ぶ。本物のサンマより何倍も高い。
サンマの代わりにプラスチック製のカニを使う人もいるそうだ(カニはタコの大好物)。
さすがにこんなおもちゃみたいなカニより生のサンマの方が釣れるだろうと思ったが、船長曰く「どっちでも同じくらい釣れますね」とのこと。ええー。
なんでもタコは目が良いので、主に視覚に頼ってエサを探すらしい。好奇心も強いので何か「エサかもしれない物体」を見つけるととりあえず駆け寄って捕まえてみる習性があるそうだ。うーむ、目は良くても頭はそこまで良くないらしい。タコは賢い動物だと聞いていたのだが。
大量の釣り鈎を装備したザクが登場
大量の釣り鈎を装備したザクが登場
「こんなのでも釣れますよ」と船長が取り出したのはなんとプラモデル。
ガンダムをよく知らない僕でもこれはわかる。ザクだろう。
そのままでは水に浮いてしまうので、背中は浸水させるため穴だらけ。
そのままでは水に浮いてしまうので、背中は浸水させるため穴だらけ。
シャア専用を使用したのはたぶんタコが赤いものに敏感に反応するからだろう。だが
話を聞くと別に赤くないアニメキャラのフィギュアでもミズダコはバッチリ釣れたという。要するに水中で目立って動けば何でもいいのだ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓