はっけんの水曜日 2013年5月29日
 

谷間に目覚めました

谷間、いいよね
谷間、いいよね
すばらしい谷間を見つけてしまった。

こんなステキな谷間を目にすると、もう視線は釘付け。その奥がどんなふうになっているのか、どうしても見たくなってしまう。

これまでも谷間に興味はあった。だけど、じっくり眺めたりできる機会はほとんどなかった。そこで今回は、思うぞんぶん谷間を堪能しようと思った。
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。 個人サイト:ダムサイト

谷間が気になってしょうがない

以前から、郊外の丘陵地を車で走っているときなどに、山あいに伸びる小さな谷間の中に畑や田んぼが連なっている光景を見かけることがあった。その小さな畑や田んぼは、谷間の傾斜に合わせて奥の方から段々になっている。
田んぼが続くこの谷間の奥はどうなっているのか
田んぼが続くこの谷間の奥はどうなっているのか
遠くから眺めて、そんな場所はなんとも神秘的な気がして、あそこに行ってみたい、あの奥はどうなっているんだろうと思っていた。見えない場所ほど気になる。ドラクエなどで、高い山に囲まれて行けない場所に何かありそうな気がするのと同じである。

そんな、丘陵地にある小さな谷間のことを、谷戸(やと)、谷津(やつ)、谷地(やち)などと呼ぶらしい。スカイツリーとかヒカリエの対極にある、恐ろしいほど地味な単語である。

特に東京と神奈川にまたがる多摩地区には多くの谷戸があると知って、どんなところか出かけてみた。

谷戸を目指して

まずやってきたのは神奈川県川崎市、小田急多摩線はるひ野駅近くにある谷間。ここが僕の見たい谷戸かどうかは分からないけど、グーグルマップで見たときにこれだと直感した。

より大きな地図で いい谷戸 を表示
谷間に沿って田んぼが並ぶ、マイ・ファースト谷戸
天気もよくのどかな光景。「はるひ野」ってきっとここのことだ
天気もよくのどかな光景。「はるひ野」ってきっとここのことだ
上の写真、先の方を眺めると谷間が狭くなっている。ここはきっと谷戸だ!

きっと谷戸だ!なんて興奮がどのくらいの読者に伝わるか分からないけど、お構いなしに先に向かって歩き出す。
意図して市街地化を避けている地域らしい
意図して市街地化を避けている地域らしい
川というか用水路みたいなのが流れていた
川というか用水路みたいなのが流れていた

谷戸を歩く

ここまでの写真、ほとんど道路と田んぼしか写ってない同じアングルのものばかりだけど、先に白状してしまうと、このあともほとんど同じです。

が!なんとも言えずステキな景色なのでぜひ見ていただきたい。実際、この日はじめて谷戸散歩した僕は楽しくてこのあと続けて3ヶ所も谷戸をめぐってしまった。

上流に向かってずんずん歩いて行くと、両側の丘陵が徐々に迫ってきて、谷幅が狭くなってきた。
お!急に狭くなった!
お!急に狭くなった!
カーブしながら奥に続いている谷間に「いいね!」と言っています
カーブしながら奥に続いている谷間に「いいね!」と言っています
道はほとんど気づかないくらいなだらかに登り、横の田んぼも1枚ずつわずかに段になっている。

両側の尾根に茂っている木々の中ではいろんな鳥が鳴き声を上げていた。

まさか40歳を前にこういう散歩が楽しくなるとは思わなかった。
さらに狭くなってきた!
さらに狭くなってきた!
どうやらこの先で行き止まりのようだ
どうやらこの先で行き止まりのようだ
終点の先で斜面が急になっている
終点の先で斜面が急になっている
谷幅がさらに細くなってきたところで、カーブを抜けるとその先で道が途切れていた。

なだらかだった傾斜も急になって、ここから先は農地として使えないのだろう。

道が途切れた先にも行ってみたかったのだけど、私有地っぽいので引き返してきた。でも謎に包まれた(誰も包んでないけど)谷間の奥を覗き見るのは楽しいと思った。

その後、尾根を一本挟んだ隣の谷間にも行ってみた。

ほかの谷間も見たい!

初めて谷戸を歩いてみたら楽しかった。じゃあほかの谷戸も見てみたい、と思って隣の谷間に来てみた。

より大きな地図で いい谷戸 を表示
ダムで言えば滝沢ダムに対する二瀬ダムの位置
尾根を乗り越えて隣の谷に降りた
尾根を乗り越えて隣の谷に降りた
さっきとは違う場所です念のため
さっきとは違う場所です念のため
こちらはさっきの谷間より幅が広く、端には川が流れていた。きっとこの川が長い年月をかけてこの谷を造り出し、その地形と水を使って人が農地に変えたんだと思う。
この谷を造った川もいまでは人の支配下
この谷を造った川もいまでは人の支配下
水門の跡があった
水門の跡があった
谷が合流しているところでは川も合流していた
谷が合流しているところでは川も合流していた
川から農業用水を取り入れている場所だ!
川から農業用水を取り入れている場所だ!
ちょろちょろと水が流れている川は、途中に水門の跡があったり、横から谷間が合流してくるところでは同じような小さな川が合流してきたり、農業用水を取り入れる分岐があったり、見どころが多かった。やっぱりこういう河川構造物は小さくても惹きつけられる。

その後上流に歩いて行くと、あっさり道は途切れてしまった。先の方に三方を斜面に囲まれた、この谷の始まりの部分が見えるけど、そこまで行くには誰かの畑の中のあぜ道を通らなければならないようだ。
とつぜん道が途切れた
とつぜん道が途切れた
うーん、谷間のいちばん奥まで行ってみたいなあ。

そこで、次にここから少し離れた、東京都町田市にある谷戸に行ってみた。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓