ちしきの金曜日 2013年5月31日
 

奈良の豆腐屋さんの試食が凄い

電動アシスト付き自転車すごい

一軒目のお豆腐屋さんを堪能して二件目へ向かう。一軒目も二件目も駅から結構距離がある。そして豆腐屋さん間の距離は約10キロ。ならば自転車を借りて、往復した方が早いのではないかと自転車を借りた。
一時の相棒
一時の相棒
普通のママチャリが一日500円、電動アシスト付き自転車が一日1000円で自転車に一日1000円はなぁ…。と思ったが、乗ったことがないので乗ったみたいと思って電動アシスト付き自転車にしてみたが衝撃を受けた。
大発明だ。
大発明だ。
なんと、チリンチリンがハンドルと一体化しているのである。アクセル吹かすふりして口でブルンブルンとかいうバイクごっこっもこれがあればごくナチュラルにチリンチリンである。

Google山越えマップ

玉子の自動販売機あったから買ってみたかったけど反応しなかった。
玉子の自動販売機あったから買ってみたかったけど反応しなかった。
Googleマップを頼りに次のお豆腐屋さんへ向かう。途中、玉子の自販機を発見して買ってみたかったけど反応がなく買えずに残念だった。
嫌な予感のする道。
嫌な予感のする道。
色々な物に気を取られながらもGoogleさんの言うとおりに進む。が、なんだか嫌な予感がしてくる。
やはり山越え。
やはり山越え。
登山のルート見て、ここ最短距離だぜ!って行ったら断崖絶壁だった。みたいなことのゆるいバージョンがGoogleマップの指示に従い過ぎるとちょくちょく起こる。ルートは教えてくれても状況は教えてくれない。Googleマップも道具なのだから使う人次第なのだ。

電動アシスト付き自転車はお父さん

毎回こういう状況になると(ちょくちょくなる)テンションも下がってとぼとぼと歩くのだが、今回は違う。電動アシスト付き自転車がついている!
超えたな…。あぁ…。
超えたな…。あぁ…。
電動アシスト付き自転車、凄い。チリンチリンがハンドルと一体化しているだけでなく、坂を登るのが楽。
玉子の自販機をまた発見。
玉子の自販機をまた発見。
買おうとしたけど、500円玉しか持ってなくて買えなかった
買おうとしたけど、500円玉しか持ってなくて買えなかった
興味本位で電動自転車にしたけどよかった。本当によかった。電動自転車でも坂を登るときはある程度疲れるのだが、ずっと自転車を押してもらっているような安心感。心強さがある。
玉子は入ってるのに!
玉子は入ってるのに!
自動で動く車などとは違い電動自転車は漕いだ力をアシストする。自転車を押すのではなく背中を押されている感覚。これ、あれだ、初めて自転車乗るときに後ろでお父さんに押してもらってるやつだ。

形状や乗ってる人のイメージから電動自転車はおばちゃんだと思っていたが、意外にも電動自転車はお父さんだった。何事も体験してみないとわからない。
点滅のせいで分かりづらいが、電池が残り70%。
点滅のせいで分かりづらいが、電池が残り70%。
お父さんとの協力で今までになく頑張って坂を登っているが、手元を見て驚いた。片道の半分も来ていないのに電池が残り70%。

えっ、こんなに減るの早いの!?心境は完全に「お父さん手ぇ離さんといてよ、絶対やで!絶対離さんといてよ!!」だ。
また玉子の自販機見つけたけど、こちらは販売自体してなかった。
また玉子の自販機見つけたけど、こちらは販売自体してなかった。
この展開はどう考えても「絶対離さんって言うたやーん!!」ってコケて泣くパターン(途中で電池切れるパターン)だが、そうなったら電動自転車はただの重い自転車なのでシャレにならない。

今は完全にスマートフォンと電動自転車が頼り。僕は今、電気で動いているのだ。なんとか節約運転で乗り切りたい。

豆腐屋さんの店構えが凄い

田舎
田舎
電池に加えて自転車の返却期限が16時までなので寄り道したい所があっても泣く泣く通り過ぎる。
平地が見えたぞ!関係ないけど、この写真すっごい平衡感覚崩れませんか?
平地が見えたぞ!関係ないけど、この写真すっごい平衡感覚崩れませんか?
電池が残り60%位になった所で平地が見えた。くだりでは電池を消費しないし、目的地はもうすぐだ。
あっ、多分ここだ。
あっ、多分ここだ。
えっ、こんな所に?
えっ、こんな所に?
坂を下りきる前くらいに豆腐屋さんの看板を見つけた。ここだろうと看板に従って行くとどんどん狭い道に入っていく。本当にここでいいのかと思ったら。
秘密基地?
秘密基地?
ここだっ!えっ、ここか!?

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓