コラボ企画 2013年6月10日
 

等身大トントン相撲で遊ぼう

久しぶりにトントン相撲をやりました。本物の土俵で
久しぶりにトントン相撲をやりました。本物の土俵で
子どものころ「トントン相撲」が好きだった。紙製の力士を小さな土俵に置き、指でトントンはじいて雌雄を決するシンプルな遊びだ。4つ上の兄とともにハマっていたが、紙とハサミがあればすぐできるコストパフォーマンスの高い遊びにハマってくれて、うちの両親的にも大助かりだったに違いない。

しかし、遊びが多様化した現代の子どもが紙相撲で遊ぶ機会はあまりないかもしれない。いまここに、昭和の遊びを復活させ、その魅力を伝えたい。
1980年生まれ埼玉育ち。東京の「やじろべえ」という会社で編集者、ライターをしています。ニューヨーク出身という冗談みたいな経歴の持ち主ですが、英語は全く話せません。

前の記事:「集まれ最強のおかずたち「コンビニ弁当」マイベスト 」
人気記事:「食用ミドリムシの旨さにおののく」

> 個人サイト Twitter (@noriyukienami)

トントン相撲で角界復興を

「若者の相撲離れ」が叫ばれる昨今だが、僕が子どもの頃は相撲人気はかなり高かったと記憶している。兄は千代の富士、ぼくは小錦が好きで、それぞれのアイドル力士に見立てた紙相撲でよく遊んだものだ。
あの頃の角界には華があったよね
あの頃の角界には華があったよね
その後はミニ四駆に興味が移ったが、アバンテJr.をチューンナップしつつも角界の動向は常に気にかけていた。特に昨今の相撲人気の凋落ぶりには心を痛めている。

紙相撲の楽しさを伝えることで、相撲人気回復の一助になれば嬉しい。
そーれトントントントントントン
そーれトントントントントントン
わーい!
わーい!

楽しいけど写真が地味だ

じっさいの現場は写真の10倍楽しいのだが、いかんせん見た目が地味なのでそれが伝わっているか不安だ。もう少しインパクトがほしい。

でかくしよう

「困った時はでかくしろ」はデイリーポータルZに脈々と受け継がれる伝統。そうだ、せっかくなら世界最大級の紙相撲を作ってやろう。

さっそく素材を探しに、当サイト心の友「東急ハンズ」にやってきた。
素材を物色
素材を物色
素材はダンボール板に決定。人ひとりすっぽり隠れるサイズ
素材はダンボール板に決定。人ひとりすっぽり隠れるサイズ

工作力はないが気持ちでカバー

ところで、この記事は東急ハンズとのコラボ記事なのだが、名だたる工作マスターが居並ぶ当サイトにおいて僕の腕前はダントツの最下位であることを最初に告白しておく。

そんな僕にまさか工作系コラボ記事のお鉢が回ってくるとは思わなかったが、紙相撲への思いでなんとか実力不足をカバーしたい。
買ったダンボール板をラッピングしてもらう
買ったダンボール板をラッピングしてもらう
購入したダンボール板は持ち運びしやすいよう店員さんがラッピングしてくれる。その鮮やかな手さばきは一見の価値ありだ。巨大なマグロを解体する寿司職人のように、熟練の技でテキパキとダンボールを包んでいく。
持ち手もつけてくれる嬉しい心配り
持ち手もつけてくれる嬉しい心配り
「持ちやすい!」と喜ぶ編集部・安藤氏
「持ちやすい!」と喜ぶ編集部・安藤氏
「あのでかいダンボールがこんなに持ちやすくなるとは…」と同行の安藤さんも感動しきりだ。あまりに感動していたので安藤さんにそのまま作業スペースまで運んでもらうことにした。おかげで工作に使う体力を温存できる。ありがとう東急ハンズ。
自動改札も通れた
自動改札も通れた
山手線にぬりかべが出現
山手線にぬりかべが出現
そんなこんなで渋谷ヒカリエの編集部に戻ってきた。さっそく巨大紙相撲の制作に入ろう。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓