フェティッシュの火曜日 2013年6月4日
 

“プレーンお好み焼き”が持つ無限大の可能性

小麦粉と水が織り成す、無限の可能性を括目せよ
小麦粉と水が織り成す、無限の可能性を括目せよ
「プレーンお好み焼き」というものがある。一切の具材を入れず、小麦粉を水で練って焼いただけの極めてシンプルなお好み焼きだ。

それはもはやお好み焼きではないという意見があるかもしれないが、お好み焼きとは好みの具材を使うからお好み焼きと言うのだろう。具材を入れないのもまたお好みである。

お金が無い時や、あるいはてっとり早くお腹いっぱいになりたい時に便利。プレーンお好み焼きは、そんな素敵な食べ物なのだ。
1981年神奈川生まれ。テケテケな文化財ライター。古いモノを漁るべく、各地を奔走中。常になんとかなるさと思いながら生きてるが、実際なんとかなってしまっているのがタチ悪い。2011年には30歳の節目として歩き遍路をやりました。2012年には31歳の節目としてサンティアゴ巡礼をやりました。

前の記事:「今の子どもは秘密基地をどこに作るのか」
人気記事:「命がけの紅葉狩り〜黒部峡谷下ノ廊下を歩いた」

> 個人サイト 閑古鳥旅行社 Twitter

安くて腹もちが良い、プレーンお好み焼き

プレーンお好み焼きの持つ最大のメリットといえば、やはり安く済むという事だ。

普通のお好み焼きは、肉やら野菜やらをあれこれ買ってくる必要があるので、意外とお金がかかるものである。しかしプレーンお好み焼きならば、小麦粉だけを用意すれば良い。

小麦粉は1kgで200円ぐらい。1kgあれば10枚は焼けるので、一枚あたりの費用は20円だ。薄く焼く場合は10円である。
小麦粉を計ったりはしない。自分で食べられると思う量を使う
小麦粉を計ったりはしない。自分で食べられると思う量を使う
水も計量はしない。良い感じと思う量を入れる
水も計量はしない。良い感じと思う量を入れる
料理と言えば材料の計量が鉄則だが、プレーンお好み焼きの場合にはむしろ計らない方が良い。

いつも同じ焼き上がりだと、飽きてしまうのだ。時には固かったり、時にはゆるかったりと、その時々によって出来上がりの差異を楽しむべきである。
良く混ぜる。多少ダマになっても気にしない
良く混ぜる。多少ダマになっても気にしない
あとはフライパンで焼くのみ。片面3分、生焼けには注意しよう
あとはフライパンで焼くのみ。片面3分、生焼けには注意しよう
はい、あっという間にできあがり
はい、あっという間にできあがり
小麦粉を練って焼くだけなので、下準備なども不要である。調理時間は10分足らず。お腹が空いたらすぐに作る事ができる。

しかしこれだけだと、さすがに味もへったくれもなく、食べる事は困難である。お好み焼きとしての体裁を成す為にも、ここはソースが不可欠だ。
ソースを塗りたくって食べよう
ソースを塗りたくって食べよう
ほら、立派なお好み焼き
ほら、立派なお好み焼き
ソースを含めても、まぁ、一枚30円は上らないだろう。驚くほどに腹もちも良く、一枚食べればしばらくは何も口にしたくなくなる。そのような点でもリーズナブルだ。

しかも、具材が一切皆無という極限的なシンプルさ故に、どのような味付けでも調和するのが嬉しい。ソース味に飽きたら、別のものを塗れば良いのである。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓