ひらめきの月曜日 2013年6月10日
 

線路を歩ける橋、赤川鉄橋をくぐる、渡る

!
大阪の淀川に、赤川鉄橋と呼ばれる橋がある。
これが、片側が貨物列車の線路、片側が歩道というなんとも珍しい橋なのだそうだ。
今年秋頃までで歩道部分の運用が終わってしまうということで、くぐったり渡ったりしに行ってきた。
1984年うまれ、石川県金沢市出身。邪道と言われることの多い人生です。東京とエスカレーターと高架橋脚を愛しています。
> 個人サイト 東京エスカレーター 高架橋脚ファンクラブ

大川から船で目指す

赤川鉄橋は、全国的にもかなり有名な橋で、ドラマのロケ地になったことなんかもあるらしい。複線の鉄道橋として架けられたが、現在下流川の単線しか利用されていないため、上流側を大阪市が借り受け、歩行者専用の「赤川仮橋」として運用している。しかし、ついに複線化の工事が始まるため、この秋までで「赤川仮橋」の運用は終了するのだそうだ。
というわけで、「せっかくだし、船でくぐりに行きましょうか」ということになった。どちらかというと、大阪で船に乗ることになったので、「なんなら赤川鉄橋でも行きましょうか」という順番なのだが、まぁ細かいことはいいだろう。
船に乗るのが好きなのだ。
いつも大阪のクルーズでお世話になっている、御船かもめ(http://www.ofune-camome.net/)さん。年々船上設備がバージョンアップしてものすごく居心地のよい船になってゆく。
いつも大阪のクルーズでお世話になっている、御船かもめさん。年々船上設備がバージョンアップしてものすごく居心地のよい船になってゆく。

より大きな地図で 赤川鉄橋クルーズ を表示
八軒家浜の川の駅を出て、大川を進み、淀川に出て赤川鉄橋まで向かう。
八軒家浜から、西に進むと川は中之島をはさんで堂島川、土佐堀川に分かれ、公会堂などの歴史ある建物や、新しくできたフェスティバルホールみたいな高層ビルが並びたち、ビルの間からは高速道路がにょきにょきとはりめぐらされ…という、大阪ど真ん中定番コースとなるのだが、今回は北進して郊外へ向かう地味コース。
地味とはいえ、大川を渡る橋もなかなか見所が多いぞ。
伏線としての大川を渡る橋。これは新旧隣り合わせに架けられた珍しい橋。新しいほうはあの安藤忠雄氏の設計である。
伏線としての大川を渡る橋。これは新旧隣り合わせに架けられた珍しい橋。新しいほうはあの安藤忠雄氏の設計である。
伏線としての大川を渡る橋その2。大阪環状線の鉄道橋である。
伏線としての大川を渡る橋その2。大阪環状線の鉄道橋である。
スタンダードな複線の鉄道橋。うむ、鉄道橋ってこういうのだよね。
スタンダードな複線の鉄道橋。うむ、鉄道橋ってこういうのだよね。
そしてクルーズは淀川入口へ。
一挙に川幅が広くなるが、巨大な設備が立ちはだかっている。
毛馬排水機場と
毛馬排水機場と
毛馬閘門(けまこうもん)だ。ばばーん。
毛馬閘門(けまこうもん)だ。ばばーん。
閘門は当サイトですっかりおなじみだが、2つの門で水位を調整するタイプの水門である。これがまた楽しいのだけど、今日は本題と関係ないので早送りで。
ごごごご
ごごごご
ざばばー
ざばばー
と門があがって、2つの門の間に閉じ込められる。ここで水位を調整して
と門があがって、2つの門の間に閉じ込められる。ここで水位を調整して
前の門を開けて出る
前の門を開けて出る
門のしずくを受けるためこのようなスタイル
門のしずくを受けるためこのようなスタイル
淀川側には選挙ポスターみたいに名前が書いてあった
淀川側には選挙ポスターみたいに名前が書いてあった
そして閘門を出たところで待っている、淀川大堰。なんだかめちゃめちゃ悪者っぽいやつらが並んでいる。
そして閘門を出たところで待っている、淀川大堰。なんだかめちゃめちゃ悪者っぽいやつらが並んでいる。
「危険」って書いてある。悪そう。
「危険」って書いてある。悪そう。
遠くから見ると、なんとなく梅田の高層ビル群を守っているような感じにも見える。
遠くから見ると、なんとなく梅田の高層ビル群を守っているような感じにも見える。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓