ひらめきの月曜日 2013年6月10日
 

線路を歩ける橋、赤川鉄橋をくぐる、渡る

もっとマニアしかいないかんじの橋かと思ったが、あらゆる年代のひとが頻繁に利用しているようだった。迂回するの大変そう。もし私がこの橋を通学や通勤に利用していたらと思うと、早起きが苦手な者としては震えが走る。30分じゃすまんだろうなぁ…。
市民憩いの橋、という感じである。
市民憩いの橋、という感じである。
この橋、1日数本の貨物列車が走るのだが、特に夕方がオススメと教わってなんとなく16時すぎぐらいからスタンバイしていたら、その教えてくれたご本人も、どこからともなくやってきた。
あ!
あ!
来た!
来た!
短!!
短!!
「そうですよ、16:35ごろの電車は1両編成なんです」
あ、そうなんですか!(ていうかあの時刻表でどうしてそこまでわかるんだろう…)貨物ってながーいイメージだったので、1両のトロッコみたいな電車が爆速で走っていくのはとてもキュートでかわいかった。
そしてさらに待つこと数分。
!
!
!
!
!
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお。

これはおもしろいぞ!

と、「赤川鉄橋」で検索すればいくらでもヒットする光景を観に行ってみたわけだが、実際に木製の欄干ががくんがくん揺れまくるのを体感すると、これはやみつきになりそうである。例の列車通過時刻を教えてくれたご近所の方が「じゃあ、私は次の17:00台のやつを待ちますんで」と言っていたことからしても、まちがいなくやみつきなのだろう。
秋までのチャンスですのでお早めに。
それにしても梅田の風景は変わりましたねぇ
それにしても梅田の風景は変わりましたねぇ

<もどる▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓