はっけんの水曜日 2013年6月12日
 

僕たちが東吾野駅で降りて幻の石塔を見つけるまで

人跡未踏の密林に幻の石塔は実在した!!
人跡未踏の密林に幻の石塔は実在した!!
2013年の春、突然「西武秩父線」というキーワードがニュースになった。

西武鉄道の大株主である外資ファンドが株を買い増しして、もし経営権を握ったら不採算路線として西武秩父線を廃止にするかも知れないというのだ。

それは大変だ!何とかせねば!と思ったのだけど、株も経営の知識も資金も持っていない僕にできることは、沿線に何があるのかを見てくることくらいだった。

というわけで、西武秩父線の各駅で降りて周辺を散策してきた。
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。 個人サイト:ダムサイト

西武秩父線とは

池袋駅から出ている西武池袋線に乗ると、練馬、所沢を過ぎてひとまず飯能駅に着く。路線はここでスイッチバックして、山あいを抜けて終点の西武秩父に至る。

このうち、途中の吾野駅までは昭和初期に開通した西武池袋線(当時の名前は武蔵野鉄道)、吾野駅から終点の西武秩父駅までが西武秩父線で、こちらは昭和44年に開通した。
とは言っても飯能から先は扱いが一緒くたである
とは言っても飯能から先は扱いが一緒くたである
正式には吾野駅を境に路線名が変わるのだけど、飯能駅より先は単線で特急以外はすべて各駅停車だし、営業的には一括りにされている感じがする。

そこで今回は、飯能駅から電車に乗って、ひと駅ずつ途中下車しながら進んで行くことにした。

頼もしい旅の友

ただ、事前にいくら調べても、西武秩父線沿線でおもしろそうな情報を掘り出すことができなかった。そこで人の手を借りようと同行者を募ったところ、当サイトライターで有毒生物などに詳しい伊藤さんが手を挙げてくれた。街歩きの趣味もある伊藤さんなら、きっと僕の目に見えないおもしろポイントを見つけてくれるだろう。

萩原「今日はすいません、たぶんキツいと思います」
伊藤「よろしくお願いします、キツい取材大丈夫です」

そうだこの人、同行取材で正月にエイを釣りにタイに行ったりしてるんだった。それに比べればお散歩感覚である。

というわけでアラフォーの男二人で記念写真を撮って飯能駅を出発、まずは隣の東飯能駅に向かった。
萩原「ポップデュオっぽくしたかったんですが」 伊藤「ひたすら哀しいですね」
萩原「ポップデュオっぽくしたかったんですが」
伊藤「ひたすら哀しいですね」

最大のターミナル、東飯能駅

萩原「事前情報では、東飯能の見どころは駅ビルくらいしか...」
伊藤「とりあえず降りてみましょう」
萩原「降りたの初めてです」 伊藤「なぜファイティングポーズなんでしょう」
萩原「降りたの初めてです」
伊藤「なぜファイティングポーズなんでしょう」
西武池袋線沿線で育った僕にとって東飯能は、というか飯能より先の各駅は30年前に小学校の遠足で通りがかったことがある、という記憶しかないのだけど、なかでも東飯能は「なんにもなかった」というイメージが残っていた。それが今や駅前に巨大なデパートやビルが鎮座し、立派な地方都市のターミナル駅、という風情である。

接続している八高線もオレンジ色のディーゼルカーだった気がするけど、ステンレスの電車が軽快な電子音を響かせながら走っていた。
僕の記憶ではここ空き地だった
僕の記憶ではここ空き地だった
萩原「丸広ってデパート初めて見るなあ」
伊藤「地方に来たな、って感じしますね」

改札を出ると、そこはふつうの地方都市の駅前の風景だった。が、非日常感から来るテンションの高さもあって、見慣れないものに過敏に反応してしまう。
伊藤「あの整形外科ものすごくでかいですね」
伊藤「あの整形外科ものすごくでかいですね」
萩原「これ自動車店が教習所も経営してるんですかね」
萩原「これ自動車店が教習所も経営してるんですかね」
伊藤「しかも本当にあの日産か、というロゴ」
伊藤「しかも本当にあの日産か、というロゴ」
萩原「森林文化都市宣言した街にもピンク色の髪の人がいるのかー」 伊藤「鳥もジャングルの奥の方が派手になりますから」
萩原「森林文化都市宣言した街にもピンク色の髪の人がいるのかー」
伊藤「鳥もジャングルの奥の方が派手になりますから」
とその時、伊藤さんが足を止め、一心不乱にシャッターを切りはじめた。
伊藤「これいい!最近のぼりのベースを撮って集めてるんです」
伊藤「これいい!最近のぼりのベースを撮って集めてるんです」
正直、はじめは意味が分からなかったのだけど、このあと各駅でのぼりのベースを見つけて、今回の旅のひとつ大きなテーマとなるのだった。

駅前の目抜き通りを歩いていちばん気になったのがこれ。
伊藤「軽トラ市って何でしょう」萩原「軽トラと言えば飯能産だよね、とかあるんでしょうか」
伊藤「軽トラ市って何でしょう」
萩原「軽トラと言えば飯能産だよね、とかあるんでしょうか」
あとで調べたところ、荷台に特産物などの商品を載せた軽トラが集まって市が開かれることがあるらしい。なんとFacebookページまであった。

それはそれで取材してみたい催しである。

さて、まだあと8駅もある。この調子で見てまわっていると体力が持たないので、このあたりで次の駅に向かおう。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓