ロマンの木曜日 2013年6月13日
 

砂に埋めたモバイルルーターを探す

砂に埋まる電子機器
砂に埋まる電子機器
モバイルルーターは電波を発信し続けている。

ということはその電波を手がかりに居場所を当てることができるかもしれない。雪山で遭難者を探すためのビーコンのような使い方である。

モバイルルーターを使った宝探しを実践してみたい。

1971年東京生まれ。ニフティ株式会社勤務。デイリーポータルZウェブマスター。主にインターネットと新宿区で活動。 編著書は「死ぬかと思った」(アスペクト)など。イカの沖漬けが世界一うまい食べものだと思ってる。
> 個人サイト webやぎの目

精密機器を埋めたい欲

宝探しがしたいのが半分だが、半分はモバイルルーターを埋めてみたかった、というのもある。
精密な機械を見るととりかえしのつかないことをしてみたくなる。パソコンの蓋を開けているときに「ここにスライムをこぼしたら…」と考えると無性にやりたくなる。

そんな危険な思想の持ち主であることは隠して弊社ニフティのISP事業部からWiMAXのモバイルルータを貸りてきた。
高速通信ならWiMAX!自宅工事も不要!(埋めちゃうけど)
高速通信ならWiMAX!自宅工事も不要!(埋めちゃうけど)
裏には社有であることを示すテプラ
裏には社有であることを示すテプラ
最初の写真からいきなり外である
最初の写真からいきなり外である
やはり河原は落ち着く。多少変わったことをしていても許容してくれる雰囲気がある。文明の発祥が河原(チグリス・ユーフラテスの)だったというのも納得である。

文明発祥に思いを馳せながらまずはルータの距離と電波の強さを調べておきたい。
右上のギザギザが電波の強さ
右上のギザギザが電波の強さ
パソコンとルータをくっつけた状態で電波の強さは-25という値であった。
パソコンには無線LANの電波の強さを可視化するソフトが入っている。この-25という数字が少なくなると電波が弱くなる。
5m,ぐらい離れて −72
5m,ぐらい離れて −72
20mぐらい離れて −80
20mぐらい離れて −80
5mぐらい離れたらその先はあまり変わらなかった。つまり、この宝探しは5m以内の範囲でしかわからないということになる。それ以上広範囲に埋めるとモバイルルーターはアホの犬が埋めた骨のように出てこなくなってしまうかもしれない。
犬なら舌を出せばすむが僕は始末書だ。

むかし会社支給の携帯をズボンの尻ポケットに入れて居酒屋の板の間に座ったら液晶が割れてしまい、始末書の再発防止策に「座布団を使用する」と書いた、

という余談は書くと長いからやめておくかと思いつつ書いてしまった。

おっちゃんは電波を遮る

ここで発見があった。撮影をしているときにおっちゃんが自転車で通ったのだ。
おっちゃんが通ったあいだだけ電波が途切れた!
おっちゃんが通ったあいだだけ電波が途切れた!
あのおっちゃんは無線LANを無効化する粒子でも発しているのだろうか。ナチュラルボーンハッカーか。

再現してみたら人間の体は無線LANを通さないようだ。撮影を手伝ってもらっていた木曜ライターべつやくさんも無線LANは通さなかった。
手にルーター、もちろん電波はいる
手にルーター、もちろん電波はいる
バーベキュー禁止の裏、電波あり
バーベキュー禁止の裏、電波あり
身体の後ろ 電波途絶えた!
身体の後ろ 電波途絶えた!
再び前に、電波復活!
再び前に、電波復活!
ウイルスに感染したときはLANケーブルを外して感染拡大を防ぐのがセオリーなので、モバイルルーターでつないでる場合はルーターの上に覆いかぶさればOKだ(正解は電源を切る)。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓