コラボ企画 2013年6月20日
 

遠足として120キロ歩く

東京から日光まで歩きます!
東京から日光まで歩きます!
「遠足」というものがある。おやつは300円まで、のあれだ。この遠足は大きく2つに分けることができる。「バス遠足」と「徒歩遠足」だ。バス遠足は目的地が遠く、徒歩遠足は近い。

しかし、バスで行けるということは道があるということで、徒歩でも行けるということでもある。つまり頑張れば全てが徒歩遠足になりえるのだ。ということで、120キロ先の目的地まで徒歩遠足をしてみようと思う。
1985年福岡生まれ。思い立ったが吉日で行動しています。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。

前の記事:「銭湯で歌うと音痴でも上手く聞こえる説」
人気記事:「一人で女子とカフェデートしている写真を撮る方法」

> 個人サイト Web独り者 彼女がいる風の地主恵亮

知らなかった徒歩遠足

梅雨入りしたとニュースがあったが雨のあまり降らない6月の初め、当サイトの編集部・安藤さんから「遠足に行きませんか?」とお誘いを受けた。小学生時代を思い出すと遠足には楽しい思いでしかないので、「もちろん」とその誘いを受けた。大人の遠足、なんだか楽しそうではないか。
遠足のイメージ
遠足のイメージ
目的地等は聞いていなかったが、今年の梅雨は空梅雨らしく遠足当日も雨は降っておらず、心を弾ませながら集合場所である東京駅に向かった。遠足のお決まりであるお弁当とおやつは安藤さんが準備してくれるということで、至れり尽くせり。高待遇の遠足である。
東京駅にやってきました!
東京駅にやってきました!
安藤さんも楽しそう
安藤さんも楽しそう
おはようございます、などの挨拶を済ませて、安藤さんに「どこに行くんですか?」とまずは当たり前の疑問をぶつけた。「日光です」と安藤さんは爽やかに答える。いいではないか、と思う。日光東照宮や華厳の滝など、日光は魅力的だ。
目的地は日光!
目的地は日光!
東京から日光への遠足ならば、多くの場合、貸し切りバスで行く「バス遠足」となるが、今回の遠足は2人なので電車かな、と思う。東京駅からだと日光へは新幹線で宇都宮まで行って、そこから日光線というのが一番早い。状況を考えれば誰もが考える選択肢である。ただ彼は違う方向を指差した。
東京駅の出口を指差す
東京駅の出口を指差す
安藤さんは東京駅の出口を指差し「徒歩で行きます」と言う。彼は笑顔である。私も笑ったが、その笑いは彼の笑いとは根本から違う。ロードマップを広げ、「ここからここまで行きます」と続ける。そのここからここまでは目算で120キロ。実際はもっと多いだろ。なるほど私は騙されたんだ、と全てを悟った。心を弾ませていたさっきまでの自分が憎い。安藤さんがさらに憎い。
そうか、そうか、歩くのか、と落ち込む
そうか、そうか、歩くのか、と落ち込む

プロテインはお弁当ですか?

「どのくらいかかるんですか?」と聞くと「3日ですかね」と安藤さんは言う。もはや遠足ではない。調べてみると鈍行で行っても3時間ほどで着くらしい。なのに3日。日帰りのつもりだったので、忙しいので無理です、と言いたいが最近私が暇なのを安藤さんは知っている。何か言いたいが、そこを無視して安藤さんはお弁当を、と話を続ける。
お弁当ですとプロテインを出した
お弁当ですとプロテインを出した
納得いかないが、とりあえず安藤さんからの指示通りプロテインを飲む
納得いかないが、とりあえず安藤さんからの指示通りプロテインを飲む
どこの世界にプロテインをお弁当です、という人がいるのだろう、どこの世界に東京から日光まで遠足と言って歩く人がいるのだろう、と思ったが目の前にいた。

プロテインは3キロ。こんな感じの3キロはドッグフードでしか見たことがない。話を聞けば、このプロテインは運動後の体を守ってくれるらしい。いや違う、と思う。守らなくていいのだ。そもそも歩きたくないのだ。

しかも、そのプロテイン3キロを背負って120キロ歩くらしい。早くも安藤さんとプロテインが嫌いである。
プロテインを飲む(プロテインを初めて飲んだ)
プロテインを飲む(プロテインを初めて飲んだ)
プロテインと言えば、体を鍛えている人が飲むイメージがある。帰宅部出身、100%デスクワーク、インドア派の私には今まで縁がなかったものだ。「これを飲むと疲れないんですか?」と純粋な疑問を安藤さんにぶつけたが、「そういんじゃないんで」とキッパリ答えた。「じゃ、一人3キロなんで」とその袋を私のリュックに入れ遠足は始まった。
リュックがほぼプロテイン!
リュックがほぼプロテイン!

東京から日光へ、徒歩で

東京から日光へと歩き出す。バスが走っている。電車の音が聞こえる。乗りたい。安藤さんの顔を見ると曇っている。この遠足を言い出した人なのにへこんでいるのだ。そりゃへこむ。だって120キロも歩くんだもの。私だけが歩くのではなく、言い出した人も歩くのが厳しいところ。私よりもへこんでいて文句も言えやしない。
東京駅での元気がすでにない
東京駅での元気がすでにない
遠足は遠いに足と書く。だから歩くんです、と覇気なく安藤さんは言う。いや、と思う。「これはウイダーとのコラボで、最初ウイダーの方も一緒に歩きたいと言っていたのですが、大変だと思ったので断りました」と続ける。

いや、と思う。じゃあ、その人が歩けばと強く思うけれど、もう遠足は始まっている。早くもこんなに不満たらたらで、しかも企画発案者はへこんでいて、この遠足はどうなるのか不安でしかない。
もちろん私もへこんでいる
もちろん私もへこんでいる

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓