はっけんの水曜日 2013年6月19日
 

ズッキーニを3倍楽しむ方法

ズッキーニの花。これがおいしいのです。
ズッキーニの花。これがおいしいのです。
我が家は家庭菜園でズッキーニを育てているのだが(ほとんど母親がやってくれている)、この黄色くて大きい花は、ヨーロッパでは野菜として食べられているらしい。

日本ではなかなか食べる機会のないこのズッキーニの花を、せっかくなので食べてみた。
趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。

前の記事:「夢のような山菜採りをしてきた」
> 個人サイト 私的標本 趣味の製麺

ズッキーニの雌花が先に咲いてしまった

ズッキーニというのは、キュウリみたいな形だけれどカボチャの仲間。煮ても焼いてもおいしいので、毎年育てている我が家の定番夏野菜だ。

このズッキーニは、雄花と雌花が同じ株から咲き、それが受粉して実をつけるのだが、なぜか今年は雌花ばかりが先に咲いてしまった。

これがズッキーニ。カボチャの仲間だけれど、蔓ではなく、放射状に育つ。
これがズッキーニ。カボチャの仲間だけれど、蔓ではなく、放射状に育つ。
ズッキーニの雌花。花の根元に小指サイズのズッキーニがついている
ズッキーニの雌花。花の根元に小指サイズのズッキーニがついている
雌花は受粉をすると根元にあるズッキーニの赤ちゃんみたいな部分(子房)が育つのだが、受粉をしないとそのまま枯れて腐ってしまう。

とはいっても、まだ雄花が咲いていないので、この雌花は受粉のしようがない。

このまま腐らすともったいオバケが出そうなので、小さいけれどモロキュウ気分で食べてしまおうと摘んだのだが、ちょっと調べてみたらこの状態を「花ズッキーニ」といって、ヨーロッパあたりではこういう野菜として花ごと食べているらしい。
全盛期の黒柳徹子みたいな花ズッキーニ。
全盛期の黒柳徹子みたいな花ズッキーニ。

揚げて食べたらうまかった

花ズッキーニの食べ方だが、揚げて食べるのが一般的らしいので、とりあえず小麦粉をビールで溶いた衣でフリッターにしてみた。

だいたいの食べ物は揚げればおいしく食べられると思っているのだが、果たしてこれはどんな味なのだろう。
揚げ物の具としてはかなりでかい。さすがヨーロピアン。
揚げ物の具としてはかなりでかい。さすがヨーロピアン。
油で揚げると、薄い花の部分だけが焦げたりするかなと不安だったのだが、以外にも丈夫で、子房部分と同時に揚がってくれたようだ。
形は深海生物っぽいですね。
形は深海生物っぽいですね。
全体に軽く塩を振り、子房部分を手に持って花側から食べてみると、これがネットリとしてうまい。とても繊細な鶏皮のような感じとでもいえばいいだろうか。

特にめしべの周辺はオクラのようなとろみがあり、花びら部分も、ほのかな苦みが衣をおいしく食べさせてくれる。

外はサクサク、中身はネットリという、予想外の食感。味は確かにズッキーニの延長線上で、それでいて華やかさがあり、ヨーロッパの人々がわざわざ花ズッキーニを食べるというのがわかる気がする。
めしべのあたりが蒸し焼き状態になっていて、ここがうまいのだ。
めしべのあたりが蒸し焼き状態になっていて、ここがうまいのだ。
そして子房部分へと食べすすめると、これはそのままズッキーニの小さい版という味だった。

カボチャの仲間だけあって揚げ物との相性はよく、キュウリのような水っぽさや青臭さがなく、ホクホクとした上でフレッシュな味わいを感じさせてくれる。

花ズッキーニのフリッター、これは初めて出会ったおいしさだ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓