はっけんの水曜日 2013年6月19日
 

ズッキーニを3倍楽しむ方法

とりあえず茹でて食べてみる

収穫したズッキーニとカボチャの雄花(以下、カボチャの花もズッキーニの花として扱います)は、さすがは無農薬栽培だけあって、よく見ると小さな虫がたくさんお住まいになられていたので、よく見なければよかったと後悔しつつ、キノコ狩りの作法に習って、塩水につけて虫出しをおこなう。
多少の虫はタンパク質だと思って諦めているけれど。
多少の虫はタンパク質だと思って諦めているけれど。
雌花は収穫できる数が少なかったが、雄花はたくさん採れたので、まずは虫出しをしたあとによく洗い、素材の味を確かめるべく、さっと茹でてそのまま食べてみることにした。
茹でた花ズッキーニ。なんとなく南国のワンピースっぽいですね。
茹でた花ズッキーニ。なんとなく南国のワンピースっぽいですね。
茹でた雄花の花ズッキーニを食べてみると、オクラのように少しヌメッとしていて、若干青臭さがあり、ほのかに苦みを感じる。まあ、そんなにおいしいものではない。うまくいえないのだが、ズッキーニの花の味だ。

魚の皮だけを食べているようなもの足りなさがあるので、単体でそのまま食べるよりは、料理のアクセントとして使った方がよさそうだ。

なんて考えながら食べ進んで花の根元部分を食べたところで、不意打ちで強烈な苦みがやってきた。どうやらこの雄花はおしべがついたままだったようで、その花粉が苦いらしい。

他の花はどうだか知らないが、ズッキーニの花粉は苦い。蜂は甘いもの好きのイメージだったのだが、こんな苦い花粉も集めて食べるのか。ちょっと意外な発見だ。

ということで、おしべを取り除いた花ズッキーニを刻み、今が旬のカツオと畑で採れた野菜を合わせてみた。
カツオ、カブ、キュウリ、シソ、紫タマネギ、トマト、そして茹でた花ズッキーニのサラダ。味付けはオリーブオイルと白ワインビネガーなど適当に。
カツオ、カブ、キュウリ、シソ、紫タマネギ、トマト、そして茹でた花ズッキーニのサラダ。味付けはオリーブオイルと白ワインビネガーなど適当に。
まず見た目的に、花ズッキーニの黄色が加わったことで、サラダが華やかになったと言えるだろう。

そして肝心の味はというと、このようにいろいろな素材に混ざると、花ズッキーニはそれほど強い個性を発揮することはないが、隠し味程度にほんのりと苦みがプラスされることで、味に奥行きが出て、料理が一段レベルアップしたように感じる。

なければないでいいような気もするが、あるならぜひ入れたいという感じ。よくわからないけれど、たぶんAKBにもEXILEにもそういう人はいるのだろう。組織にはそういう人材が必要なのだ。

ピザにカボチャの花を使っていたマンガがあったはずだ

カボチャの花で思い出したが、そういえばミスター味っ子という料理マンガで、ピザ対決のときに主人公がカボチャの花をピザの具として使っていたような記憶がある。

そのピザは油で揚げていたような気がするが、とりあえず普通のピザの具として、カボチャの花を加えてみることにした。
冷凍食品のピザにカボチャの花とチーズをトッピング。
冷凍食品のピザにカボチャの花とチーズをトッピング。
ほどよく焼きあがったところで食べてみると、確かにカボチャの花のほのかな苦みが、こってりとしたチーズの味を引きたてているような気がする。

それよりも、久しぶりに食べた冷凍食品のピザがおいしくて驚いた。市販品、馬鹿に出来ないね。
チーズとカボチャの花は相性がいいようだ。
チーズとカボチャの花は相性がいいようだ。
ピーマンほどはっきりとした苦みではなく、目を閉じて食べたらギリギリ気が付くかどうかくらいの苦み。この微妙な違いがわかる人にはわかるのだろう(味皇様とか)。

ピザがありならパスタはどうだと、今度はスパゲティに入れてみたが、これもまた陰から味を引き締めてくれる名脇役という感じに仕上がった。
ちょっとベーコンの旨味が強すぎた。
ちょっとベーコンの旨味が強すぎた。
花ズッキーニは火を通すと量がかなり少なくなってしまうので、相当入れないと大きな味の変化はないかな。

それでもお寿司で言ったらワサビほどの必要性はないけれど、ガリくらいの役割は果たしていると思う。

その希少性がよりおいしく感じさせているのかもしれないが、春キャベツや菜の花のパスタが好きな人は、絶対好きな味だと思う。

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓