土曜ワイド工場 2013年6月22日
 

日常はハムであふれている

実はハムを食べている
実はハムを食べている
世の中の誰もが食べているハム。ハム。ハムは食卓でだけ食べられるわけではない。日常のあらゆる場面で我々は食べているのだ。
1985年福岡生まれ。思い立ったが吉日で行動しています。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。
> 個人サイト Web独り者 彼女がいる風の地主恵亮

ハムを食べる人々の喜び

食卓に幸せをもたらしてくれる食べ物「ハム」。その歴史は古く、我々人類が長年ハムを愛してきたことを裏付けている。ハムカツやハムマヨなど調理法も豊富であり、もちろんそのまま食べても美味しいという素晴らしき食べ物、それがハムである。
皆さんご存知の「ハム」
皆さんご存知の「ハム」
その美味しさがため、日常生活に実はハムが関わっているということも少なくない。しかし忙しいためだろうか、我々は日常の表面的事実しか見ていない。そのため一歩先にあるハムという事実に気がついていないのである。
韓国語の勉強をしている
韓国語の勉強をしている
実はハムを食べている
実はハムを食べている
パッと見は本を読んでいる人と誰もが思うだろう。もう一歩踏み込めばハングルの勉強をしている人だ。しかし、キチンと踏み込めば事実は異なる。本なんて読んでいない。ハングルの勉強なんてしていない。実はハムを食べているのだ。このように気づかないだけで我々の日常にはハムが密接に関わっているのである。
花の匂いをかいでいる
花の匂いをかいでいる
実はハムを食べている
実はハムを食べている
花を顔に近づけている人を見たら「花の香りをかいでいる」と皆が思うことだろう。しかし本当にそうだろうか。実はハムを食べているという可能性だってあるのだ。人類はハムが大好きだ。花よりハムである。現に上の写真ではハムを食べている。物事を注意深く観察すればこのようにハムに行き着くのだ。
犬の散歩をしている
犬の散歩をしている
実はハムの散歩をしている
実はハムの散歩をしている
ルールが変わった。リードを持って歩いている人を見ると、誰もがペットの散歩と思うことだろう。リードからそのペットは犬と絞ることもできる。しかし、広い視野を持てば必ずしもそれはペットとは限らない。ハムの可能性だってあるのだ。人類に長く愛されてきたハム。そのようなことだって十分に考えられる。
その後、ハムを食べる
その後、ハムを食べる

ハムによる幸せ

ハムは食べるだけが全てではない。もちろん最後は食べるが、スペインにはハムの博物館も存在する。ハムは食べるだけでなく見ることにも意味がある食べ物なのだ。
死んだ彼女の写真を見て泣いている
死んだ彼女の写真を見て泣いている
実はハムを見ている
実はハムを見ている
そして、すでにハムを食べている
そして、すでにハムを食べている
写真フレームに入っているからといって、それが必ずしも写真とは限らない。ハムという可能性も考えておく必要がある。見かけが全てではない。またハムを見ているからと言ってハムを食べていないとはならない。牧場でバーベキューを食べるようにハムにもその可能性はあるのだ。
音楽を聴いている
音楽を聴いている
実はハムを聴いている
実はハムを聴いている
イヤホンをしている人を見ると、誰もが音楽を聴いていると思うことだろう。果たして必ずしもそうなのだろうか。アリバイのない人間が必ずしも犯人ではないように、イヤホン=音楽ではなく、イヤホン=ハムという可能性も考えなければならない。イヤホンの接続先はハムであるため何も聞こえないが、ハムは心に響くと思い込もう。
キスをしようとしている
キスをしようとしている
キスをしようとしているように見えても、必ずしもそれはキスではない。キスと似たような状況が数多く存在することを選択肢に入れなければならない。そのような広い視野が真実を浮かび上がらせるのだ。たとえば上の写真はキスではなくハムに息を吹きかけているところである。
実はハムを吹いている
実はハムを吹いている
その後ハムを食べている
その後ハムを食べている

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓