ひらめきの月曜日 2013年6月24日
 

10円以下で買える物探し

10円が見せる輝きとかっこよさ
10円が見せる輝きとかっこよさ
大人にとって「10円」と言えば、取るに足らない小銭でしかない。しかし子供の頃を思い出すと、少ない小づかいの中で何を買うか、駄菓子屋で真剣勝負していた覚えがある。

たったの10円。改めて考えると、何が買えるだろうか。いくつか店を回って、10円以下で買える物を探してみた。
1973年東京生まれ。今は埼玉県暮らし。写真は勝手にキャベツ太郎になったときのもので、こういう髪型というわけではなく、脳がむき出しになってるわけでもありません。→「俺がキャベツ太郎だ!」

前の記事:「咲き誇れ食材の薔薇たち」
人気記事:「おっさんが実践する「かわいくなるずるい方法」」

> 個人サイト テーマパーク4096 小さく息切れ

まずはおなじみの10円食品たち

10円以下で買えるものを探すべくまずやってきたのはコンビニ。どこにでもある、多くの人にとって最も身近なである店だ。
今やいろんな機能を持つ店となったコンビニ
今やいろんな機能を持つ店となったコンビニ
食品や雑貨以外を購入する以外にも、さまざまなことができるようになったコンビニ。しかし、街中に駄菓子屋がほとんどなくなった今、子供がお菓子を買いに行く店としても重要な存在だと思う。

そんなコンビニに、10円以下で買えるものはどれくらいあるだろうか。
おなじみのラインナップ
おなじみのラインナップ
価格表示に注目して、10円以下で買えるものを全て買ってみた。写真の全部が10円である。どれもロングセラーの駄菓子だ。
風格漂う存在感
風格漂う存在感
蒲焼や酢だこへの憧れ
蒲焼や酢だこへの憧れ
訪れた店の場合、「うまい棒」は5つの味を品揃え。手頃な価格で選ぶ楽しさがあり、食べた満足度も10円として十分。そういう魅力は今でも健在だ。

魚肉を加工した板状食品も昔からある。先日、酢だこを食べて「あ、酢だこさん太郎と同じ味だ」と、本来と逆の順番で思った自分がいた。それくらい記憶に染みついた味なのだろう。

かっこいい10円商品を求めて

続いてやってきたのは巨大ホームセンター。日用品だけではなく、部品や材料といった普通の店にはない物もあるのが特徴だ。
テンション上がる店名
テンション上がる店名
「スーパービバホーム」という名前からしてただ者ではない。店頭では40万円もするミストクーラーがデモ的に稼働していたが、今回探しに来たのは正反対の価格の品。どんなものがあるだろうか。
欲しいけど買えない
欲しいけど買えない
惜しい、あと少し
惜しい、あと少し
プラスチック製のチェーンは10cmあたり20円。十分安い気がするが、これでも予算の倍してしまう。

カスガイは12円。先端が鋭く加工されたピカピカの金属がこんな値段とは。しかし今回の予算からすると2円オーバーとなってしまう。
おお、ずらっと並んでるぞ
おお、ずらっと並んでるぞ
10円以下の商品をまとめて発見したのはボルト類のコーナー。各種サイズの商品が一桁の値段で並んでいる。ここなら今回の予算でおさまる。
3円&4円
3円&4円
まずはナット。小さい方が3円で、大きい方が4円だ。1個ずつ買えるからすごい。この広大な店の中で、最低価格の品物ではないだろうか。

じっくり見るとかっこいいナット。機能したときの働きぶりとしても、3円以上の仕事をしてくれるすごい奴だ。
左から、5・6・7・8・9円
左から、5・6・7・8・9円
この精度の品が5円から
この精度の品が5円から
続いてはボルト。5円から買える。

ボルトはその形状も機能も、男性ならちょっとしたときめきを覚える、というのは言い過ぎだろうか。何かと何かをしっかり留めつなぐという役割もかっこいいではないか。
見覚えのあるあれが6円
見覚えのあるあれが6円
こちらは6円の商品。ボールチェーン同士を結ぶ際の金具だ。これってこれだけで買えるんだ。しかも6円。

小さな部品だけど、自分で作れと言われたらできる気がしないこれが6円で手に入る。このあとの人生で1回くらいはこの知識が役立つときがあるかもしれない。
値札付けの手間暇に泣ける10円
値札付けの手間暇に泣ける10円
商品名もプロっぽい
商品名もプロっぽい
こちらの釘は単品で10円。バーコードと値段が一つ一つに丁寧につけられていて、その手間にこの価格でペイするのか心配な気もしてくる。

名前は「測量釘」。測量をする際に用いられる釘であるらしく、名前だけでなく頭に刻まれた十字や本体部分の筋が、どういう役に立つのかわからないままにかっこいい。
1粒10円
1粒10円
1枚8円
1枚8円
他に見つけたのはビーズや紙類。それぞれじっくり見るほどに、少額工業製品のすごさを感じる。

紙の方はハガキ大で、よく見ると縞模様のテクスチャーが入っている。「ミューズコットン」という商品名がつけられているのもかっこいい。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓