フェティッシュの火曜日 2013年6月25日
 

危険!だが美味!!毒ウニ「ガンガゼ」を食べる

ガンガゼ、嫌われ者だけど案外おいしい。
ガンガゼ、嫌われ者だけど案外おいしい。
「ガンガゼ」というウニの名前を聞いたことがあるだろうか。
ただでさえウニの殻にはトゲが生えていて触ると痛いものだが、このガンガゼのトゲにはさらに毒があって刺されるととても痛い。その上、大量発生して海藻をたくさん食べて漁場を荒らしてしまう。
そんなわけで海水浴客からも漁師からもひどく嫌われているガンガゼだが、なんと食べられるらしい。毒針というハードルを乗り越えて料理してみた。
1985年生まれ。生物を五感で楽しむことが生きがい。好きな芸能人は城島茂。

前の記事:「純白の植物 「ギンリョウソウ」を探して」
人気記事:「ドライアイスでスイカがシュワシュワに!!」

> 個人サイト Monsters Pro Shop

漁港にうじゃうじゃいる

さっそくガンガゼを探しに海へ出かけよう。具体的なポイントは特に知らないが、わりとどこにでもいる生き物である。特に九州・沖縄地方にはやたら多く、適当な漁港や波止場を覗けば大抵見つかる気がする。
磯にもよくいるけど今日は足場のいい漁港をチョイス。
磯にもよくいるけど今日は足場のいい漁港をチョイス。
というわけでやってきたのは九州のとある漁港。ここを選んだ理由は特に無い。ただなんとなくである。
ガンガゼを食べる文化は壱岐や天草など九州の一部地域に見られるのみなのだとか。
そんなわけでほとんどの地域では漁師さんも採らないため、あちこちの沿岸にたくさん沸いている。ウニのくせに希少価値皆無だ。
でもすぐ見つかるんだこれが。
でもすぐ見つかるんだこれが。
海中を覗くといるいる。やけにトゲの長い不良っぽいビジュアルのウニが数個ずつ固まって点在している。ガンガゼだ。数百メートル歩く間に100匹以上が確認できた。ただしけっこう深場にいるので、なかなか撮影も捕獲もできない。
見た目があからさまにヤバい。ちなみにウニのわりには動きも早く、ワサワサうごめいて怖い。
見た目があからさまにヤバい。ちなみにウニのわりには動きも早く、ワサワサうごめいて怖い。
暗くなるまで探し続けてようやく浅場で孤独に転がっているガンガゼを発見できた。改めて間近で見ると外見が凶悪すぎる。「そのウニ危ないよ」と教えられなくても本能的に触るのをためらってしまうほどのツッパリぶりである。
普段僕たちが食べているムラサキウニくん(左)と並んでもらった。凶悪さが際立つ。
普段僕たちが食べているムラサキウニくん(左)と並んでもらった。凶悪さが際立つ。
普通のウニと比べてみるといかに攻撃的なルックスかがよくわかる。
ウニは英語で「sea urchin」、海のいたずら小僧と言うそうだが、このガンガゼはそんなかわいいものではないだろう。触れるもの皆傷つける、海の非行少年くらいのレベルには達しているはずだ。
刺されてみよう
刺されてみよう
冒頭にも書いたが、このウニのトゲには毒がある。僕も沖縄の海で泳いでいる時に何度か刺されて痛い思いをした。痛みはハチに刺されたときのそれに似ているが、もっとジンジンヂクヂクといやらしい感じがする。ねっとりした痛さにやり場のない怒りがこみ上げてくる。人をいらつかせるタイプの痛みなのだ。海水浴は台無しになる。思い出すだけでこの毒ウニ野郎を粉々に踏み潰したくなってきたぜぇーッ!!
しかも刺さったトゲが折れてシャープペンの芯のように皮下に残り、患部は紫色に腫れる。刺さったトゲが1~2本であれば痛みは数時間もすれば大方引くが、その間は極めて不愉快な思いをすることになる。

その危険性を読者の方々に理解してもらうため、ここであえて自分から今一度刺されてみることにした。
あれ?刺さらない。
あれ?刺さらない。
しかし、意を決して指を差し出すも残念ながら毒針は刺さらなかった。
この直前に撮影、観察をするためにあれこれいじくりまわしたので針先が少し削れていたようだ。もろすぎる。
どうやらちょっとでも針先が傷んで鈍ると、手のひらのように分厚い皮膚にはなかなか刺さらないらしい。
拍子抜けすると同時に、刺されてやろうという意志も萎え果てた。たぶんシャープなトゲも残ってるんだろうけどもういいや。痛さは先程の文章で伝わったろうと思いたい。

だがこれでこのウニの対処法と言うか扱い方がわかった気がする。きっと刺されずに料理できるぞ!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓