フェティッシュの火曜日 2013年7月2日
 

夏の文房具フェス2013

今年も夏が始まる。
今年も夏が始まる。
文房具関係者にとって日本最大のお祭が、年に一回ある。
それが、今年で24回目の開催となる『ISOT(イソット=国際文具・紙製品展)』という文房具関連の見本市だ。
18歳未満は入場不可、基本的に関係者と招待客以外は入場不可、というハードコアなヤツだが、それでも3日間で7万人以上が訪れる本気の文具祭である。
その文具祭に、今年も行ってきた。
1973年京都生まれ。色物文具愛好家、文具ライター。小学生の頃、勉強も運動も見た目も普通の人間がクラスでちやほやされるにはどうすれば良いかを考え抜いた結果「面白い文具を自慢する」という結論に辿り着き、そのまま今に至る。
> 個人サイト イロブン Twitter:tech_k

ビッグサイトに文房具集結

ビッグサイトのイベントは、やはりビックサイトの外観から始めたい。
ビッグサイトのイベントは、やはりビックサイトの外観から始めたい。
今年のISOTは6月の26日から28日の3日間、お台場のビッグサイトで開催である。
何年か前までは最終日を土曜にして、一般開放日(関係者じゃなくても入れる日)と設定していたのだが、いつの間にか平日3日間だけの開催になってしまった。色々と大人の都合があるようだ。

当サイトでも5年前11年前に、WEBマスターの林さんがISOT取材を敢行していた。
しかも5年前の記事には僕が「文具に造詣の深いきだてさん」としてなんだかにこやかに登場している。

今だから正直に言うが、本当は取材を受けている時間があるなら一つでも多く文房具メーカーのブースを見て回りたかったので、表情は笑顔でも心中は「あー、早く終わんねえかな」と心の貧乏揺すりを繰り返しつつ焦っていたのだ。

時は流れて、自分がそのデイリーポータルでISOTの取材記事を書いている。人生何があるか分からない。
水・木・金の平日開催だが、関係者だけで相当混みあう。
水・木・金の平日開催だが、関係者だけで相当混みあう。

早速会場に入る

このホール内に文房具が死ぬほどあります。
このホール内に文房具が死ぬほどあります。
会場に入った時点で、文房具好きは体温がだいたい39度を超えている(予測値)。あとは熱病に浮かされたテンションで新製品をチェックして回るのだ。
しかも、新製品もモノによっては「発表は今日ですけど発売は12月です」とかずいぶん先まで気を持たせるものがあり、そうなると発売日まで熱に浮かされ続けるので辛いことになる。
今回紹介する文房具もほとんどが「7月以降近日発売」というものばかりなので、これを読んで気になる文房具があった人は僕と同じように辛い思いをしてくれたらいい。一緒にしよう。

あと、最近は日経新聞に記事が載ったりニュースになったりで、ISOTで発表になった新製品の情報がメディアに流れるようになってきた。
なので、そういうニュースになりそうな大ネタはそちらに任せて、僕個人が気になった小ネタ文具ばかりを拾っていこうと思う。

他にもまだまだ面白い文房具が大量に出展されていたのだが、今回の記事ではとてもじゃないが紹介しきれなかった(これで全体の1/16ぐらい)。
ということで、僕が所属する文房具トークユニット・ブングジャムが、夏のISOTを取材して回った内容を元にしたトークイベントを都内で行います。
ISOT会場で聞いた最新文房具トピックスから、秋以降の「この文房具を買っておけば間違いない」オススメ情報まで、3時間びっしり文房具漬けです。
やらしい話で恐縮ですが、毎回満員になるイベントなので、ご予約はお早めにどうぞ。
カマタ・ブングジャム
関係ないが、ビッグサイトは掃除用のモップもビッグ。
関係ないが、ビッグサイトは掃除用のモップもビッグ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓