はっけんの水曜日 2013年7月3日
 

水族館の暗闇空間が心地良い

!
水族館の暗くて静かなところが好きだ。

とりわけ魚とか全然関係ない、単なる通路とかが良い。 そういったところは人も少なく、水槽の明るさもない。 でも雰囲気づくりのために暗さはそのままなので、 水族館のなかでも特に静かで暗い。

そういったところに佇んでいると、まるで自分の存在が世界から消えたみたいに感じられて、仕事とか別にしなくてもいいような気がしてくるのだ。禅空間と言ってもいい。

普段の仕事をがんばるためにも休みの日は仕事を忘れるのは大切だと思う。 ということで水族館の特段に暗いところを探し回りたい。
1985年生まれ札幌市出身。髪がとても硬いため寝癖がなかなか直りにくい体質。そのためよく帽子をかぶっています。
> 個人サイト こざとへんなところ+++

すみだ水族館

最初に訪れたのはスカイツリーの開業に合わせてオープンした、すみだ水族館。
入り口からして既に良い暗さ。
入り口からして既に良い暗さ。
東京の水族館としては最も新しいので、最新LEDとかその辺の超技術を使った良い感じの闇を期待したい。
最近の流行なのかクラゲエリアはムーディーな感じでうす暗い。 これでもう少し暗くて人が少ないと理想なのだが。
最近の流行なのかクラゲエリアはムーディーな感じでうす暗い。 これでもう少し暗くて人が少ないと理想なのだが。
とか思ってるうちにすぐ明るくなってしまった。
とか思ってるうちにすぐ明るくなってしまった。
これでも室内としては暗いほうではある。
これでも室内としては暗いほうではある。
どんな暗さが良いとか、そもそもどういう場所のことを言ってるのか、 早い段階で出さないとちっとも理解してもらえない可能性が高いので なんとかしたいのだが。明日の仕事よりこっちの方が余程心配だ。

ひとまず求めてる暗さを表す例えとして、 「ダルマを置いても誰も気づかないぐらい」というのを思いついたけど、もっと分かりにくい。
すみだ水族館はペンギン推し。
すみだ水族館はペンギン推し。
赤ちゃんも公開中。暗闇とか無縁に育ってほしい。
赤ちゃんも公開中。暗闇とか無縁に育ってほしい。
訪れた時は平日の昼間だったので休日に比べればそれほど人は多くない。 加えてこのときはペンギンの赤ちゃんを公開する時間帯となり、 たくさんの人がそちらに行列をなしていた。

禅空間は地味な展示付近にあり

こういうときはチャンスである。人がそちらに流れてるときは 他の場所が空く。そういうときこと静寂の禅空間が発生しやすいタイミングだ。
こういう端っこの展示に暗闇が落ちていそうな気がする。
こういう端っこの展示に暗闇が落ちていそうな気がする。
こっちの展示は「東京湾・東京諸島」の水槽。 ペンギンとかアザラシの明るさはそんなにないはずだ。
これはいい静寂ですよ。
これはいい静寂ですよ。
暗い。

しかも通路も長く先が見えない。 かといって真っ暗でもなく独特の雰囲気を保っているところが、水族館特有の暗闇空間だと思う。
あぁ、解脱…。
あぁ、解脱…。
実際にダルマを置いても気づかないだろう。(合成です。水族館にダルマを置かないでください)
実際にダルマを置いても気づかないだろう。(合成です。水族館にダルマを置かないでください)
あーいい、落ち着く。この影と一体になって存在を消してるような、普段の生活では味わえない感覚がすばらしい闇である。 借金取りから逃げる場所としてもオススメ。
こういう人の少ないところは、だいたい食べるとおいしそうな魚が展示されている。
こういう人の少ないところは、だいたい食べるとおいしそうな魚が展示されている。
そしてニルヴァーナ(帰り道)へ。
そしてニルヴァーナ(帰り道)へ。
暗闇をたっぷり味わった後、 光が漏れる出口に向かう水族館の流れもカタルシスがある。 出た瞬間におそらく悟りを開いてると思う。

でも帰りの電車ですぐ閉じるから、まだまだ水族館の暗闇を探したい。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓