はっけんの水曜日 2013年7月3日
 

水族館の暗闇空間が心地良い

サンシャイン水族館

数年前にリニューアルしたばかりのサンシャイン水族館。 住まいが近いこともあり何度か来たことがある。

でも暗さとか気にしてみたことはないので 暗闇空間があったかどうかは分からない。 ここにあれば週末は毎回訪れようと思うのだがいかに。
この丸いライトはすみだ水族館のに似てる。
この丸いライトはすみだ水族館のに似てる。
駅のホームに置いてあるようなベンチも海底ムードでなんかステキだ。
駅のホームに置いてあるようなベンチも海底ムードでなんかステキだ。
ステキすぎてなんか気取った写真を撮ってしまった。
ステキすぎてなんか気取った写真を撮ってしまった。
主に水槽の明かりで照らす感じで全体的に結構暗い。
主に水槽の明かりで照らす感じで全体的に結構暗い。
館内では「ボエェ〜」と海底環境音楽が流れており、雰囲気づくりに一役買っている。
館内では「ボエェ〜」と海底環境音楽が流れており、雰囲気づくりに一役買っている。
「ボエェ〜ボエェ〜」。大変良い。
「ボエェ〜ボエェ〜」。大変良い。
この環境音が海の底という雰囲気をとても出しており、また全体的に暗いことも相まって良い感じの暗闇空間は割と見つかる。

見つかるのだが、なかなかここでジッとしていても落ち着ける、という場所は見つからない。つまりそこに人がいると不自然な場所、座敷わらじ的な妖怪の類いだと思われかねないところしかないのだ。

この辺りもまた個人的感覚過ぎてどうにも伝えにくい。 例えようとするとまたダルマになってしまうのでやめておこう。
暗くても人が多いところはダメなんだ。
暗くても人が多いところはダメなんだ。
人だかりが出来ていたラッコ水槽の隣にあったゴミ箱。 たぶん誰も気づいてない。
人だかりが出来ていたラッコ水槽の隣にあったゴミ箱。 たぶん誰も気づいてない。
こんなにISO値を上げないと写らないゴミ箱がかつてあっただろうか。
こんなにISO値を上げないと写らないゴミ箱がかつてあっただろうか。
ベンチに座るより下に潜りたい。
ベンチに座るより下に潜りたい。
ここら辺までなると、もう単なる変態か妖怪である。 そうじゃない。さっきのゴミ箱のような立場になるのが理想なんだけど。

ほとんど掃き溜め的暗闇

しかしそんなこともどうでも良くなる程の暗闇を見つけてしまった。
右側のスペース。
右側のスペース。
なにも視認できないその先は、
なにも視認できないその先は、
井戸の底のような壁
井戸の底のような壁
暗すぎる。どう考えても人がいることを想定してない場所である。ちょっとした洞穴と言っていい。 これでも画像補正である程度明るくしており、肉眼ではもっと暗い。

右側に扉があるので、おそらくバックヤード施設とかの関係上、ポッカリ出来た スペースではないだろうか。
井戸底からの風景。
井戸底からの風景。
水族館での思い出での1枚。
水族館での思い出での1枚。
この暗黒スペース、 おそらくはスタッフの方が出入りに利用する場所なので、この暗闇に潜むのはほどほどにした方が良さそうだ。

そうでなくとも、 通り過ぎる人たちからものすごく怪訝な顔で見られたので、本当ほどほどにした方が良い。

最近の水族館は総じて暗い

当初は水族館の暗くて静かなステキスポットを探してたはずなのに、最後はなんでか暗がりに潜む妖怪みたいになってしまった。

昔の水族館はもっと明るかった気がするが、最近の傾向なのかどこの水族館も押しなべて暗く、わざわざ暗がりを探す必要もあまりなかったかもしれない。
少しは魚の写真も載せよう、と思ったらホヤぐらいしか撮ってなかった。
少しは魚の写真も載せよう、と思ったらホヤぐらいしか撮ってなかった。

<もどる▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓