はっけんの水曜日 2013年7月10日
 

西武秩父線各駅停車の旅

石灰石鉱山の山とセメント工場、そして棚田。これぞ秩父という絶景
石灰石鉱山の山とセメント工場、そして棚田。これぞ秩父という絶景
2013年春、西武鉄道の大株主である外資ファンドが西武秩父線を廃止にするかも知れないというニュースが流れ、それは大変だ!何とかせねば!と思ったけど僕には打つ手がない。とりあえず西武秩父線の各駅で降りて周辺に何があるのか見てくることにした。

という記事を先月に書いたのだけど、西武秩父線にたどり着く前にページが尽きてしまったため、今回が後編である。いよいよ西武秩父線に突入、終点の西武秩父まで向かいます。

前編はこちら→「僕たちが東吾野駅で降りて幻の石塔を見つけるまで
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。 個人サイト:ダムサイト

前の記事:「レッドブルでフレンチトーストを作る」
人気記事:「麻雀漫画の宙に浮く牌を作る」


土砂崩れから復活、吾野駅

飯能駅を出発して、東吾野駅までたどりついた前回。今回はいよいよ西武秩父線の起点、吾野駅からスタートだ。もちろん引き続きライター伊藤さんに同行してもらっている。
担いで行った三脚は結局こういう写真撮るのにしか使わなかった
担いで行った三脚は結局こういう写真撮るのにしか使わなかった
萩原「吾野駅の見どころは、何と言っても土砂崩れの跡!」
伊藤「ど、土砂崩れ?」
萩原「15年くらい前に土砂崩れが起きて駅が埋まったことがあるんですよ」

吾野駅について、調べなくても知っていたのはこの情報だけである。ただ、出発前にネットで調べるとほかにも見どころになりそうな場所が出てきた。

萩原「あと、駅前にすごくでかい霊園があります。それから少し山を登ると中に観音がある洞窟があるそうです」
伊藤「見どころが多いですね」

土砂崩れとお墓と観音。冷静に考えればぜんぜん大した見どころではないのだけど、ここまでが駐車場とかヤギが見どころの駅だったので急に視界が開けた気がする。NHK以外の民放が映ったときってこういう感動だったのかも知れない。
ホームから見た土砂崩れの跡。これホントに見どころか?
ホームから見た土砂崩れの跡。これホントに見どころか?
吾野駅は乗り降りする人も(周囲の駅に比べれば)多く、駅前にはお土産屋兼食堂もあった。おお、駅前の飲食店なんて東飯能駅を出て以来である。
ひさびさの駅前商店
ひさびさの駅前商店
萩原「このカレンダーかっこいい!」 伊藤「やるなー埼玉県警...」
萩原「このカレンダーかっこいい!」
伊藤「やるなー埼玉県警...」
まずは駅を出て線路を渡り、土砂崩れ跡を目指す。土砂崩れとは言ってももう15年も前の出来事である。どのくらい痕跡が残っているだろうか。
セメント関係らしいかっこいい施設
セメント関係らしいかっこいい施設
この林道看板いい!
この林道看板いい!
萩原「ここが土砂崩れの跡ですね!この斜面が崩れて...」
萩原「ここが土砂崩れの跡ですね!この斜面が崩れて...」
萩原「ここが土砂に埋まった場所で...」
萩原「ここが土砂に埋まった場所で...」
萩原「この線路とホームまで達したと」 伊藤「想像するしかないですね」
萩原「この線路とホームまで達したと」
伊藤「想像するしかないですね」
土砂崩れ現場はいまやすっかり緑に覆われて、溜まった土砂の上は整地され近くのお寺の駐車場になっていた。うん、見どころでも何でもない。

吾野駅はこれだけではない。ほかを探しておいて本当に良かった。では次にすぐ横にあるでかい霊園に行ってみよう。
斜面につくられた大規模な霊園
斜面につくられた大規模な霊園
伊藤「これはすごい!」

斜面一面に広がるお墓には目をみはる。二人とも興奮していた。でもどうなんだろう。そんなに大きくないんじゃないか。いやでもでかい。少ない情報を拾うためにISO感度を上げすぎているので冷静な判断ができているのか分からない。そもそもお墓だし、すごいとかすごくないとかではない気もする。
やっぱりけっこうでかいと思うんだけど
やっぱりけっこうでかいと思うんだけど
とそのとき、道路脇で作業していた地元のおじさんが声をかけてきた。

「お墓のいちばん上に行くといい景色ですよ」

お墓、入っていっていいのか。というわけで急な坂を登っていちばん上まで行ってみることにした。
伊藤「この階段あとから段を増やしてますよね」 <br>萩原「作ってみたらちょっと段差大きいな、となったんですかね」
伊藤「この階段あとから段を増やしてますよね」
萩原「作ってみたらちょっと段差大きいな、となったんですかね」
広いお墓の中はアルファベットで区分けされていた
広いお墓の中はアルファベットで区分けされていた
坂を登り切って霊園のいちばん上にたどり着くと、そこには立派な鯉が泳ぐ小さな池があった。と、とつぜん伊藤さんが池に駆け寄る。

伊藤「すごい!これ全部オタマジャクシですよ!」
鯉が泳ぐ小さくてきれいな池の中に
鯉が泳ぐ小さくてきれいな池の中に
この黒いの全部おたまじゃくし!
この黒いの全部おたまじゃくし!
僕も思わず「うお!」と叫んだ。こんな大量のおたまじゃくしは見たことがない。ものすごい数で群れているけど、鯉に食べられるでもなく、鯉が通ると水流で巻き上げられたりしている。鯉に貼りついているのもいた。

伊藤「これたぶんヒキガエルのオタマですよ。この数だと、春先のカエル合戦はそうとうすごかっただろうなあ...」

戦場ヶ原まで行かなくてもここで見られましたね、という言葉が出かかったけどそっと飲み込んだ。
デジカメで接写を試みる伊藤さん
デジカメで接写を試みる伊藤さん
さて、振り返って見下ろすと、確かに駅と集落を一望できるなかなかの眺めである。あのおじさんに声をかけられなければ見ることがなかっただろう。

こういう地元の人とのふれ合いも旅の醍醐味である。
吾野一の絶景なり
吾野一の絶景なり
と、そこへさっきのおじさんが上がってきた。せっかくなので池の話、オタマジャクシの話を聞く。すると、それだけでなく様々な話を聞かせてくれた。この霊園の話、秩父の山の話、昔の仕事の話、昔の仕事の同僚の話、林業の話、川の話、お寺の和尚さんの話、お寺の鐘の鐘木を作った話、もう一本鐘木を作った話、兵庫県の話、奈良県の話、釣りの話、イノシシの話、猟師の話、2.5mのクマを撃った話、ライフルの撃ち方の話、ヤクザが怖い話、秩父の山の話...。さまざまな仕事で全国を渡り歩いたらしく、話という文字がゲシュタルト崩壊するほどの内容の濃さ。

楽しかったのだけど、僕は時間が気になって仕方がなかったので、話が途切れたところを見計らって「そういえば、このあたりに洞窟の中に観音があるって聞いたんですけど...」と切り出すと、行き方を教えてくれ、気をつけて、と見送ってくれた。

伊藤「いやー、僕たちも旅行できましたねえ、脳内で」
萩原「僕はこの取材の記事化を阻む一派が仕組んだ罠かと思いました」

時計を見ると、40分が経過していた。
ここから山道を登って洞窟観音を目指す
ここから山道を登って洞窟観音を目指す

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓