ひらめきの月曜日 2013年7月15日
 

1970年の東京の風景を探しに行く

霞ヶ関は全体がいい味だしてきてる

というわけで再びの霞ヶ関だ。
官庁街。このへんの建物には古いものも多くてあまり変わってなさそうにみえるけどどうなんだろうか。
官庁街。このへんの建物には古いものも多くてあまり変わってなさそうにみえるけどどうなんだろうか。
警視庁。
警視庁。
うおーのっけからぜんぜんちがう
うおーのっけからぜんぜんちがう
しかしこういう明らかにかっこいい建物は
しかしこういう明らかにかっこいい建物は
重要文化財として残っていたりする。これは法務省。
重要文化財として残っていたりする。これは法務省。
農林省(現農林水産省)は
農林省(現農林水産省)は
前を走る車が変わったけどそのまんま。地下鉄駅の入り口もそのままだ。
前を走る車が変わったけどそのまんま。地下鉄駅の入り口もそのままだ。
大蔵省も
大蔵省も
名前だけ変わって建物はそのまんま。あと、やや木が育っている。
名前だけ変わって建物はそのまんま。あと、やや木が育っている。
特に重要でもなく、なにげない顔して残っているのっぺり四角い建物たちが、いい味だしててかっこいい。
そして、1970年当時ばりばりのブランニューで表紙を飾った霞ヶ関ビルディングは、3つに増えていた。一番ひだりの一番小さいやつが元祖である。
そして、1970年当時ばりばりのブランニューで表紙を飾った霞ヶ関ビルディングは、3つに増えていた。一番ひだりの一番小さいやつが元祖である。
入ってる会社を比べようとおもったらほぼ全とっかえだった。見事なまでにサービス業にシフトしている。
入ってる会社を比べようとおもったらほぼ全とっかえだった。見事なまでにサービス業にシフトしている。
エスカレーターは間違いなく開業当時そのままのもので、テンションがあがった。ステップ側面がツルツルでロゴが筆記体の東芝の希少な丸ボディ。
エスカレーターは間違いなく開業当時そのままのもので、テンションがあがった。ステップ側面がツルツルでロゴが筆記体の東芝の希少な丸ボディ。
1970年、つい最近のような、なつかしいような、絶妙な時代だ。江戸や明治ほどの重要性もなく、昭和レトロ的な万人の心にひびく郷愁もないんだけど、私はなぜか心ひかれてやまない。こうやって実際にそのまま残っているものを見つけると、なんとなくは「おお!」と思えるぐらいのレトロ感である。
最後のページでは、この調子でいまも残っているものを手がかりに、ほぼ同じ角度から撮ってこれた景色を並べようとおもう。

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓