フェティッシュの火曜日 2013年7月16日
 

古いデジカメで名所観光

スカイツリーに登ってきました(記念写真)
スカイツリーに登ってきました(記念写真)
知人から変わったカメラをもらった。古いデジカメなのだが、写真を撮ったらその場でプリントできるのだ。
ポラロイド的なものではなくて、その場でプリンターから写真をプリントアウトするのだ。
このカメラを持って観光したら楽しいんじゃないか。その場で観光スナップをガンガンとプリントアウトしてきた。
1973年京都生まれ。色物文具愛好家、文具ライター。小学生の頃、勉強も運動も見た目も普通の人間がクラスでちやほやされるにはどうすれば良いかを考え抜いた結果「面白い文具を自慢する」という結論に辿り着き、そのまま今に至る。
> 個人サイト イロブン Twitter:tech_k

キングジムの『ダ・ビンチ』をもらった

先日、お世話になっている先輩ライターが事務所を移すということで、片付けのお手伝いに行った。
モノ系の記事を多く書いている方なので、事務所内には雑貨や小物が古いの新しいのと満載で、片付けついでにそういうのを安く売ってもらったり譲ってもらったりしたのだ。
で、事務所の押し入れの中からこういうのも出てきたのである。
『ダ・ビンチ』1990年発売。
『ダ・ビンチ』1990年発売。
モノ自体は知っていたが、実物を手にしたのは初めてだ。
今やデジタル文具のリーディングカンパニーとなったキングジムが、ラベルプリンターの『テプラ』を発売した直後ぐらいに作ったデジタルプリンターカメラ『ダ・ビンチ』である。23年前の商品だ。

デジタルプリンターカメラ、というのがいきなり謎だ。
どういうものなのか、実際に使ってみよう。
片手に持って撮影する。パシャ。
片手に持って撮影する。パシャ。
撮影が終わったら、あとはプリントするだけだ。
本体のプリントボタンを押す。
本体のプリントボタンを押す。
がががが。
がががが。
ががががががががが。
ががががががががが。
…ビリッ。(所要時間約1分20秒)
…ビリッ。(所要時間約1分20秒)
プリント上がり。ザ・古いデジタル感たっぷりのギザギザテイスト。
プリント上がり。ザ・古いデジタル感たっぷりのギザギザテイスト。
本体内にモノクロの感熱プリンターと感熱紙のロールを内蔵しており、撮った写真をその場でプリントアウトできるのだ。プリントが終わったらビリッと破りとれるようになっている。
本体カバーを開けると中に感熱紙。
本体カバーを開けると中に感熱紙。
感熱紙というのは、古いFAXとか古いワープロなんかで使っていたアレなのだが、それで説明が伝わる世代には元から説明なんか要らないことにいま気がついた。
えー、表面に熱を加えると黒く変色する薬品が塗ってある特殊な紙で、プリンターのヘッド部分で熱を加えることで印刷を行うのである。今だとレシートに使われているやり方だ。
感熱紙のパッケージ。1箱3ロール入りだった
感熱紙のパッケージ。1箱3ロール入りだった
元々、感熱プリント自体がそんなに精細な印刷に向いていないし、さらにカメラ自体の画質も現代と比べるとよろしくない。
なんせ世界初のデジカメが富士フイルムから発売されてわずか2年後の商品である。
正直なところ、何かもうちょっと先に進化させるべき部分があったんじゃないかと思わないでもない。

中に余分なメモリが入っていないので、撮り貯めておけないのだ。撮ったらプリントする。もう一度シャッターを押したら、もう先ほど撮った分は上書きされてしまう。さっき撮った方が良かったなー、と思ってもその時にはもう遅い。
デジカメならではの「気楽に何枚撮っても大丈夫」という安心感はゼロだ。というか、だいたい常に「さっき撮った方が絶対に良かった」となるので、昔の銀塩カメラ以上にギスギスした気分で撮影することになる。

ファインダーが雑なので、狙った通りの写真がなかなか撮れない、というのもギスギス気分に拍車をかける。
ファインダー収納状態。
ファインダー収納状態。
黒い針金みたいなファインダー。雑。
黒い針金みたいなファインダー。雑。

試し撮りしてみよう。

とにかく撮影をしてみないと勝手が分からないので、外に持ち出して撮ってはプリントを繰り返してみた。
近所の公園で、おじいちゃんたちがペタンク(金属球を投げるスポーツ)をしている。パシャ。
近所の公園で、おじいちゃんたちがペタンク(金属球を投げるスポーツ)をしている。パシャ。
作品名『老人の午後』
作品名『老人の午後』
お、いいじゃないか。古デジタルの良さというか、階調の少なさやギザギザの味わいが考えていた以上にコク深い。これはもうデジタルのヴィンテージだ。
撮るだけで意外とアート写真っぽくなるのが楽しいし、ファインダーで狙った通りに撮れない、というのも予想外の面白さがあって悪くない。

ついでに正直な話をすると、顔にモザイクやボカシを入れる手間のかからない解像度なのが素晴らしい。写真の加工が超ラクだ
公園の放置自転車。パシャ。
公園の放置自転車。パシャ。
作品名『公園の放置自転車』
作品名『公園の放置自転車』
階調が絶対的に少ないので、自動的にコントラストがパキッと効いた感じになる。この極端な感じが素敵だ。
インスタグラムに「デジタル(古)」というフィルタがあれば絶対ウケると思う。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓