チャレンジの日曜日 2013年7月21日
 

土用の丑の日には甘酒料理を食べよう

イワシの甘酒醤油焼き

続いては甘酒を漬けタレとしてイワシを焼きます。
醤油大サジ2.5に甘酒大サジ2ぐらい。砂糖の代わりに甘酒。砂糖を使うよりも柔らかい甘さになる。
醤油大サジ2.5に甘酒大サジ2ぐらい。砂糖の代わりに甘酒。砂糖を使うよりも柔らかい甘さになる。
用意する物は開いたイワシ、米と麹で作った濃い目の甘酒、山椒の粉。まず、醤油と甘酒を混ぜます。
小サジ1程度山椒の粉を入れる。醤油、砂糖、山椒の粉をかけて焼いたものは大体うなぎのかば焼きの味がする。
小サジ1程度山椒の粉を入れる。醤油、砂糖、山椒の粉をかけて焼いたものは大体うなぎのかば焼きの味がする。
続いて山椒の粉を入れて混ぜ合わせます。これで漬けタレ完成。
チャック付き保存バックに入れてからかけてもいいです。
チャック付き保存バックに入れてからかけてもいいです。
続いて開いたイワシに軽く塩コショウします。それを皿に並べて漬けタレを全体にかけます。
このまま直ぐに焼いてもうまいです。または漬けタレを刺身につけて食べてもうまい 
このまま直ぐに焼いてもうまいです。または漬けタレを刺身につけて食べてもうまい 
このままの状態で数時間冷蔵庫に保存して味をなじませます。
焦げ付きそうなものはクッキングシートに乗せて焼くと返しやすくて便利です。
焦げ付きそうなものはクッキングシートに乗せて焼くと返しやすくて便利です。
あとは少し焦げ目がつく程度に焼きます。焼きあがったら表面に残りのタレをかけて出来上がりです。
少し焦げた甘酒醤油タレの香りが食欲をそそる。 
少し焦げた甘酒醤油タレの香りが食欲をそそる。 
焼きあがったイワシの甘酒醤油焼きは身がふっくらと柔らかくなっています。醤油と甘酒による柔らかい甘辛さと、山椒の味がよく合います。
これも日本酒やご飯がススム味です。うまいね! 
これも日本酒やご飯がススム味です。うまいね! 
イワシの他に、サンマやアジでも美味しいと思います。こちらもこの夏に是非試して頂きたい!

トマトの甘酒ドレッシングかけ

次は甘酒をドレッシングにします。
甘酒、黒酢、塩、黒胡椒、タマネギ、オリーブオイルを使います。
甘酒、黒酢、塩、黒胡椒、タマネギ、オリーブオイルを使います。
用意する物は甘酒。どんな甘酒でもいいですが、今回の料理では米と麹で作った濃い目の甘酒がオススメです。あと、黒酢、塩、黒胡椒、タマネギ、オリーブオイルを使います。お好みでバジルの葉も使います。

分量は甘酒と黒酢が各大サジ2ずつ。塩と黒胡椒が各小さじ1/2程度。オリーブオイルが大サジ1ぐらい。タマネギが1/4個ぐらい。あと、お好みでバジルの葉なども数枚。味を見ながら増減させて大丈夫です。
各材料をザックリ混ぜれば出来上がり。 
各材料をザックリ混ぜれば出来上がり。 
作り方は甘酒、黒酢、塩、黒胡椒を混ぜたところに荒く刻んだタマネギを入れて、最後にオリーブオイルを入れて混ぜ合わせたらドレッシングは出来上がりです。タマネギはお好みで細かいみじん切りや、スリおろしでも構いません。
トマトと玉ねぎは相性がいい。
トマトと玉ねぎは相性がいい。
ドレッシングを適当な厚みに切って並べたトマトの上に乗せてバジルの葉を散らせば出来上がりです。
ざく切りタマネギで食べ応えのあるドレッシングです。
ざく切りタマネギで食べ応えのあるドレッシングです。
食べると程良い甘さと酸味、塩気がタマネギの風味と合わさり、トマトの味によく合います。麹のクセのある味はあまり感じません。旨味が中心です。
ビールと合わせたがワインでも良かったか。いずれにしろ夏にうまい一品だ! 
ビールと合わせたがワインでも良かったか。いずれにしろ夏にうまい一品だ! 
このまま豆腐や他の野菜にかけてもうまいです。肉にかける場合は、更にニンニクなどを刻んで入れてもいいでしょう。混ぜるだけで簡単なので是非この夏にやっていただきたい!

もっと甘酒を使おう

何種類か甘酒料理を紹介しましたがいかがでしたでしょうか。甘酒は飲料として飲むだけでなく、調味料や食材として広く使えます。そして他の食材をよりうまくします。

昨年ぐらいに塩麹のブームがありましたが、最終的にどう使ったらいいか迷い持て余してしまった人も多かったのではないでしょうか。

甘酒なら迷ったら飲んでしまえばいい。飲んでよし、料理に使ってもよし。調味料や食材としての甘酒をこの夏に是非試して暑さを乗り切ってください。オススメです!
実は甘酒をゼリーにしてゼリー飲料のスパウトパックに詰め替え,アミノ酸ゼリー飲料だ!と言って走りながら飲むネタも考えていたのですが、そういう容器に入った甘酒が既に販売されていて、それを飲めば同じだなと思い止める。甘酒200mlぐらいに、50mlのお湯に溶いた5gのゼラチン、レモン汁を大サジ1、2杯程度混ぜて固めれば出来ます。おいしいです。
実は甘酒をゼリーにしてゼリー飲料のスパウトパックに詰め替え,アミノ酸ゼリー飲料だ!と言って走りながら飲むネタも考えていたのですが、そういう容器に入った甘酒が既に販売されていて、それを飲めば同じだなと思い止める。甘酒200mlぐらいに、50mlのお湯に溶いた5gのゼラチン、レモン汁を大サジ1、2杯程度混ぜて固めれば出来ます。おいしいです。

<もどる▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓