フェティッシュの火曜日 2013年7月23日
 

今やお寺は一人でチンもポンもジャランもする

一人チンポンジャランの無伴僧。その開発の背景にはお寺の今があった
一人チンポンジャランの無伴僧。その開発の背景にはお寺の今があった
チンもポンもジャランも一人でやる。お寺の葬儀の話である。

禅宗の葬儀では鐘と太鼓とシンバルのようなものの演奏がある。これには三人必要なのだが、あるお寺が一人でできるセットを開発したらしい。

[参考]ひとりでチン・ポン・ジャラン - ITmedia News スマート

なんだか大道芸の一人バンドみたいだ。だが一見ひょうきんなこのセットの背景には、変わりつつある葬儀の今があった。
1980年生。明日のアーというコントのユニットをはじめました。動画コーナープープーテレビも担当。記事はまじめに書いてます

前の記事:「東京〜名古屋1,990円の飛行機vs長距離バス」
人気記事:「リカちゃん人形をダンボールで作ると泣けます」

> 個人サイト Twitter(@ohkitashigeto) 明日のアー

愛知県江南市永正寺、禅宗である臨済宗のお寺
愛知県江南市永正寺、禅宗である臨済宗のお寺

なんなんだチンポンジャラン

愛知県江南市永正寺。着いてみると大きなお寺だった。副住職の中村建岳さんに話をきいた。

――そもそもチンポンジャランってなんですか? お葬式で演奏があるんですか?

「禅宗の葬儀はまだ経験がありませんか? これは簡単に言うと野辺送り、土葬の行列の鳴らし物なんですよね。今は火葬なので鳴らし物だけ残ってるんです。

仏教の宗派で一番多いのが曹洞宗、そしてうちの宗派である臨済宗が六番目です。この二つが禅宗で、チンポンジャランがあります。」

最大宗派でもやってるチンポンジャランは一般的なものらしい。
副住職の中村建岳さん
副住職の中村建岳さん
――そもそもチンポンジャラン、って呼ぶものなんですか?

「正式には鼓(く)はつといいますが、チンポンジャランと呼んでるお坊さんは多いと思います。鉢(チーン)、太鼓(ポン)、引磬(ジャラン)の擬音ですね。この3つを三人で鳴らします」

わざとくだけているのかと思ったらみんなチンポンジャランって呼んでいるらしい。意外だ、禅の世界。
これが無伴僧で価格は8万円。「無伴奏」というクラシック用語があるが、住職がクラシックやオペラが好きらしい。
これが無伴僧で価格は8万円。「無伴奏」というクラシック用語があるが、住職がクラシックやオペラが好きらしい。

細やかな工夫が見られる『無伴僧』

そしてついに一人チンポンジャランである『無伴僧』を見せてもらった。値段は8万円。鉄でできていてしっかりしている。ところどころバネになっていたり独特の形状だ。

――これは誰が作ったんですか?

「住職が設計して近所の鉄工所さんにオーダーしたんです。楽器屋さんがやったわけではないですね。

太鼓はバネでとまってますね。試行錯誤してここはバネがいいだろうということになったと思うんです。

この無伴僧は骨組みだけで、各お寺が持ってるものをはめこめるようになってるんです。ジャランのところもネジになっていてとめるだけです」
鉢をさして太鼓をバネでつるす。鉢や太鼓は各寺のものを使用する
鉢をさして太鼓をバネでつるす。鉢や太鼓は各寺のものを使用する
バチを置くところや組立のためのみぞなど小さな工夫がある
バチを置くところや組立のためのみぞなど小さな工夫がある

お坊さん一人でやってくれないか?

――いつ作られたものなんですか?

「作ったのは平成12年ですね。葬儀自体がかんたんになってきて、十何年前に『お坊さん一人でやってほしい』とか『二人で』とかそういう要望があったんですね。でもうちは一人でやるとなるとチンだけなんです。

最後にどんどん早くなってダダダダダってやる"打ち鳴らし"があるんですがチン一人ではできないんですね。そこをなんとかできないかと住職が考えて設計したんです」

たしかにチンチンチンチン!では狂気のお鉢ソロでしかない。ポンポンポンポン!でもやはり同じことだろう。
水谷住職。このチンとポンを一緒にできるなと思ったのが最初だったそうだ。こうしてチンとポンの一体化に成功した。
水谷住職。このチンとポンを一緒にできるなと思ったのが最初だったそうだ。こうしてチンとポンの一体化に成功した。

チンポンジャランのブルーオーシャン

水谷大定住職にも話をうかがった。

――なんで一人でできると思ったんですか?

水谷「一人でチンポンジャランを鳴らせないかと考えてたときに、タイコのバチでチンをやれば叩けると思ったんです。

チンをタイコの上にもたせてジャランは別にいて、最初は二人でやってたんですね。そのうち台を作れば全部でできるなと思ったんです」

推測であるが(……これむりをすれば一人でも叩けるな)と誰もが思ってたことなんじゃないだろうか。

いやそれとも給食の時間に(……パンとおかずと牛乳をミキサーにかけて飲んだら一応三角食べになるな)と考えるようなとっぴなことなんだろうか。

ともかく実際にやったイノベーターがここにいて、ここにある変わった器具がイノベーションなのだ。
全部太鼓のバチでできるなと考えた住職。悠久の時を経て、今チンポンジャランに合理化の波がきた
全部太鼓のバチでできるなと考えた住職。悠久の時を経て、今チンポンジャランに合理化の波がきた
これが打ち鳴らし。バンド演奏の最後にドラムめったうちにする感じにも似てる

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓