デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ちしきの金曜日 2013年8月2日
 

一人で彼女にあーんしてもらっている写真を撮る方法

「甘えん坊のけいたん」とは私です
「甘えん坊のけいたん」とは私です
恋人に「あーん」してもらうというカップルならではの行為がある。自分で食べ物を口に運ぶのではなく、彼女に運んでもらうのだ。

しかし、これは誰もができることではない。カップルでないとできないのだ。男同士でこれをやっても全然嬉しくない。そこで、一人で恋人に「あーん」してもらっている写真を撮る方法を紹介したい。
地主恵亮 地主恵亮(じぬしけいすけ)
1985年福岡生まれ。思い立ったが吉日で行動しています。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。
> 個人サイト Web独り者 彼女がいる風の地主恵亮

恋人から「あーん」とは

恋人がいることの幸せとはなんだろう、と考えると「あーん」に行き着く。自分で食べることもできるのに恋人に食べ物を口に運んでもらう行為のことだ。イチャイチャの代表的なことであり、幸せの象徴とも言える行為である。
あーん
あーん
当たり前だけれど、この恋人からの「あーん」は独り者では成り立たない。その理由は冷静に考えると分かる。「あーん」してくれる人の存在が必要不可欠なのだ。つまり恋人が必要なのである。
独り者では「あーん」はできない
独り者では「あーん」はできない
そこで写真である。写真ならば一人でも恋人から「あーん」してもらえるのだ。異性と知り合い、恋人になり、あーんしてもらえる状況を作ると言ったステップを一切必要としない。思い立った時に恋人からあーんしてもらえるのである。
照れちゃうな
照れちゃうな

あーんは作れる

上の写真を見ていただきたい。物語を感じないだろうか。彼女が自分の食べていたドーナツが美味しくて、「美味しいよ、食べてみてよ」と彼氏に「あーん」。その思い出を残したくて彼女はスマートフォン(以下、スマホ)で写真を撮ったのだ。そんな幸せ物語を写真から感じることができる。
ケッチャプついてるよ!
ケッチャプついてるよ!
あーん以外にも口に付いたケチャップを取ってくれるというのも素晴らしい。彼女はこの後、指に付いたケチャップを舐めるだろう。そんな幸せの一瞬を残したくて彼女は写真を撮ったのだ。ラブラブのカップルである。人はこれ以上に何を求めればいいのだろう。
そんな写真が一人で撮れます
そんな写真が一人で撮れます
そんなカップルの幸せ写真が一人で撮れてしまう。恋人は必要ないのだ。あえて言えば恋人とは右手だ。右手が恋人となり、左手でスマホのシャッターを押すのだ。すると一人で恋人があーんしてくれている写真が撮れてしまう。
自分で食べられるよ!
自分で食べられるよ!
自分で食べています
自分で食べています

恋人の手になる

以上のように簡単に恋人とのあーん写真は撮れてしまうが、いくつかのポイントはある。難しいことではない。まずは右手を恋人にすること。男性の手はやはり女性と比べると色が黒かったりするので、白くする必要がある。
右手にファンデーションを塗る
右手にファンデーションを塗る
そして、マニキュアも塗る
そして、マニキュアも塗る
女性のような手にするために右手にだけ、ファンデーションを塗り、マニキュアを塗る。これで燦然と輝く女性のあの柔らかい手が写真の中では再現されるのだ。最後にシュシュをつければ完璧。女性と言えばシュシュである。色が白い男性ならシュシュだけでもいいかもしれない。
これで女性の手!
これで女性の手!
次のポイントは写真をトイカメラ風にすることである。近年のトレンドであるカメラ女子の普及にはこのトイカメラ風が多大なる影響を与えている。スマホアプリで簡単に撮れてしまうので難しいことはなく、女性らしさを演出するためにはトイカメラ風を外すわけにはいかない。
スマホアプリで簡単にトイカメラ風の写真が撮れます!
スマホアプリで簡単にトイカメラ風の写真が撮れます!
最後のポイントは笑顔である。彼女があーんしてくれていて、彼氏のその甘えた様子を彼女は写真として残そうとしている。このような場合、彼氏には照れという感情が生まれる。この感情を表面に出すには笑顔である。照れ笑いだ。以上のようなポイントで恋人からのあーん写真はひとりで撮れしまうのだ。
一人でも照れずに笑顔!
一人でも照れずに笑顔!

応用しよう!

あーん以外にもこれらを応用することで、恋人との幸せな瞬間を一人で撮影可能となる。たとえばカップルでお弁当を持って公園に出かける。そこで彼氏は眠ってしまい、つまらなくなった彼女は寝ている彼氏の顔で遊びだす。その様子を写真に撮る。幸せなふざけあいだ。
面白い顔、と彼女は写真を撮る
面白い顔、と彼女は写真を撮る
レジャーシートの上で眠っていた彼氏は彼女が自分の顔で遊んでいたことを知らない。起きてからこの写真を見せられるのだ。そして「なにやってんだよ」と二人はふざけ合う。しかし、私は顔で遊ばれていたことを知っている。なぜなら自分で撮ったからだ。
自分で撮った
自分で撮った
方法としては先述の「あーん写真」と全く同じである。右手が恋人であり、左手でスマホのシャッターを押す。撮影風景を見ればカップルのそれとは大きく異なるが、撮れた写真を見ればカップルのそれと全く同じである。わざわざこんなことしないだろう、と多くの人は思うから自然な写真に見えるのだ。
寝ている彼氏の顔に落書き!
寝ている彼氏の顔に落書き!
公園で眠ってしまった彼氏の顔に落書きというのも先の方法で撮影できる。このようにして撮った写真をTwitterやFacebookにアップすれば、見た人は羨ましく思うだろう。誰もがラブラブになりたいのだ。ちなみにこんなことをしている私は明日(8月3日)誕生日を迎えます。おめでとう、俺。
そもそも公園にも行ってない
そもそも公園にも行ってない

あーんはひとりでできる!

ハードルが高いようなことでも実はやってみると低いということもある。まさに「あーん写真」がそうである。二人が写っているより、彼女がその様子を撮ってくれた写真の方が二人の距離感が近く、幸せを感じることができる。つまりこの写真は正解なのだ。胸を張って生きて行こうではないか。
幸せそう!
幸せそう!
一人なんだけどね
一人なんだけどね

  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation