ちしきの金曜日 2013年8月2日
 

どうしても「キリン」をたくさん作りたい

どうしても!どうしても作りたかったのだ!
どうしても!どうしても作りたかったのだ!
1年5ヶ月前、キリンの人形(?)を作った記事を書いた(→「キリンを手のひらに乗せたい」)。楽しかった。

楽しかったが、ほんとうはたくさん作りたかった。でもとうてい大量には作れない手間のかかり具合だったので、数ヶ月後、製作の一部を業者に依頼することで実現しようとした。

そしたら失敗した(→「キリンをたくさん作りたかった」)。

くやしい!くやしいのでみたび挑戦だ。
もっぱら工場とか団地とかジャンクションを愛でています。著書に「工場萌え」「団地の見究」「ジャンクション」など。
> 個人サイト 住宅都市整理公団

三度目の正直

えいやっ!と思い切って厚さ8mm、2m四方の工業用フェルトを購入!うれしそう。しかしそのお値段5万円強。うひゃー!
えいやっ!と思い切って厚さ8mm、2m四方の工業用フェルトを購入!うれしそう。しかしそのお値段5万円強。うひゃー!
ここで言う「キリン」とはもちろんガントリークレーンのこと(→「キリンの真下から見上げる!」)。コンテナを船に積み下ろしするキュートなあれだ。キュートつっても高さ40mもあったりするんだけど。

紅白縞々(そうじゃないやつもいるけど)のかわいらしい見た目で、かつ働き者。実はファンが多い。ぼくもその一人だ。

実物ほしいけどそういうわけにもいかないので、せめてミニチュアを。どうせなら柔らかく愛でたい。しかもたくさん(たくさんあってこその工業モノだと思うのだ)。
厚さ8mmのフェルト。なんかすごくいい。
厚さ8mmのフェルト。なんかすごくいい。
そう思ってフェルトで作り始めたのが1年5ヶ月前。しかしなかなかうまくいかない。ここらへんで敗因を整理してみよう。
前々回。一体分を切るだけで丸2日かかった。
前々回。一体分を切るだけで丸2日かかった。

フェルトって切るのたいへん

これは最初に作ってみて気がついたこと。こやもうこれが全然思うように切れない。ましてや8mm厚(大きさ的にこれが理想)のフェルトなんて人力できれいに切るのはほぼ無理。すくなくともぼくには無理。
見事に茶色に焦げて途方に暮れた前回</a>。
見事に茶色に焦げて途方に暮れた前回
で、カットは業者さんにおまかせしよう!というのが2回目のチャレンジだったわけですが…

だからってレーザーカットはだめ!

フェルト、焦げ焦げですよ。香ばしいったらありゃしない。色も紅白シマシマに着色できなかったし。

しかも8mm厚は切れないということで4mmにしたため、結局貼り合わせる手間がかかってしまった。なにやってるんだか。

要するに問題はカットなわけですよ

しかしかわいい紅白縞々キリン製作の夢は捨てきれず、カット方法に関していろいろ調べたところ、どうやらウォータジェットによるカットがよさそうだということがわかった。

ウォータージェットとは超高圧の水を材料に当てることで加工する技術のこと。刃を使わないのでゴムなどの柔らかいものもきれいに切れるのだそうだ。うむ、これは有望だ。水だから焦げないだろうし。

さっそく個人でもカットをお願いできる業者さんに連絡してみた。そうしたら「いままでにそのような厚手のフェルトを切ったことがないので、まずテストしてみましょう」とのこと。なるほど。
まずはテスト。このような面付けデータと小さく切ったフェルトを送った。やたら部品が細かいのは色分けのため(後述)。
まずはテスト。このような面付けデータと小さく切ったフェルトを送った。やたら部品が細かいのは色分けのため(後述)。
テストカット来た!
テストカット来た!
おおおおー!いい感じだ!
おおおおー!いい感じだ!
まずは一匹分のテストカットをお願いしたところ、かなりいい感じ!ウォータージェットすごい!すてき!水に「ありがとう」って言うと良い水になる、というスピリチャルなアレがあるが、このときばかりはぼくも言いたくなった。ありがとう、水。

しかしお礼を言うのは早かった。ここで別の問題にぶつかり、事態はふたたび振り出しに戻ってしまう。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓