ひらめきの月曜日 2013年8月5日
 

300円で楽しめる東南アジア街歩き(気分)

左がベトナム、右が日本
左がベトナム、右が日本
僕が行った海外旅行先といえば、新婚旅行で行ったトルコをのぞけば東南アジアばかりだ。(アメリカやヨーロッパは怖いから)。
そのせいかどうかはわからないけど、日本にいても、外を歩いていると急に「ここは東南アジアっぽいぞ」と思う時がある。
気温、湿気、周囲の景色、いろんな条件がたまたま自分の海外旅行の思い出と重なったとき、そこに東南アジアが現れる。特に蒸し暑い今の時期は。
インターネットユーザー。電子工作でオリジナルの処刑器具を作ったり、辺境の国の変な音楽を集めたりしています。「技術力の低い人限定ロボコン(通称:ヘボコン)」主催者。1980年岐阜県生まれ。
> 個人サイト nomoonwalk

もともと似てるところがある

実際、日本の景色ってところどころで東南アジアに似ていると思う。
日本もアジアの国だから、文化的に共通するところも多いのだろう。
たとえば普通の街中歩いてて急に古い西洋風の建物が出てくると(東京駅)
たとえば普通の街中歩いてて急に古い西洋風の建物が出てくると(東京駅)
ベトナムっぽいなーとか(サイゴン大教会)
ベトナムっぽいなーとか(サイゴン大教会)
サイズは全然違うけど、急に出てきてレンガ造りで丸い、という点ではタイの仏塔の存在感も近い
サイズは全然違うけど、急に出てきてレンガ造りで丸い、という点ではタイの仏塔の存在感も近い
それからこの、上までコンクリがせり出してるタイプの歩道の形(大手町の歩道)
それからこの、上までコンクリがせり出してるタイプの歩道の形(大手町の歩道)
これ台湾っぽいなーとか(写真はこの記事</a>より、台湾の歩道)
これ台湾っぽいなーとか(写真はこの記事より、台湾の歩道)
力強い漢字だけの看板を見ると
力強い漢字だけの看板を見ると
やっぱり台湾だ台湾
やっぱり台湾だ台湾
いくつか挙げてみたけど、どれも「周囲360度まるっきり東南アジア!」というわけではなくて、一部の要素がちょっと似てるくらいである。

それでも見つけたとき一瞬だけ現地にいるみたいな気分になる。これは人間の錯覚のなせる業だ。

もしこの錯覚を長続きさせることができれば、もしかして日本に居ながらにして海外旅行が楽しめるのではないか。

ハーブでトリップ

そういうわけで、ある日の仕事帰り。海外旅行に出かけることにした。
行ってきます。さよなら日本!
行ってきます。さよなら日本!
そのままスーパーへ
そのままスーパーへ
野菜売り場
野菜売り場
で、ある商品を購入
で、ある商品を購入
この商品が、今回の旅行の航空チケットとなる。
ただし、何時間も窮屈なフライトに耐える必要はない。
搭乗手続きを終えたら、もう南国はすぐそこだ。
適当に外に出た。まだ日本です
適当に外に出た。まだ日本です
あっ、ここ東南アジアだ
あっ、ここ東南アジアだ
ひみつはこれ
ひみつはこれ
パクチーだ。
「ここちょっと東南アジアっぽいなー」にパクチーの香りを補強してやることで、視覚と嗅覚で刺激量2倍に。するとそこはもう完全に東南アジアである。

このパクチーはスーパーで300円で買った。この合法ハーブを使えば瞬時にトリップ(そのままの方の意味で)できるのだ。
寄りの写真で香りを想像してください
寄りの写真で香りを想像してください
タイ、入国できましたか?
タイ、入国できましたか?

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓