ロマンの木曜日 2013年8月8日
 

この夏、行きたいダム11選

遊べるダム、涼しいダムが目白押し
遊べるダム、涼しいダムが目白押し
夏休みまっ盛りである。

海に出かけたり、山もいいけど、ダムにも行ってみよう。

単に眺めるだけじゃない、この夏に行ってこそ楽しいダムをご紹介したいと思う。
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。 個人サイト:ダムサイト

行った当日に見学できるダムがある!

ごまかしようがないので最初に書きますが、この記事はいまだに夏休みの旅行先や自由研究に悩んでいる小学生中学生向けに書いています。

ダムのことを調べようと思って出かけて、単に上から眺めたり下から見上げたり、もちろんそれでも楽しいけど、もし普段見られないダムの中を見せてくれると言われたら観に行きたくなるだろう。

なんと、ダムの中には当日ふらっと行って、職員さんの解説つきで中を見学させてくれるところがあるのだ。スナック感覚のダム見学である。
シャープな逆三角形が美しい深城ダム(山梨県大月市)
シャープな逆三角形が美しい深城ダム(山梨県大月市)
管理所の玄関に向かうと
管理所の玄関に向かうと
「ダム見学できます」の貼り紙が!
「ダム見学できます」の貼り紙が!
たとえば、山梨県大月市にある深城ダムでは、平日に限り予約不要でダム見学を受けつけている。しかも、なんと一人からでも対応してもらえるのだ。

管理所の玄関にあるインターホンで見学したい旨を伝えると、職員さんがさっそく案内してくれる。
「じゃ、さっそく行きましょうか」
「じゃ、さっそく行きましょうか」
ふむふむ
ふむふむ
ダムの中のエレベーターで下に降りる!
ダムの中のエレベーターで下に降りる!
ダムの中は年間を通して10℃くらい
ダムの中は年間を通して10℃くらい
狭い通路を通って外に出ると
狭い通路を通って外に出ると
どーんとダムを下から見上げる場所へ!
どーんとダムを下から見上げる場所へ!
内容は、ダムの上で役割や仕組みの紹介を受けたあと、堤体の中にあるエレベーターでダムの下に降りて堤体を見上げる、といった感じ。

だいたい2、30分程度のプチ見学会だけど、プロがマンツーマンで直接案内してくれるので、知りたいことがあれば何でも質問できる。写真にあるようにダムの中の通路は年間を通して10℃くらいに保たれているので、夏は涼しく冬は暖かい。それがなぜか、ということも教えてもらえるのだ。

こういう「当日ふらっと行って見学できるダム」、ほかにも全国いくつかのダムで行われている。
東北屈指の重力式ダム、玉川ダム(秋田県仙北市)
東北屈指の重力式ダム、玉川ダム(秋田県仙北市)
手作りの看板がかっこいい
手作りの看板がかっこいい
南魚沼産コシヒカリの源、三国川ダム(新潟県南魚沼市)
南魚沼産コシヒカリの源、三国川ダム(新潟県南魚沼市)
ジェットエンジンのような放流が目の前に
ジェットエンジンのような放流が目の前に
北アルプスの無頼派、大町ダム(長野県大町市)
北アルプスの無頼派、大町ダム(長野県大町市)
ここもダム好きが来るのを待っている
ここもダム好きが来るのを待っている
これらのダムは当日受付ができるけど、もちろん点検があったり大雨で警戒態勢のときは見学できないこともあるので、事前に電話で確認しておいた方がいいかも知れない。

あと、当日いきなりは無理だけど、事前に予約しておけば見学を受けつけてくれるダムも多い。身近なダムのホームページなどで確認してみよう。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓