ひらめきの月曜日 2013年8月12日
 

エスカレーターのインディーズレーベルをご存知か

!
以前私は、この記事で日本国内にあるエスカレーターのメーカーは、だいたい6社だと自信満々にお伝えした。
ところがその後、新たに4社のエスカレーターメーカーがあることが判明した。
深く反省し、ここにご紹介したいと思う。
1984年うまれ、石川県金沢市出身。邪道と言われることの多い人生です。東京とエスカレーターと高架橋脚を愛しています。
> 個人サイト 東京エスカレーター 高架橋脚ファンクラブ

6社の見究めでいい気になっている場合ではなかった

だいたい6社と言っているが、「まぁほかにはないだろうね、海外メーカーならもう少しあるから、もしかしたら今後参入してくることがあるかもしれないけど」ぐらいの意味での「だいたい」だった。自信満々だった。
ところが、だ。その後、海外メーカーどころか、れっきとした、日本のメーカーで、さらに、4社のエスカレーターメーカーがあり、しかも、そのエスカレーターが現存することを、報告いただいてしまったのだ。
これがどういう事態かというと、エイベックスや東芝EMIのようなメジャーレコード会社の音源しか扱わないCD屋に足繁く通って、すっかり音楽通になった気でいた私が、はじめてタワーレコード渋谷店の豊潤のインディーズコーナーを知ったときの衝撃と同じものがある。
まったく恥じ入るばかりだ。順々にご紹介したい。

日本エレベーター工業

1基目は、ちょっと古めの昭和なスーパーをめぐっていろいろなレトロなエスカレーターを堪能した際お世話になったMACLORD氏に教えてもらったエスカレーターだ。この記事の中でも紹介したのだが、良いものは良い。もう一度きちんと紹介しよう。
それは、会津若松の素敵な商店街にある。
この商店街の感じ、とても好きだ。地元金沢も、市内随一の繁華街が、こんな感じのアーケード商店街である。
この商店街の感じ、とても好きだ。地元金沢も、市内随一の繁華街が、こんな感じのアーケード商店街である。
問題のエスカレーターは、TSUTAYAの入っているこのビルにある。いかにも渋いビル!
問題のエスカレーターは、TSUTAYAの入っているこのビルにある。いかにも渋いビル!
そしてエスカレーターがたしかに見える。
そしてエスカレーターがたしかに見える。
めずらしいメーカー製のエスカレーターがあるとMACLORD氏にきいてやってきたのだが、この渋いビルにエスカレーターがある、という時点で私はけっこう驚いている。なぜかというと、こういった地方都市でエスカレーターがつくというと、もっぱらデパートか、新しめの商業施設につくことが多いので、渋いエレベーターにはなんの興味もない私にとってはこの手のビルは空振りになることが多いのだ。だから今まで、地方に行くときはデパート中心に散策していたので、MACLORD氏がめぐっている渋いスーパーは、まったく盲点だったといえる。本当に心強い同好の士があらわれたものだ。

話がすっかりそれたが、エスカレーターである。
素敵な部分照明の丸ボディタイプ(ガラスが湾曲してせりだしているもの)
素敵な部分照明の丸ボディタイプ(ガラスが湾曲してせりだしているもの)
照明がこの部分だけ、というタイプはけっこう珍しい。
照明がこの部分だけ、というタイプはけっこう珍しい。
銀色の床板部分に、「nippon elevator ind.」の刻印がご覧いただけるだろうか。
銀色の床板部分に、「nippon elevator ind.」の刻印がご覧いただけるだろうか。
日本エレベーター工業製なのである。当然、この将棋の駒みたいな注意ラベルも初めて見る。
日本エレベーター工業製なのである。当然、この将棋の駒みたいな注意ラベルも初めて見る。
日本エレベーター工業は1985年にシンドラーの傘下に入り、1991年に商号もシンドラーエレベータとなったので、現在の新しいエスカレーターには、このラベルも、nippon elevator ind. の刻印も見ることはできない。というかそれ以前に、日本エレベーター工業の時代に、エレベーター以外にエスカレーターも作っていたという事実を知らなかった。他で見たことがない。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓