フェティッシュの火曜日 2013年8月13日
 

お前もペンにしてやろうか

全部ペンにしてしまえば大丈夫。
全部ペンにしてしまえば大丈夫。
いわゆる「文房具好きの人あるある」なのだが、旅先のお土産物屋などで細長いものが並んでいると全部ボールペンに見えてつい手に取ってしまう、的なうっかりプレイがある。
民芸品っぽい箸や万華鏡、耳かきなど、毎回無意識につまみ出しては「なんだペンじゃないのか」とガッカリして戻す、というのが大まかな流れである。
いちいちガッカリするのも面倒なので、もうそういう細長いものは全部ペンにしてしまえばいい。
1973年京都生まれ。色物文具愛好家、文具ライター。小学生の頃、勉強も運動も見た目も普通の人間がクラスでちやほやされるにはどうすれば良いかを考え抜いた結果「面白い文具を自慢する」という結論に辿り着き、そのまま今に至る。
> 個人サイト イロブン Twitter:tech_k

人間には、ペンロックオン機能がついている

日常的に文房具のことを気にしていると、どんなによそ見をしていても、ペンぐらいの縦横比率の棒状の物体があればそこに視線が自動的に吸い寄せられるようになる。
デジカメの顔認識と同様の機能がペンに対して働いてしまうのだ。

これはもう人体の仕組み的な話なので、例えば社員旅行先の土産物売場で同僚が細長いものをいじりだしても「ああ、そういう人もいるんだな」ぐらいで止めておいて欲しい。
とある民芸風の店頭。
とある民芸風の店頭。

例えば僕が上の写真のようなお店の前を通った時は…

僕にはこんな感じに見えている。
僕にはこんな感じに見えている。
だいたいこれぐらいターゲットマーカーが出てると思って欲しい。
そして「わー、見たことないボールペンがいっぱいだ。どれ買おう」とテンション上がった直後に、これが全部ペンではなくお箸だったと気付いた時のがっかり感。これはご理解いただけるのではないか。

じゃあもうボールペンにしよう

こんながっかり感を毎回味わうぐらいなら、いっそ自分で目に入ったものを全部ペンにしてしまえばよいのではないか。
店頭でボールペンと間違えてしまう率ナンバーワン、箸。
店頭でボールペンと間違えてしまう率ナンバーワン、箸。
ボールペンというのはだいたい「レフィル」と呼ばれる芯の部分さえあれば筆記可能なので、このレフィルを気になった細長いものに埋め込んでしまえばオーケー。それだけで、もう二度とあんな辛い思いはしなくて済むのだ。
適当なボールペンを…
適当なボールペンを…
分解して芯(レフィル)を引っこ抜く。
分解して芯(レフィル)を引っこ抜く。
ペンの種類によってレフィルの直径もまちまちだが、普通の油性ボールペンであれば直径3mmぐらい。それに合うドリルで穴を開けてレフィルを突っ込めば、それで簡単にペンの出来上がりである。
電動ドリル突入。
電動ドリル突入。
今回は3.2mm径の穴をあけた。
今回は3.2mm径の穴をあけた。
中でガタつかないよう、レフィルにボンドを塗って挿入。
中でガタつかないよう、レフィルにボンドを塗って挿入。
先端パーツも接着して完成。
先端パーツも接着して完成。
箸一本で作業時間わずか5分強。
こんな簡単なことで世界中の文房具好きがあの悲しみから解放されるとしたら、それはもう、僕は何らかの賞をいただいても良いのではないか。なんかノーベルボールペン賞的なやつ。

箸がペン

ボールペンのある食卓。
ボールペンのある食卓。
文具好きの皆さん、もういいんです。我々は二度と箸売場の前で泣かなくてもいいんです。
こんな感じにしてしまえば良かったんです。

あと、箸の直径と辺の直径が偶然同じだったので、キャップまで再利用できたのは僥倖だった。
あ、そうだ忘れてた。いま食べてる献立をメモしておかなきゃ。
あ、そうだ忘れてた。いま食べてる献立をメモしておかなきゃ。
今後人類は、ご飯を食べながらでも気付いたことや忘れてはいけないことを即、メモすることが可能になった。
食事の途中でも、つい忘れがちなライフログを記録することができるのだ。
キャップを外すだけで筆記可能。
キャップを外すだけで筆記可能。
あっ。
あっ。
大事なところをうっかり書き損じてしまったが、問題はない。
何のために箸が二本で一組になっているのか。
そんな時はもう一本の箸を抜いて…
そんな時はもう一本の箸を抜いて…
間違った部分は赤で訂正すれば良し。
間違った部分は赤で訂正すれば良し。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓