はっけんの水曜日 2013年8月14日
 

線香の煙におじいさんを投影する

!
線香の煙に先祖の写真を投影したい。

世間はお盆休み真っ盛り。しかし忘れてならないのがご先祖様の供養だ。 お仏壇に家族揃って手を合わせ、線香を炊き南無阿弥陀仏と唱える。 お盆の必須行事である。

ただ中高生ぐらいのティーンエイジャーにとっては気が重いものであることも確か。 先祖も子孫が面倒くさがってるのを見るのは悲しいだろう。 もっと子供たちが興味を持つような取り組みがお仏壇にも必要なのではないか。

そこで思いついたのが、線香の煙に先祖の姿を投影する方法である。
1985年生まれ札幌市出身。髪がとても硬いため寝癖がなかなか直りにくい体質。そのためよく帽子をかぶっています。
> 個人サイト こざとへんなところ+++

お線香プロジェクションマッピング

要はいま流行のプロジェクションマッピングを お仏壇にも取り入れようということである。

で、そのやり方としては線香の煙にプロジェクターで投影するだけだ。

だけだ、といってもやったことはないので、本当にそれでうまくいくのかどうか分からない。ただ煙に映像を投影する手法は、スモークマシンを使った物から白い息を利用したものまで結構いろいろあるので、煙ならなんでも大丈夫なんじゃなかろうか。

線香の煙なら、なんらかの神がかり的な力が作用してうまくいけそうな気もする。
先祖を写すスクリーンとなる線香。
先祖を写すスクリーンとなる線香。
先祖を射出するプロジェクター。
先祖を射出するプロジェクター。
煙の投影が見やすいように背景に黒い布を貼る。
煙の投影が見やすいように背景に黒い布を貼る。
先祖の霊が現世に現れるセット完成。
先祖の霊が現世に現れるセット完成。

知らないおじいさんを投影

これで投影する先祖の映像を用意すればいい。 しかし本当の祖父母の写真は小さく写ってたりしてあまり良いものがなかった。

そこで笑顔が良い感じのおじいさんの写真素材を使うことにした。 先祖どころかまったく知らない人ではあるが、「おじいさん」という概念で包括的に考えれば問題ない。
「笑顔も豊作じゃよ」
「笑顔も豊作じゃよ」
ちなみに有料素材で800円ぐらいしたので、 今後しつこいぐらい積極的に使っていく可能性がある。ご了承ください。

投影用に画像を加工

プロジェクターでおじいさんを投影するには、 おじいさん以外が写らないように背景を真っ暗にしないといけない。

また先祖っぽい雰囲気を出すために写真を昔風に加工した。
背景が暗くなっただけでこのワケあり感。
背景が暗くなっただけでこのワケあり感。
急に笑顔が怖くなった。 ちょっとした加工だけでこうなるなんて、 本当はマフィアのドンかなにかかもしれない。
投影してもでかいし怖い。
投影してもでかいし怖い。

線香からおじいさん登場

ここからPCで位置とサイズを調整しつつ、線香の煙のちょうど真上辺りに配置。

これでうまくいけば線香の煙におじいさんの像が現れるはずだが果たして…
あ、あ!
あ、あ!
なんかいる!
なんかいる!
なんかいるもなんも後ろに投影されてるのが思いっきり見えてるけど、 いまはそこに目をつむって、煙の方にだけ意識を向けて欲しい。

ハッキリとではないが、揺らめく煙からおじいさんが現れている。 ある種の幽玄ささえ感じさせるその姿に、 おもわず拝んでしまった。

おじいさんは風に弱い

上の写真ではうまく撮れたが、やっぱり常にうまいこと投影されてるわけじゃない。
おじいさんがんばって!
おじいさんがんばって!
きれいに写るには煙が出来るだけ真っ直ぐ立ち上ってる必要があるらしく、 ちょっとでも煙が乱れていると、おじいさんがたちまち消えてしまう。
あぁ〜鎮魂。
あぁ〜鎮魂。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ