フェティッシュの火曜日 2013年8月20日
 

伝説の中華『珍来』、特大ギョウザと焼きそばを巡る!

!
珍来、という中華料理屋を知っているだろうか。
創業者が茨城出身で、現在は東京・千葉・埼玉・茨城に100軒あまりを展開する中華料理のチェーンだ。
だが最近、この珍来がさらに4つの系列に分かれると知った。
見慣れた珍来のさらなる正体を突き止めるべく、僕は珍来を巡る旅に出かけた。
1978年、東京都出身。漂泊の理科教員。名前の漢字は、正しい行いと書いて『正行』なのだが、「不正行為」という語にも名前が含まれてるのに気付いたので、次からそれで説明しようと思う。
> 個人サイト まさゆき研究所 新棟

珍来といえば、この看板と特大ぎょうざ!

珍来の魅力を説明しよう。まずはシンボルとも言えるこの看板だ。
迫りくる太字、力強い色遣い、そして異常な面積。
迫りくる太字、力強い色遣い、そして異常な面積。
オシャレ要素を取り入れる色気など、みじんも感じさせない、自己を主張してやまないこのデザインが、珍来の最大の特徴である。

そしてメニューの売りは、でかい餃子!
普通の餃子の3倍はあるし、超うまい!
普通の餃子の3倍はあるし、超うまい!
ラーメンの付け合せに……と考えてると、うっかり食べきれない物が出てくる。
しかし関東の東半分一帯にありすぎるため、地元民はみんな慣れ過ぎてしまっている。

大きな地図で見る
ざっと近隣で検索しただけで10店舗ぐらいは余裕。
特別なイメージもないが、楽に使えておいしいので無くなると困る。都内で言うところの、喫茶「ルノアール」ぐらいの立ち位置だ。

実は4系統に分かれていた珍来

さて、これまで意識せず愛用していた珍来だが、じつはこの珍来、起源は同じものの、現在では分岐して全く違う4つの経営元に分かれているらしい。
!
!
!
!
なんと!全然気づかなかったぜ!
いつも行く珍来以外はどんな珍来なのか?
茨城・千葉に住んで17年、すっかり珍来のことを知ったつもりだった僕は、珍来コンプリートを目指して旅に出た。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓