フェティッシュの火曜日 2013年8月20日
 

ウナギが無ければタウナギを食べればいいじゃない

ウナギっぽいでしょ?でもウナギじゃないよ!
ウナギっぽいでしょ?でもウナギじゃないよ!
ウナギが減っている。値段が上がっている。保護しなくては。近頃こういう話題をよく耳にする。確かにここ数年でウナギは以前よりも手を出しにくい食品になってしまった。
では代わりに「タウナギ」を食べよう。そうしよう。
1985年生まれ。生物を五感で楽しむことが生きがい。好きな芸能人は城島茂。
> 個人サイト Monsters Pro Shop

タウナギとは

漢字で書くと田鰻。文字通り川をさかのぼって田んぼに入り込んだウナギのこと…ではない。一応魚類ではあるのだがウナギとはとても縁の遠い種類で、日本本土に生息するのは中国大陸から食用目的で持ち込まれたものだと言われている。つまり食材として定着こそしなかったが、確実に食べられはするわけだ。ちなみに琉球列島にも非常によく似た外見のタウナギがいるが、こちらは在来の違う種類だという。
でも田んぼやその周辺に多いのは名の通りである。
でも田んぼやその周辺に多いのは名の通りである。
聞いた話によると、本土へは奈良に持ち込まれたのがきっかけで定着したそうだ。実際、タウナギは西日本だと奈良県をはじめとする近畿地方にやたら多い。というわけでろくに情報も持たないまま奈良県の某田園地帯へとやってきた。
人様の田んぼに網を入れるわけにはいかないので、その周囲の用水路を捜索する。
人様の田んぼに網を入れるわけにはいかないので、その周囲の用水路を捜索する。
夕方現地に着いて用水路を下見するが、タウナギの姿は無い。この魚は夜行性なのでそれは当然なのだが、本当にいるか不安なので農家の方々に訊ねてみた。すると口々に「タウナギ?おるおる。いくらでもおる。」と頼もしい言葉が。場所はここで間違いないようだ。


「あんなん捕まえてどうすんの?飼うの?」と聞かれたので、「いえ、食べます。」と答えると「ウエ〜〜〜!!」と予想通りの反応が。
一応、「この辺りの人は食べたりしないんですか?」と質問してみるも「食わんわ、あんなもん!」と笑いながら突っ込まれた。
ちなみに稲作農家以外の人には「タウナギを探しています」と言っても通じない場合があったが、「夜、水路にいるヘビみたいなやつ…」と言えばほぼ確実に「あー、あれね!」と返ってきた。

これ本当に魚類か?

さて、日が完全に落ちたらこちらもタウナギも活動開始。狩りの時間である。
と言っても特に罠を仕掛けたりといったことはせず、ライトで水路を照らしながら歩くだけという地味な作業である。
水路にニョロっとした魚が泳いでいたので掬ってみたが、残念ながらタウナギではなく大きなドジョウだった。
水路にニョロっとした魚が泳いでいたので掬ってみたが、残念ながらタウナギではなく大きなドジョウだった。
夜の用水路は賑やかで、ザリガニや小魚にはじまり、カメやカエルなどが次々飛び出してくる。しかし今夜はそんな生き物にかまっている暇は無い。タウナギはどこだ。
おや?
おや?
探し始めて20分ほどだろうか浅い用水路の底に黄色っぽくて細長いモノが沈んでいる。
なあ、これだろう。おまえだろう。そうだろう。
ああタウナギだ。
ああタウナギだ。
間違いなくタウナギである。意外にあっさり見つかった。
黒っぽいウナギと違って色が明るいので意外と目立つ。しかも浅い場所にいるからなおさらだ。それに照らしても写真を撮ってもあまり動かない。獲物を待ち伏せしているのだろうが、この肝の据わりっぷりは何なのだ。ならば遠慮なく捕まえさせてもらおう。しかし、いざ水中に網を入れると慌てて逃げ場を探し始めた。
タウナギ確保!
タウナギ確保!
あっ、こいつ肝が据わってるとかじゃなくて自分の危機に気付いてなかっただけか。だがもう遅い。

網に収まった魚を観察すると、とても面白い形をしていることに気付く。確かに体型はウナギに似て細長いが、なんと魚類最大の特徴であるヒレがどこにも無いのだ。いや、厳密には尾の辺りに背ビレの痕跡だけがかろうじて残っているが、とても何かの役に立っているようには見えない。
タウナギの顔。エラの穴も普通の魚と形が違い、目立たない。
タウナギの顔。エラの穴も普通の魚と形が違い、目立たない。
正面から見ると
正面から見ると
ヒレが無いだけではない。エラも顔つきもなんだか普通の魚と違う。たぶん初めて見る人はすぐには魚だと判断できないんじゃないだろうか。それこそヘビか何かだと思ってしまうだろう。
皮膚の色も黄土色の地肌に黒いまだらというウナギのそれとは程遠いものである。むしろ南方系の種類であるオオウナギに近い。
これは沖縄のオオウナギ。色は似てるけどちゃんとヒレもある。
これは沖縄のオオウナギ。色は似てるけどちゃんとヒレもある。
確かに他の魚類に例えるならウナギに近いが、見れば見るほど実はそんなにウナギに似ているわけではないことに気付く。テレビでそっくりさんショーを冷めた目で見ているときに起きるあの現象である。

では肝心の味はどうか!さっそく蒲焼きにして確かめてみたいが、ひとつ問題がある。
小指より細い…
小指より細い…
ファーストタウナギは蒲焼きには小さすぎたのだ。本来タウナギはウナギに負けず劣らず大きく育つ魚だというし、もっと大きなものも捕まえなくては。
しかしそんなに次々見つかるものだろうか。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓