フェティッシュの火曜日 2013年8月20日
 

10年かけた自作飛行機がついに飛んだ

これが飛ぶ
これが飛ぶ
「欲しかった飛行機、作ってみた」

そういって『風の谷のナウシカ』に出てくる飛行機をつくって飛ばすOpenSkyというプロジェクトがある。手がけるのはメディアアーティストの八谷和彦さん。

足かけ10年、今夏ついにそのテストフライトが行われた。

そして筆者はボランティアスタッフとしてそのお手伝いをしたので、筆者が飛ばしたといってもいいかもしれない。おめでとう、私。
1980年生。明日のアーというコントのユニットをはじめました。動画コーナープープーテレビも担当。記事はまじめに書いてます
> 個人サイト Twitter(@ohkitashigeto) 明日のアー

メディアアーティストの八谷和彦さん。ポストペットのモモちゃん作ったのもこの人。
メディアアーティストの八谷和彦さん。ポストペットのモモちゃん作ったのもこの人。

いきなり飛んだ様子からお見せしよう

動画を視聴できる方は次のテストフライトの様子をごらんいただきたい。OpenSky 3.0公式の紹介ムービーである。

10年かけて初めて自力で飛ぶ瞬間がおさめられている。なんて感動的な場面だろう。
これが白鳥が優雅に泳いでる部分で、これから記事で紹介するのが水面下の部分

白鳥の水面下を紹介する

このフライトには立ち会ってないが、筆者自身同じような場面に立ち会ったのにウウッとこみあげるものがあった。その感動、記事の最後までとっておいてほしい。

……さて以上が白鳥が優雅に泳ぐ姿であり、お待たせしました、これからお見せするのが白鳥が水面下でもがく足である。

ある日テストフライトの認可がおりたと八谷さんから連絡が入り、人が集められた。ぼくは飛行機好きでもなんでもなかったが、たまたま知人に頼まれて参加した。

早朝の都内に集合し車で千葉へ。八谷さんの車にのせてもらったため、話をきけた。
早朝、恵比寿駅に集合し千葉の公園につれていかれる
早朝、恵比寿駅に集合し千葉の公園につれていかれる

自作で飛ぶのはめちゃめちゃ大変らしい

八谷さんは主に自作の飛行機を飛ばすことが今の日本でどれだけたいへんか、役所に認められるにはどうしたらいいかをこんこんと説明してくれた。

しかしぼくは当事者意識がなくて「たいへんっすね〜」で聞き流してしまった。ごめん!

それよりむしろ「こわくないんですか?」「死にますよね」とかぼんくらなことばかりきいてしまっていた。
自作飛行機界のレジェンドだとのちに判明する大西さん 『90歳のおじいちゃんが発明した電動三輪車』</A>より
自作飛行機界のレジェンドだとのちに判明する大西さん 『90歳のおじいちゃんが発明した電動三輪車』より

海の上だとまず死にます

「たとえば大北さんが以前取材していた大西さん、あの人は本当にすごいんですよ」

90歳で電動三輪車自作していたおじいさんだ。取材時にわかったがこの人は実は自作飛行機の伝説的な人だった。

「大西さんは海をこえて大島まで飛んだでしょう。あれなんか今だとぜったい認可はおりないでしょうね。

陸の上だと何かあったときになんとか降りれる場所をさがせるものなんです。でも、海の上だとまず死にます」

まず死ぬ。そんな話あんまりきいたことがない。大西さんの90歳ってふつうの人よりももっとすごいことだったのだな。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓