はっけんの水曜日 2013年8月21日
 

介護食はトロミと薄味

たくさん買ってきました。結構美味しいのもあったよ。
たくさん買ってきました。結構美味しいのもあったよ。
介護食というジャンルの食べ物がある。顎や歯が弱くなったお年寄りや病気の人向けの食べ物である。

6年前に離乳食の紹介をしたが(参考:7種のおいしい離乳食)、今度は介護食である。パックに入った食べ物が好きなのだ(未来っぽいから)。

離乳食は使える食材が限られていたり、味が本当になかったり、大人が食べて美味しいものを見つけるのはなかなか難しかった。では介護食はどうだろう?

色々食べてみました。
あばよ涙、よろしく勇気、こんにちは松本です。 1976年千葉県鴨川市(内浦)生まれ。システムエンジニアなどやってましたが、2010年にライター兼アプリ作家として自由業化。iPhoneアプリはDIY GPS、速攻乗換案内、立体録音部、Here.info、雨かしら?などを開発しました。著書は「チェーン店B級グルメ メニュー別ガチンコ食べ比べ」「30日間マクドナルド生活」の2冊。買ってくだされ。
> 個人サイト keiziweb DIY GPS 速攻乗換案内

飲む栄養プラスが凄い

私事だが今年の初めに母が亡くなった。癌だったのだが、消化器官が詰まってしまい何も食べられなくなりやせ細っていった。

最期は出された食事も食べられず、飲み物さえ飲めなくなってしまった。お見舞いに行くと「これあげる」と言って小さな紙パックの飲み物をくれた。それが『飲む栄養プラス』だった。
イトーヨーカドーで見つけたときは「あ!」と思った。
イトーヨーカドーで見つけたときは「あ!」と思った。
ジャンルとしては『濃厚流動食』というのらしい。捨てるのもなんなので僕が飲んでいた。僕は肥え、母は痩せていった。
すごい栄養の塊。
すごい栄養の塊。

小さいのに栄養がすごい

手の平にすっぽり収まるようなサイズだが、よく見ると栄養が凄い。カロリーは200kcalあるしタンパク質や脂質、亜鉛や銅などのミネラルもたっぷり入っている。病中の栄養補給にピッタリである。

味は、こってりと濃く薄甘く、プロテイン飲料に似ている。白桃味なので桃の味だがどこか人工的だ。だが不味いわけではなく、それなりに飲める。

これは和光堂の製品だが、病院ではテルモの濃厚流動食も出ていた。それも飲んだが結構奇抜な味だった。

周りを見るとすごい種類

飲む栄養プラスを見つけて、あ!と思って落ち着いて周りを見ると、介護食というジャンルの棚にズラリとパック食品がぶら下がっていた。

値段は1食で150円〜200円弱。種類はバラエティに富んでいる。ハンバーグやすき焼きなど食べてみたいメニューもあった。

全部は無理だったけどいくつか買ってきたので食べ比べてみた。
片っ端から食べてみたいが、僕の胃の容量的に無理でした。
片っ端から食べてみたいが、僕の胃の容量的に無理でした。

やわらかさによってカテゴリーが分かれている

まず説明しなくてはならないのだが、介護食には『区分』というものがある。区分は1〜4まであり、なにで分かれているかというと『やわらかさ』である。

区分1は『容易にかめる』。まだ歯を使える段階だ。区分2は歯ぐきでつぶせる』。もう歯を使えない。区分3は『舌でつぶせる』。そして区分4は『かまなくてよい』である。
区分1はハンバーグなど肉料理もある。
区分1はハンバーグなど肉料理もある。
これは区分2。すき焼きだが歯ぐきでつぶせるのだ。
これは区分2。すき焼きだが歯ぐきでつぶせるのだ。
区分3はおかゆっぽいご飯ものが多い。
区分3はおかゆっぽいご飯ものが多い。
このゼリーは区分3。デザートもある。
このゼリーは区分3。デザートもある。
区分4はもはや飲み物である。
区分4はもはや飲み物である。

区分1は肉感アリ

では区分1から食べていってみよう。区分1は歯で噛めるのでハンバーグや肉団子など肉料理が充実している。

メーカーはキユーピーと和光堂の2社。味の違いが気になったのでハンバーグで比べてみた。
1パック72kcal。湯煎で温めた。
1パック72kcal。湯煎で温めた。

キユーピー 煮込みハンバーグ \180

ハンバーグは小さめ。鶏肉と豆腐などで出来ている。結構しっかりした食感があり、これを食べられるなら普通の食事出来るんじゃね?って思った。

デミグラスソースは苦味と酸味のある本格派だ。薄味ながら骨太の味付けである。人参とじゃがいもが角切りで入っているが柔らかく、確かに容易に噛める。
パセリは自分で乗せた。結構美味しそうでしょう。
パセリは自分で乗せた。結構美味しそうでしょう。
美味しそうなパッケージ写真。
美味しそうなパッケージ写真。

和光堂 煮込みハンバーグ \188

次は和光堂のハンバーグだ。

ハンバーグは大きめ。鶏肉と大豆タンパク、豆腐などで出来ている。なぜかソースが甘く、塩気が薄い。デミグラスソースっていうよりは味の薄い謎のあんかけ風である。

ハンバーグの味は好みだが、ソースがいまいちだ。キユーピーのハンバーグソースで食べたい。
ハンバーグが大きいのは良いのだがソースが甘すぎる。
ハンバーグが大きいのは良いのだがソースが甘すぎる。
介護食のハンバーグは大体鶏肉と豆腐で出来ている。ヘルシー。
介護食のハンバーグは大体鶏肉と豆腐で出来ている。ヘルシー。
ハンバーグ対決(対決だったの?)は、味ではキユーピーの勝ち、ボリュームでは和光堂の勝ちとしておきたい。
洋風かと思ったら中華っぽかった。
洋風かと思ったら中華っぽかった。

キユーピー 肉だんごのオニオンスープ煮 \180

ハンバーグじゃないのも食べておこう。肉団子のオニオンスープ煮である。栄養ありそうだ。

中華風のとろみスープに肉団子と人参、じゃがいも。肉団子の固さはハンバーグと同じくらい。全体の構成はハンバーグと似ている。材料は同じで味付けだけ変えた感じである。
肉団子は3つ。ちょっと寂しい気もする。カロリーは1パック62kcal。
肉団子は3つ。ちょっと寂しい気もする。カロリーは1パック62kcal。
次は区分2である。やわらかい風が吹く、そんな介護食だった。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓