フェティッシュの火曜日 2013年8月27日
 

富士山最大の火口、宝永火口を見に行った

富士山ではわざわざ頂上まで行かずとも、巨大な火口を見る事ができるのです
富士山ではわざわざ頂上まで行かずとも、巨大な火口を見る事ができるのです
泣く子も黙る天下の名峰「富士山」。今年は世界遺産になったという事もあってか、特に大勢の登山者で賑わっているそうだ。

せっかくなので私も登りに行きたい所であるが、しかし登山道が混み過ぎて渋滞のようになっているとも聞く。自分のペースで歩けないのは、ちょっと嫌だ。

それならば、山頂へは登らずに宝永火口を見に行ってみよう。そう思った。
1981年神奈川生まれ。テケテケな文化財ライター。古いモノを漁るべく、各地を奔走中。常になんとかなるさと思いながら生きてるが、実際なんとかなってしまっているのがタチ悪い。2011年には30歳の節目として歩き遍路をやりました。2012年には31歳の節目としてサンティアゴ巡礼をやりました。
> 個人サイト 閑古鳥旅行社 Twitter

富士山の中腹にある、もう一つの火口

富士山は火山である。すなわち噴火口があるワケだ。富士山の火口といえば、やはり山頂の火口をイメージする方が多いだろう。

昔から、富士山を登頂した人々は、火口の縁を時計回りにぐるっと周る「御鉢巡り」をしてきた。今でも「御鉢巡り」をする方は多く、馴染みの深い火口といえるだろう。

ところが、その山頂火口以外にも、富士山には火口が存在する。江戸時代の宝永4年(1707年)に起きた宝永大噴火の火口、「宝永火口」である。
富士山の中腹にぽっかり開いた宝永火口(クリックで火口表示)
三つの火口が連なる、巨大な火口だ(クリックで火口表示)
山頂火口より大きく、遠景でもはっきり確認できる宝永火口。麓から眺めた事はあれど、火口の側にまで行った事のある方はそう多くはないのではないかと思う。

この巨大な火口の縁では、一体どのような景色を見る事ができるのだろう。何とも気になる話じゃないか。しかも調べてみると、宝永火口へは登山道が通じているという。これはもう、実際に行ってみるしかない。

宝永火口へは富士宮口五合目から

さて、その宝永火口だが、表口とも呼ばれる富士宮口五合目から割と近い位置にあり、意外と簡単に見に行く事ができる。

というワケで、まずは富士宮口五合目を目指す。JR身延線の富士宮駅から出ている登山バスに揺られること約一時間20分、ぼーっと景色を眺めているうちに、富士宮口五合目へ到着だ。

駅を出る時にはそこそこ良い天気であったものの、五合目に到着する頃にはすっかり雲に覆われてしまい、少々残念な感じである。まっこと、山の天気は変わりやすい。
上昇気流で雲がもくもくと立ち上ってくる
上昇気流で雲がもくもくと立ち上ってくる
わずかな雲の切れ目から上方が見えた……が、今回は登らない
わずかな雲の切れ目から上方が見えた……が、今回は登らない
宝永火口が広がっているのは、富士宮口五合目の東側である。バスから降りた人々が登山道への階段を上って行く中、私は駐車場の東端から伸びる別の登山道へ向かう。
トラックやブルドーザーが停車している所が宝永火口への入口
トラックやブルドーザーが停車している所が宝永火口への入口
本当にここで良いのか躊躇したが、道標もあるので大丈夫だ
本当にここで良いのか躊躇したが、道標もあるので大丈夫だ

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓