土曜ワイド工場 2013年8月31日
 

渓谷の名前がかっこいいのでグッズにしたい

グッズを持って、散策しよう
グッズを持って、散策しよう
地元である島根県の奥出雲に「鬼の舌震(おにのしたぶるい)」というかっこいい名前の渓谷がある。
ヤマタノオロチ伝説が伝わる斐伊川の支流で、国指定の名勝・天然記念物、県立自然公園にも指定されている。

そんな由緒ある渓谷について「名前がかっこいいから勝手にグッズにしたい!」 と思い付いた。由緒を思うと、「かっこいいから」って動機が軽すぎるがグッズにしよう。
そして渓谷散策もしたい。行くのは小学生のとき以来だ。
島根県生まれ。毛糸を自在に操れる人になりたい。地元に戻ったり上京したりを繰り返してるため、一体どこにいるのか分からないと言われることが多い。プログラマーっぽい仕事が本業。
> 個人サイト それにつけてもおやつはきのこ

鬼の舌が震えるグッズ

名前そのまんまの「舌がプルプル震える鬼」をつくろう。分かりやすいのが一番!
そこで「舌にiPhoneを収納できる鬼」というざっくりとしすぎた案を考えてみた。
!
ぼんやりとした構想しかなかったが、毛糸で編み始めてみたらこうなった。
!
!
!
これらのパーツを組み合わせると、こうなった。
!
血走った眼、ベロンと出てる舌(iPhone収納用)。思いのほかおどろおどろしい鬼に。
iPhoneは裏から入るようにしてみた。
!

鬼じゃなくて実はワニ

ここまで作ったが、実は「鬼の舌震」の名前の由来は「鬼の舌が震える」ではない。
「鬼」ではなく、出雲風土記に出てくる「ワニ(サメのこと)」だ。
!
「ワニが(玉日女命を)慕い震えた」という説、「ワニが恐れて震えた」という両説があるようだが、どっちにしろ由来は「鬼」ではない。
「ワニ」がなまって「鬼」になったらしい
「ワニ」がなまって「鬼」になったらしい
前置き(?)が長くなったが、ここから「鬼の舌震」散策を楽しもう!
携帯電話は使えるらしい
携帯電話は使えるらしい
案内図が電話ボックスに入ってた
案内図が電話ボックスに入ってた

間違いだらけのハイキングルック

朝晩だいぶ涼しくなったとは言え、昼はまだ暑いので早朝から出かけることにした。
あ、しまった。同行の母がちゃんとしたハイキングっぽい格好で来てる!
あ、しまった。同行の母がちゃんとしたハイキングっぽい格好で来てる!
しまった。普段着すぎたか!
しまった。普段着すぎたか!
到着して初めて、自分が普段着すぎることに気付いた。アウトドアに不慣れすぎて、ついうっかりナメた感じの普段着で来てしまったっぽい。
そんなことを気にしつつ、最近できた吊り橋を進む
そんなことを気にしつつ、最近できた吊り橋を進む
景色が良い。朝8時すぎ、気温は20度程度で快適!
景色が良い。朝8時すぎ、気温は20度程度で快適!
しばらくして「この鬼、ポシェットかと思ったらちがうの!?」と言われた。
さっき作った鬼を肩からかけられるようにして持ってきてたのだ。
あー、うん。これはポシェットじゃなくて
あー、うん。これはポシェットじゃなくて
ホラ、iPhoneが!
ホラ、iPhoneが!
「iPhone落としたらどうするの!」と言われる。

バッ、バカにするな!
ちゃんとフィットしてて落ちないようなつくりに……と反論しつつも、

「iPhoneだけのためにこんな大きいものを……」
「わた入れるぐらいなら他のもの入れるようにすればいいのに」と言われてるうちに、ほんとにそうだ……と思えてきた。

必要なものや持ってたら便利そうなものを全部収納できるようにすれば、鬼だけを持ってくればよかったのだ。
!
「ここをちょっとほどけば縫いなおせるかも」と提案してくる母。うん、そうかもしれない。

けど、これはこれで遭難したときに枕にでもなると思えば……。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓