コラボ企画 2013年9月9日
 

究極のフリーズドライ食をカップ麺にちょい足しした結果

知床鶏の地中海風とチリトマトヌードル

3ページ目はやたらと肉である。1発目は知床鶏。極食は北海道発の商品なので素材は北海道産のものが多い。

パッケージから出した瞬間イタリアンの香りが美味しそうである。熱湯100mlで3分間待つ。
地中海風という事で真っ赤なトマトカラー。インゲンの緑が映える。
地中海風という事で真っ赤なトマトカラー。インゲンの緑が映える。
明らかに美味い匂いしてる。
明らかに美味い匂いしてる。
戻してみるとホントにイタリアンですわ。トマトソースはニンニクの香り漂う本格派。肉のザックリした歯ごたえは本物。これがさっきまでカサカサに乾いていたとは思えないクオリティ。

具はナス、インゲン、パプリカ、玉ねぎ。しっかり味が浸みて美味しい。サラスパを茹でて掛けてみた。サラスパは4分で茹で上がるので登山では便利に使っている。

お手軽にトマトソースのスパゲティが出来てしまった。
4分くらいでこれが出来ちゃう。すごい便利。
4分くらいでこれが出来ちゃう。すごい便利。

チリトマトにちょい足し

寂しかった具が一気にボリューミーに!野菜も肉も食感が本物だしサイズが大きいから食べ応えが嬉しい。

なんといっても肉の塊が大きい。フリーズドライでこの大きさはすごいだろう。あめ玉1個分くらいの大きさである。噛むと弾力があり、トマト味の肉汁がしみ出してきた。


極食の味 ★★★★★
相性 ★★★★
チリトマトヌードルにちょい足し。なんかすごい真っ赤なカップ麺になった。
チリトマトヌードルにちょい足し。なんかすごい真っ赤なカップ麺になった。
カップヌードルのくせに完全なるイタリアンである。
カップヌードルのくせに完全なるイタリアンである。

北海道十勝牛のすきやき

すき焼きキター!すごい。すき焼きまでフリーズドライにしちまいやがった。極食恐るべし。値段は980円。値段も結構おそるべしだ。
こんな具合に乾いてます。右にあるブロックは焼き豆腐。
こんな具合に乾いてます。右にあるブロックは焼き豆腐。
やっぱこういう甘辛系は白飯と食べたい。
やっぱこういう甘辛系は白飯と食べたい。
具はねぎが多めでエノキも入っていた。シャキッとした歯ごたえはフリーズドライとは思えない。焼き豆腐も入っていて芸が細かいが、これは一度凍ってしまった事から高野豆腐のような食感になっている。これはこれで悪くはないが、豆腐の食感を期待すると肩すかしだろうか。

肝心の牛肉は大きな肉がたっぷり。ちょっとパサつきが気になるが味はしっかり牛肉である。脂身の甘さは特に美味しい。もっと脂身を多くして欲しい。

確実に白飯が欲しくなる味だ。お湯は120ml使用で比較的量が多い。タンパク質も多めで、登山で1日の行程を終えた後に食べたいメニューだ。
すき焼きと白飯。合わないわけがない。
すき焼きと白飯。合わないわけがない。

どん兵衛にちょい足し

白飯と合わせて十分美味しく食べられるのにどん兵衛にちょい足し。肉うどんを食べようって魂胆である。

あげが大きいことで定評のあるどん兵衛のあげをまるっと覆う牛肉。甘めのたれが加わることで徳島っぽい味付けになった。

甘辛いネギと牛肉がうどんに滅法合う。だがやっぱり白飯が欲しくなる味である。


極食の味 ★★★★
相性 ★★★★
凄い肉の面積である。
凄い肉の面積である。
こんな大きい肉がフリーズドライにねぇ。すごい。
こんな大きい肉がフリーズドライにねぇ。すごい。

北海道ルスツ豚のポークチャップ

鶏、牛、ときたら次は豚肉。ルスツ豚のポークチャップ。ルスツってのは多分北海道の地名。ポークチャップってのは豚肉を焼いてケチャップっぽいソースを掛けた料理みたいです。ちなみにこれは980円。
ポークチャップっていうか回鍋肉っぽい見た目。
ポークチャップっていうか回鍋肉っぽい見た目。
ジャーン、出来ました。熱湯100mlで2分。肉がデカイ!
ジャーン、出来ました。熱湯100mlで2分。肉がデカイ!
肉の大きさは最強。何度も感心してるが、こんなに大きい肉もフリーズドライに出来ちゃうのか。凄い。

ただ、若干硬くてパサつく感じがする。干し肉を戻したような味だ(その通りだ)。戻してそのまま食べるよりはクリームシチューなどに入れた方がいいかもしんない。

肉の他にキャベツが入っているが、これが肉の旨味を吸っていてやたらと美味かった。規定通り100mlの熱湯で戻したが汁が大分余った。汁も旨味が濃いので捨てずに飲みましょう。
ちょっとパサつきが気になった。
ちょっとパサつきが気になった。

麺職人にちょい足し

麺全体が肉で覆われて異常な豪華さを演出。なにこのカップ麺。麺と一緒に肉をがぶり。うーん、すごい肉。チャーシューメンだわ、これ。

若干のパサつきと、その香りがまさにチャーシューっぽい。麺職人にはチャーシューが入っていないのでちょうど良い組み合わせだろう。


極食の味 ★★★
相性 ★★★★

かつてこんなに豪華なカップ麺があっただろうか!この肉の量!
かつてこんなに豪華なカップ麺があっただろうか!この肉の量!
あと4種類食べました!次のページへ急げ!

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓